【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

朝のファーストタスクに「カエル」を食べる波及効果とは?

time 2017/05/19

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

何年も前に、「カエルを食べてしまえ!」という本を読みました。

この本のタイトルにもある「カエル」。

これは「もっとも大きくて重要なこと」のメタファーです。

朝一番に重要で重たいタスクに「一矢報いる」ことが大事なのです。

 

スポンサーリンク


 

1日のはじめに苦手なスイムに取り組む仕組み

昨日は、朝スイムの日でした。
(いつもは火曜日にいっているのですが、火曜日の夜に講習会に参加するため、振替えました)

昨年までカナヅチだった私(今もまだまだですが・・・)にとって、スイムは強敵。

トライアスロンの中でも常にトレーニングが必要なパートですし、さぼれば命に関わります。

ただ、苦手種目というのは、なかなか行動にうつすことが難しいのも事実。

ついつい足が遠のきます。

それでも、スイムスクールに通うことによって、朝一番に苦手種目をトレーニングするようにしました。

すると、「朝一番に最重要タスクに着手する」ということに気づきました。

おかげで、早朝スイムがある日は、朝から「今日は自分にとって大事なタスクを終えた」という感情があります。

その感情と1日を過ごすと、夜寝るまで充実感があるのです。

とても波及効果が高いのですね。

 

最初に重たいタスクと向き合う

この構造は、仕事でも同じです。

私が、

・苦手で
・重いタスクで
・できれば先のばししたい

と思うタスク。

実は、それが最重要のタスクであるパターンは多いものです。

先のばししたいタスクといっても、経費精算や事務処理などの面倒くさい系の単純作業ではありません。

もっと重要な「第2領域」の仕事、つまり「緊急ではないけれど、重要なタスク」です。

たとえば、

・仕組みづくり
・フォーマットづくり
・マニュアルづくり
・ルーティンを最適化するための考え

といったような、「最初の構築の段階では大変なんだけれど、これをやっておくことで、あとあと楽になる」といった思考系の仕事です。

誰でも「緊急かつ重要なタスク」は放っておいてもやります。

それをやらないと大変なことになることがわかりやすいからですね。

しかし、思考系の仕事は、やっておかなくても短期的には損害がないですし、ある程度なら惰性でもできてしまいます。

それだけに、意識してその時間を確保することが重要なのです。

 

朝一番に最重要タスクに取り組む3つの工夫

仕事でもプライベートでも、「朝一番に重要なタスクを片づける、もしくは着手する」ことは大事です。

それがクリアできれば、私の早朝スイムのように、充実感が生まれ、寝るまでの時間が豊かになるでしょう。

朝一番に最重要タスクに着手するために、私が工夫を3つあげます。

 

1:仕事をメールチェックからスタートしない

メールチェックをした瞬間、やるべきタスクがふってきます。

すると、メールの相手に主導権を握られてしまい、押し流されるように1日が過ぎ去っていきます。

そうならないためにも、始業をメールチェックから始めるのはやめましょう。

 

2:前日にファーストタスクを決めておく

前日の帰りに、朝一番の最重要タスクを決めておきましょう。

翌朝出社した際に、スムーズに仕事を始められます。

場合によっては、PCをたちあげなくてもできる仕事でもいいのです。

 

3:ルーティンで30分の時間を確保しておく

私は、TaskChute(タスクシュート)というタスク管理ソフトを使用しています。

毎朝のファーストタスクに「最重要タスクを実行する」という項目をリピート設定しています。

これによって、毎朝のファーストタスクへの着手を忘れないようにしているのです。

 

たとえば誰もいないオフィスで、早朝に1人で仕事をするといった、誰にも邪魔されない環境があればこのような工夫は必要ないかもしれません。

ただ、その環境がつくれない場合は、上のような工夫をして、重たいタスクに手をつけてみましょう。

いわゆる重要なタスクである「大きな石」を、1日の最初に入れるのですね。

そうすれば、仮に細かいタスクが終わっていなくても、早めに切り上げて退社することが可能です。

「早く帰りたいのに、明日が締切の提案書が終わっていない・・・(涙)」という状態を避けることができるのです。

そうならないように、早めに「カエル」を食べてしまいましょう。

早く「帰る」ために。(笑)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

「カエルを食べてしまえ!」はブライアン・トレーシーさんの本です。

毎朝「カエル」を食べ終えられれば理想なのですが、手強い「カエル」も多いですよね。。。

もちろん、本当に重いタスクの場合は、5分や10分などで途中でやめることもあります。(^_^;)

それでも、重たいタスクは少しでも前進すればOKにしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■お知らせ

【セミナー募集中!】
早起き習慣化セミナー 〜朝2時間の自由時間を生み出す!〜 【第28回】

早起き習慣化セミナー 〜朝2時間の自由時間を生み出す!〜 【第28回】 2017年6月9日(東京都) – こくちーずプロ(告知’sプロ)

【モニター募集中!】
「皇居ラン&コーチング」サービス | 【良習慣の力!】ブログ

【募集中!】
【募集中】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

 
コーチングサービスは随時承っております。
コーチングのお申し込み

■当ブログへのお問い合わせ・ご感想はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前 ( * 必須)

メールアドレス ( * 必須)

題名

メッセージ本文

■スポンサーリンク


■当ブログの管理人

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

■スポンサーリンク

■アクセスランキング

■カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930