【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣

会話での「話し方のテクニック」はどれくらい必要?本音の関係はテクニックよりも内容で勝負しよう。

投稿日:2018/10/24

Pocket

「話し方のテクニック」のような手法を覚えておくと、何かと便利ではあります。

しかし、テクニックに終始する会話はおもしろくないでしょう。

 

スポンサーリンク


 

話し方のテクニックはあるけれど

話し方のテクニックというものがあります。

コーチングを学ぶようになり、その数の多さに少し驚くくらいでした。

たとえば、有名なテクニックの1つに「イエスバット法」があります。

相手が意見を言った際に、自分が反対意見であったとしても「そうなのですね。A案はいいですよね。」と、一旦受け止める。

そのあとに、「でも、私はB案も捨てがたいと思うんですよね」といった形で、自分の意見を伝えるのが「イエスバット法」です。

自分の意見をすぐに言ったり、相手の話をいきなり否定するわけではないので、相手に悪い印象を与えにくい、と言われているのですね。

このようなテクニック、確かに一定の効果があるのは間違いないと思います。

実際、交渉に関する本などには、自分が望む交渉結果にするために、このようなテクニックが紹介されているのです。

きっと、話し方のテクニックを使いたいと思う人は、

・自分の立場を優位にしたい
・相手をひきつけたい
・自分を魅力的にアピールしたい

といったような意図があるのだと思います。

……私がそうだったからです。(^_^;)

 

テクニックで話してくる相手の印象は?

しかし、話し方のテクニックを駆使したところで、簡単にいい人間関係がつくれると思っているとしたら、それは危険です。

むしろ、大きな効果を期待しすぎるのはやめたほうがいいと考えています。

これは、自分の視点を変えてみればわかるでしょう。

あなたは、話し方のテクニックばかり使って話してくる相手がいたら、どのように思うでしょうか?

そのような人と仲良くしたり、懇意にしたり、信用したいと思うでしょうか?

たとえば、大人になってから、久しぶりに学生時代の友人にあったとします。

そのときに、相手の友人が話し方のテクニックを駆使して話してきたとしたら、なんとなく嫌な感じがしないでしょうか。(笑)

そのように、たいていの人は、そのような人と仲良くなるのは気が進まないはずです。

もしも、あなたが話し方のテクニックをアピールするように使ったとしたら、自分がやられて嫌なことを相手にしてしまっているのかもしれません。

テクニックというのは、あくまでテクニック。

表面的な部分の型であることも多いです。

また、テクニックばかりに頼るとしたら、人間としての中身が薄いということを証明してしまっているようなものかもしれません。

表面をつくろったところで、私たちという人間は私たちそのものなのです。

 

会話はテクニックよりも内容で勝負

私がテクニックを活用するときは、少し距離が離れた人間関係のケースが多いです。

家族や友人たちには、テクニックで話すことはありません。

できるだけ本音で、率直に、ストレートに話すようにしています。

もちろん、「結論から話す」など、気を使うことはあります。

結論から伝えることを意識することで、話の時間を短縮できますし、意図がシンプルに伝わるからです。

ただ、そのようなテクニックも、「本音を伝えたいから」活用するわけですよね。

すべてをストレートに伝えるのがいいというわけではないのも確かです。

体重の増加を気にしている上司に「あなた、ダイエットしたほうがいいですよ」と言ったら、あなたの周囲には友人がいなくなってしまうかもしれません。(笑)

そうではなく、あなたが相手をどのように思っているのか、あなたが相手に伝えたい想いを素直に伝える、という意図が大事なのです。

要は、シンプルにいえば、小手先のテクニックではなく、本音の会話が大事だということですね。

私も、継続でお付き合いしているクライアントさんとは、セッションの型を意識するというよりも、率直なフィードバックや、私の主観を伝える回数が多くなります。

そのほうが、クライアントさんに伝わるものがあるからです。

ですから、

・話の結論や本音を率直に伝える→その理由を言う

でOKなのですね。

これくらいシンプルにするほうが、相手に伝わるものです。

会話は、テクニックよりも内容で勝負しましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■セミナー開催のお知らせ

・【残3席】2018年10月31日(水) 19:30〜21:45
2019年を先取り!「2019年向け目標設定セミナー」
【お申し込みは下記よりお願いいたします!】
https://www.kokuchpro.com/event/7f3dae88f7ad1f641cd0ae79283c3515/

――――――――――――――――

■編集後記

昨日は、「ひとり戦略会議」を行う予定でしたが、会社の仕事に追われてしまい、未達に。

最近、毎週のタスクが落ち着かなかったり、新たなプロジェクトが遅々として進まなかったり、セミナーの構成に迷ったり。。。

あらためて「ひとり戦略会議」を実践して立て直していきたいと思います。(^_^;)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

「ちょっとだけ悩みを聞いてもらえる?」と言われたときに試したい。悩みを軽くするための4ステップ。

悩みがあると、なかなか前に進めません。 通常運転モードにできず、まさに「ブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいる状態」です。 悩みを軽くすることにも、セオリーがあります。   スポンサーリン …

あこがれの肩書を手に入れる方法。「なりたい自分」になるための3ステップとは?

あなたには「あの肩書、かっこいいな、素敵だな」と思う肩書はありますか? その肩書を手に入れる方法を記事にしてみました。   スポンサーリンク   目次1 「自分は、自分のことをどの …

あなたの仕事が世界に与えている影響は?自分の仕事のデメリットはメリットを超えているのか。

「あなたの仕事は、世界にどのような影響を与えていますか?」 そう問われたら、どのように返答するでしょうか?   スポンサーリンク   目次1 自分の仕事が世界に与える影響は?2 自 …

より良く変化するために。コーチとクライアントが中長期で成長するために一緒に変わる。

人は、変化を嫌う生き物です。 でも、変化するときがあります。 それは、「変化しないことのリスク」が、「変化することのリスク」を上回ったときですよね。 スポンサーリンク 目次1 具体的な習慣を身につける …

相手に伝わるメッセージのコツ。自分の立場を「私は」ではじまる「Iメッセージ」にする。

相手をほめることや相手を承認する、というのは、言葉で言うよりもずっと難しいことだと考えています。 それでも、自分が発言する立場を変えるだけで、おどろくほど相手に伝わる伝え方があります   ス …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら