【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

やりたいこと・天職・才能・強み

なぜ「やりたいことを仕事にしてはいけない」という思い込みができるのか?自分が知らない思い込みの罠。

投稿日:2018/03/31 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この数年、「やりたいこと」や天職の相談にのる機会が多いです。

そこで感じるのは、なかなか「自分に許可」を出せない人がいること。
(もちろん、私自身も迷いの中にいます)

そのブレーキはどのようなところからきているのか考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

無意識に形成された人生観

私たちの

・人生観

・生き方

・はたらき方

といったものは、自分でも知らないうちに、周囲にいる人々からいろいろと影響を受けているものなのですよね。

たとえば、

・両親

・祖父母

・兄弟や姉妹

・友人たち

・先輩や後輩

・仕事関係者(お客さま、取引先)

といった人たちです。

意外に思う人がいるかもしれませんが、

・好き嫌い

・職業観

・パートナーの選ぶ価値観

などは、上記の人たちに影響を受けているのですね。

実際、私の味覚に関する嗜好に関していえば、

・ビールが好きなのは、父親がビールが好きだから

ですし、

・しょうが焼きが好きなのは母親のしょうが焼きがおいしかったら

で、子どもの頃に、

・ホットケーキとオレンジジュースが好きなのは姉の影響

というようなことですね。

 

「やりたいこと」を複業にビジネスをするブレーキ

もしかすると、この話を意外に思う人もいるかもしれません。

「もう大人だし、自分で選択している」という風に。

でも、意識していないだけで、少なくない部分が影響を受けているのですよね。

そこで思い出すのは、以前、まだ複業ネタを探していた際に「週末起業フォーラム」さんが開催したセミナーに参加した際のエピソードです。

複業や週末起業がうまくいく人は、その人のキャラクターに「自由」を求める人が多いそうなのですね。

そこで、週末起業フォーラムさんが独自に調査したところ、祖父母や両親が自営業をやっている人が多かったということです。

これは、ある種の意識の承継を傾向を表しているといえるのではないでしょうか。

さて、ここで話が少し変わるのですが、最近、私がコーチングセッションをしていて思うのは、この意識の成り立ちが「やりたいこと」を妨げているのではないか、ということなのです。

両親や祖父母が独立起業してうまくいかなかったとしたら、彼らから、

・自営業はリスクがあるからやめたほうがいいよ

・会社員は安定しているから会社員がいいよ

・一度会社に入ったらその会社に骨を埋める気持で働くべきだよ

というような言葉を聞いているはずなのですね。

それを記憶しておこうと思うか思わないかは、当時の自分には判断できません。

親たちの会話や行動から、無意識に感じとっているのでしょう。

それと同じように、

・好きなことを仕事にできるほど世の中は甘くない

・苦労しなければ成功しない

・「やりたいこと」はお金にはならない

という意識にも蝕まれているように思うのですね。

それは、テレビやマンガなどのイメージもあるように、

・売れない芸人さんは貧乏生活をしている

・舞台にたてない役者さんはバイトをしている

・ミュージシャンや作家として生活できる人はほんのひと握り

というように私たちの意識に植えつけられしまっているように思います。

これが、「やりたいこと」を仕事にしたり、複業にするためのブレーキなのではないかと考えるようになってきました。

 

自分の常識は限られた環境での思い込み

だいだい、私たちがメディアで目にする「成功者」と言われる人は、スケールが大きすぎるのですよね。

しかし、私が今の環境にいてよくわかりましたが、そのような人たちは本当に例外です。

私はテレビ番組の制作会社で勤務していたのでよくわかるのですが、そのような人を出さないと視聴者に対してインパクトがないからです。

むしろ、世間一般の常識に反して、自分の「やりたいこと」をうまく仕事に結びつけてきちんと収入を得ている人は多いものです。

彼らは代々資産家でもないですし、両親が有名人なわけでもありません。

自分の代で成果を出しているのです。

それでも、収入の面でいえば、一般的な会社員よりも収入を得ている人たちです。

そのような人たちは、おそらくあなたが想像する以上にたくさんいると思います。

少なくとも私は、自分が常識だと思っていたことが間違っていたことがよくわかりました。

それを実現することは十分可能なはずなのです。
(圧倒的な行動量はもちろん必要ですが)

特に最近はインターネットの効果により、最初は無名の人であってもブログや動画サービスから影響力を持つ人が増えていますよね。

「やりたいこと」を収入につなげるというと、たとえばミュージシャンとしてメニューでCDデビューするといったことをイメージしがちですが、必ずしもそうではないのだと思います。

ですから、私たちは、どのような生き方を選んでもいいはずなのですよね。

誰も私たちには強制はできません。

でも、どうしても両親や家族に遠慮する自分もいるわけです。

ただ、最終的には、

・両親

・パートナー

・子ども

・友人

・上司

・先輩

の誰もが、あなたの人生に責任を持ってくれるわけではないのですよね。

私の周囲にもそこに気づき、公務員や大企業をやめた人たちがいます。

彼らは、そのような常識にしばられていませんが、幸福度は高まっているはずです。

これらの常識に加えて、学校や社会で加えられた常識が私たちの人生をつくっているのです。

「やりたいこと」をライフワークやビジネスにつなげるために、自分が誰から思考を引き継ぎ、どのように価値観を形成したのかということを一度考えてみましょう。

その常識は、本当に限られた思い込みかもしれません。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりで継続クライアントさんとのコーチングセッション。

6月30日の親子で楽しめる読書会に向けて、軌道修正やプロセスの見直しをテーマにしました。

規模や流れが変わっても、ずっと変わらない(がんこ・笑)なのは、

・子どもたちへ読書のおもしろさを伝えたい
・本を媒介にした高次元のコミュニケーションを生み出して欲しい

という熱い想い。

もうほんと、外見からはイメージできない熱さなんですよね。(笑)

このプロジェクト、クライアントさんと一緒に必ず成功させたいと思います!

【募集中】
・4月3日 19:30〜21:30
もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」
〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

・4月5日 19:30〜21:30
毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー
〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

・4月10日 19:30〜21:30
「やりたいことリスト100」をつくるセミナー
〜やりたいことで満たされる毎日をつくろう!〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-やりたいこと・天職・才能・強み

執筆者:

関連記事

自分の価値観はどのようにしてつくられたのか?「過去の体験ベスト10」を思い出してみよう。

自分はどのような価値観を持ち、どのようなことに熱中するものなのか。 それを知るためのカギは、過去のインパクトある体験を思い出すことです。   スポンサーリンク   目次1 自分の内 …

「今の仕事が大好き!」と即答できない人へ。「嫌いじゃないから」とやっている仕事の中に楽しみを見つけてみては?

先日の懇親会で、会社をやめることにした友人の想いを聴いているうちに、心が熱くなりました。 そのような気持、以前はなかったのですが、営業という仕事をとおして培われていたことに気づいたのです。 &nbsp …

あなたの「やりたい」は「自分の欲求」か、それとも「ほかの人の欲求」か?欲求を動詞から探る。

強みや才能を知るためには、「欲求」を知ることが大切です。 欲求を知るために有効な切り口はどのようなものなのか、記事にしました。   スポンサーリンク   目次1 欲求は明確化しにく …

あなたの「オリジナルな価値」はどこにある?氷山の下に眠る才能は直感に聞く。

人のオリジナルな価値は、表面に見えていないところに隠れています。 発見するためには、さまざまな角度から「診る」ことが大事です。   スポンサーリンク   目次1 普段見ていない口の …

先のばし撃退のために。自分から納期を宣言して行動を前進させよう。

自分が「やりたいこと」のはずなのに、なぜか先のばししてしまうこと、ありませんか? そのようなときは、自分から納期を宣言してしまいましょう。   スポンサーリンク   目次1 今年も …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30