気づきの習慣

短時間であなたのパフォーマンスを高める方法

投稿日:2021/07/16


私たちは、スキルや実績が変わらなくても、パフォーマンスアップできる方法があります。

その方法は、あなたの「役割」に関係しています。




 

短時間でパフォーマンスを高める方法

あなたが、短時間でパフォーマンスを高められるようになる方法があります。

それは、あなたの

・役割を変える

ということです。

どんな方法か。

たとえば、

・経理でミスを連発してパフォーマンスが低い

という人が、

・営業に変わったらパフォーマンスが高くなった

という感じです。

サッカーでいえば、ストライカーはうまくできなかった人が、ポジションを変えてディフェンスになったら鉄壁の守備ができる人だったような。

そのようなイメージです。

なぜ、役割を変えるとパフォーマンスアップできるのでしょうか。

その理由は、

・自分が持つ自分への認識が変わるから

です。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





役割に関する研究

役割を変えることでパフォーマンスが変わる。

それを証明する興味深い研究があります。

それが、ロシアの心理学者レフ・ヴィゴツキー氏による

・役割に関する研究

です。

研究では、小さな子どもたちが対象。

まず、小さな子どもたちに「じっとしていなさい」と伝えます。

しかし、子どもたちは動いてしまいました。

そこで、次の実験として、

・役割を変える

のです。

どうするのか。

それは、小さな子どもに

・「ガードマンになって」と伝える

のです。

すると、どうなったか。

子どもたちはじっとしていられるようになったのです。

これは、子どもたちが自分に「ガードマン」のイメージを与えたことによって、

・役割を変える

ことに成功したのです。

結果、「じっとすることが似合っているガードマンのような自分」を手に入れた。

ですから「じっとしている」ことができたわけです。

役割を変えただけで、パフォーマンスが高まることがわかる研究ですよね。

じつに興味深い。

これを日常に置き換えるとどうなるか。

考えてみましょう。

たとえば、「どうしても先のばししてしまう」というお悩みがあったとします。

先のばししてしまう理由のひとつは、まさに

・「先のばしする自分」の役割を演じている

わけです。

つまり、自分に対して

・先のばしする役割

を与えてしまっているわけです。

ですから、先のばししてしまう。

そのようなメカニズムなのです。

この場合は、役割を変えるために、たとえば

・自分は「すぐやる課」のエースだ

という風に言い聞かせてみる。

そうすることで、先のばしをする自分を変えられるようになるのです。

 

■スポンサーリンク




役割を変えてパフォーマンスを高める

この役割に関して、私にとって大きな気づきを得た瞬間があります。

私の失敗談です、、、

それは、数年前のコーチングセッションでのできごとです。

クライアントの話を聞いていて、クライアントに起きている「認知のゆがみ」を感じました。

シンプルに言うと、

・変えられないものを変えようとしている

・自分ではなく相手を変えようとしている

・未来ではなく過去を見てばかりいる

のです。

これは私の中でNG。

労力がかかりすぎますし、たとえできたとしても徒労に終わるでしょう。

ですから、「こういう見方もありませんか?」という質問を何度かくり返してみました。

クライアントの視点を私の見方の方向に変えたかったのです(本来は、コーチは質問でクライアントを誘導してはいけません、、、)。

それが、クライアントの気分を害してしまいました。

そこでクライアントから出てきた言葉に、私は自分の間違いに気づいたのです。

それは、クライアントの

「コーチには弁護士のように自分のことを守って欲しい」

という言葉です。

弁護士。

コーチではなく、弁護士のように。

たとえクライアントが偏った見方をしていても、それを否定しない。

それよりも、私が

・クライアントのことを守る弁護士の役割

を担って欲しかったのだと。

私はハッとしました。

クライアントに良かれと思ってやっていたことは、相手にとっては逆効果だったからです。

それ以来、クライアントが葛藤やトラブル抱えていたら、

・自分は弁護士という役割を持っている

という方法でクライアントに接するようにしたのです。

それによって、クライアントにとっての期待に応える存在になれたのだと考えています。

さて、あなたの役割にはどんなものがあるでしょうか。

あなたがご自身のパフォーマンスが低いと思ったら、役割がフィットしていないのかもしれません。

ポジションを変えることができるかどうか。

ぜひ書き出して、考えてみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時の「習慣化オンラインサロン」朝活朝活ファシリテーションからスタート。

昼休みにコーチングセッション。

夜も「良習慣塾」メンバーとのコーチングセッション2件。

終了後はKindle執筆や「習慣化オンラインサロン」の仕事まで取り組めました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

あなたは知っていましたか?性善説と性悪説のメッセージが共通していることを。

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 やってしまいました〜。(汗) 昨日のエントリで書いた性善説と性悪説のお話。 ぼくは今まで性善説と性悪説を誤 …

数学の問題と人生の課題。共通点と相違点に気づいた話。

もしも学生時代に、数学のテストでカンニングをしたらNGです。 一方、大人になると、人生の課題に対してカンニングをしてもOKなのです。   数学をその場しのぎでまぬがれてきたツケ 「中学1年生 …

結局、早起きが習慣化できる人は「強い目的」を持っている

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 早起きって、やっぱり「目的設定」が大切です。 今日はそのようなことを改めて感じました。   &n …

ミニマムマストのレベルが、あなたの未来をつくる

「ここを変えたら、どうしたって人生が良くなるしかないよな」と考えていることがあります。 それは、その人が持つ「基準=ミニマムマスト」のレベルアップです。   「ミニマムマスト」という言葉に心 …

「世の中の自分」意識を忘れないように、外のコミュニティーに飛びだしてみよう。

ランチームの忘年会に参加して、あらためて気づいたのですが、フラットな人間関係というのは心地よいものですよね。 利害関係がないので、とても安心できますし、私の声が小さくて聞きとれなくても笑いに変えてくれ …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。