【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング・NLP 気づき

「目標」と「やりたいこと」の違い。あなたの目標は、どうなったら、それが実現したとわかりますか?

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「目標」と「やりたいこと」。

似ているようで違う2つの言葉を比較しながら、目標について考える機会がありました。

あなたは目標をどのように位置づけていますか?

 

スポンサーリンク

 

目標とやりたいことの違い

先日、マイコーチとのセッションで、私のやりたいことについて話していたとき、ふと聞かれた質問があります。

それは「伊藤さんが今話していたやりたいことって、今年の最重要目標とどれくらいつながりがあるんですか?」と言う質問。

「う・・・言われてみると、、、たしかに、あんまりつながりがないかもしれません(汗)」と私。

ここで、目標とやりたいことの違いについて考えてしまいました。

そうなのです、自分の目標ややりたいことがあるのはとてもいいことなのです。

また、自分が目標ややりたいことをほかの人に話すのはいいことだと考えています。

目標とやりたいことの違い。

それは、

・目標は客観性を持てるもの
・やりたいことは一人称でいいもの

ということではないでしょうか。

たとえば、「あなたの今年の目標は何ですか?」と聞かれたときに、

・ひとりビジネスをがんばる!
・自分のまわりの人を幸せにする!
・周囲の人に評価される自分になる!

と言うような目標だと、、、達成は心もとないです。(^_^;)

なぜなら、その目標が達成できたかどうかを客観的にはかる指標が明確ではないからです。

「どういう状態になったら、それが実現したことになるのか?」ということを言語化することが「目標」なのに、判断できないあいまいな基準のまま進んでしまうのですね。
(読んでいると笑えるかもしれませんが、意外と多くの人がやってしまうものなのです・・・)

目標というのは、「ひとりビジネスをがんばります!」ではなく、私のコーチングでたとえると、

・年間コーチングセッション200時間以上を実現する
・毎月のべ15人以上の人にコーチとしてかかわる
・今年は10人以上のクライアントさんから「伊藤さんのおかげで」という声をもらう

といったように基準を明確にすることです。

やりたいことは、目標よりも少しソフトな感覚です。

 

事後検証ができる言語化こそ目標

今回は目標に焦点をあてますね。

さて、目標を考えるというのは、どのように生きるのか、ということを考えることにも通じるように思います。

私たちは、

・一生懸命がんばる
・一日一生で生きる
・気合をいれてがんばる

といったことが重要なのはわかっているはずです。

では、目標として考えることとは何かといえば、

・どうすれば「一生懸命」と言えるのか?
・自分にとってどのような行動をすれば「一日一生」と言えるのか?
・具体的には何をすれば「がんばった」と言えるのか?

を具体的に考えることが肝心なのです。

先述の私の目標のように、

・年間コーチングセッション200時間以上を目指す
・毎月のべ15人以上の人にコーチとしてかかわる
・今年は10人以上のクライアントさんから「伊藤さんのおかげで」という声をもらう

というように「できたか、できなかったか」ということを事後検証できるくらいに具体的なところまで行動や数字に落とし込むことです。

このように細分化された1つひとつの目標が、生き方や働き方に刺激を与えてくれますし、自己成長を促進するためのいい素材になってくれるのですね。

最初からジャイアントステップでなくてかまいませんし、私もできません。

まずは1歩、いえ半歩でも赤ちゃんのような一歩でも大丈夫です。

具体的に行動して前進していくことが、「ありたい自分」に近づくためのいいヒントになるのです。

 

自己成長のために目標を活用する

高い目標を掲げることをクライアントさんたちと話すと、よく言われるのは、「達成できなかったらどうすればいいですか?」ということです。

たしかに、その気持はよくわかるし、私も同じ想いです。

失敗はしたくないし、恥はかきたくないし、不安もあるからですね。

ですから、私も保守的な目標は多いです。(^_^;)

正直なところ、「やりたいことリスト100」にも7割くらいは「時間とお金があればできるもの」が多いです。

ただ、コーチングのような重視する部分や格になる活動に対してはチャレンジングな目標を立てました。

もちろん、大風呂敷を広げた結果、まったくの未達ということになれば、「あいつはコーチなのに、自分ができてないやん」と言われることを想像すると怖いです。。。

ただ、最初からかんたんにできる目標ばかりを設定し、それを達成したとしても、自分が本当にうれしいかどうかは、一度は考えておくといいと思います。

・「自分にはできないかもしれない」という不安
・「恥をかいたらどうしよう」という心配

それらと戦いつつ、うまくつきあっていきながら、それでも向かっていける目標を立てること。

その目標達成に向けて全力で行動することは、あなたの成長に確実につながります。

たとえばゴールにたどりつけなくても、そのプロセスで得られるものは多いです。

また、経験は何よりも貴重なリソースになるので、次に挑戦したときに成功する確率は高まっているものです。

私も、100kmウルトラマラソンを完走したのは3度目のチャレンジでした。

鈍足の私がウルトラマラソンを完走できたのは、それまでに2度DNFを経験していたからなのは間違いありません。

ですから、達成するために目標を立てるのはではなく、自己成長のために目標を活用すること。

そのように考えて目標を立ててみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、継続クライアントさんたちへの週報サポートメールデー。

クライアントさんから「伊藤さんのおかげです」というコメントがあり、
いい意味でゾクゾクしました。(笑)

【募集中】
2月20日 19:30〜21:30 これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

2月23日 19:30〜21:30 毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コーチング・NLP, 気づき

執筆者:

関連記事

no image

「感謝」の反対語ってなんだか分かりますか?

———————————————————— 当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(私の造語です 笑)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 私が「良習慣」を獲得してい …

前進するために。自分がやりたいことを語っているか?さらにほかの人に助けを求めているか?

コーチングをしていて思うのは、行動できる人に2つあると感じています。 その1つは、「自分がやりたいことを口に出している」ということ。 もう1つは、「助けを借りることができる」ということです。 &nbs …

相手の個人的な相談ごとにのる場合に、意識してほしい2つの「聴く」コツ。

あなたは、ほかの人からの個人的な相談にのるのは得意でしょうか? 私は、相談にのることは好きで得意です。 でも、以前は苦手でした。。。(^_^;) 私が変わったきっかけは、コーチングスクールで学んだある …

あなたは「向上心の塊」を持っている?制約条件の中でクリエイティビティを発揮するために。

昨日は、コーチの友人と久々の相互セッション。 そこで気づいたのですが、やはり、私は「向上心の塊」を持っている人と友人でいたい。 私がここで言う「向上心の塊」とは、「向上心の塊のような人だ。」というもの …

「がんばる」は便利な言葉。それでも私が禁句にしている理由。

息子の卒業式で、たくさんの方々が「がんばりましょう!」という言葉を使っていました。 ただ、「がんばる」という言葉はとても曖昧な言葉だと考えているので、自分では使わないようにしています。   …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031