【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考習慣

「自分の軸を持ちたい!」と思ったときに考えたい「依存心」という気持について。

投稿日:2019/02/03 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「しっかりとした自分の軸を持ちたい!」と考えいる人は多いのではないでしょうか。

そのためにできることは、「依存心」を減らすことだと思っています。

 

スポンサーリンク

 

依存心が強くなると正常な判断ができなくなる

最近、ある友人の話を聞き、「依存心」について考えるところがありました(ちょっと詳しくは書けないのですが・・・汗)。

依存心。

もちろん、私にもあります。

むしろ強い方だと思います。(^_^;)

それだけにわかるのですが、依存する心が強い状態になると、どこか冷静な判断ができなくなる感じがしています。

私自身、会社員の給与だけしか収入ルートがないときは、まさに会社への依存度100%だったわけです。

ですから、会社で嫌なことがあると必要以上に不安を抱いていましたし、「もしも会社がなくなってしまったらどうしよう」という心配が絶えませんでした。

また、周囲で「この人は依存心が高いな」と思う人を観察していてると、依存心が強い人の傾向として、「被害者意識」を持っていることが多いように感じます。

要は、依存心が強くなると、「誰かのせい」という意識が出てくるのですね。

たとえば、

・就職がうまくいかなかったのは不況のせい

・会社の業績が悪いのは社長の判断のせい

・ぜいたくができないのはパートナーの収入のせい

という感じに。

たしかに、何か思い通りに行かないことがあったとき、ほかの要因に原因を求めればラクなのかもしれません。

しかし、それは結局、自分の思考や行動をほかの人にコントロールされているのと同じことなのではないかと思うのです。

 

依存心が強いと外部要因にふり回される

依存心が強い人は、自分から対策を考えようとしない傾向があるのではないでしょうか。

そのわりに、自分の思い通りにならないことがあると、愚痴や不満をこぼします。

たとえば、自分の人生を日本の政府に依存したら、政治や年金制度に対して不満に思うのかもしれません。

会社に依存していれば、世間からの会社の評価が良くないと、不安を覚えるでしょう。

上司に仕事を依存していれば、上司のやり方が強引だったときに不平不満が募ります。

しかし、それらはどれも外部の環境です。

外部要因は、「変えられないもの」ですよね。

そこを変えようとすることは相当なエネルギーが必要ですし、必ずしも自分の思いどりにはなりません。

ですから、会社員であれば、自分のスキルや能力でできるようなひとりビジネスの余地を考えることや確保することに取り組んでいくことが大事なのだと思うのです。

そのようにして、自分の身の回りに起こることを、自分の責任だと思えるスペースを広げていくのです。

すべてをコントロールすることはなかなかできませんが、少しでも自分がコントロールできる部分を増やしていく。

そのように決断すれば、自分の能力を発揮しながら、依存心が減少していくはずですよね。

 

依存心を減らすために自分の決断の結果を受け入れる

日本の政治への依存心を手放せば、自分で長く働ける道を探すでしょう。

会社への依存心を減らしていけば、起業や複業を考えるかもしれません。

仕事でも、自分の責任として矢面に立つ覚悟があれば、いろいろなことにトライできます。

実際、周囲の起業家の人たちと話をしていると、愚痴や不満がでません。

それよりも、「未来をどうしていくのか」という視点で話をしています。

それは、組織に依存していないからでしょう。

つまり、ほかの人に依存していないので自立できているのです。

では、どうすれば自立できるのでしょうか。

これは、言ってしまえばシンプルなのですが、

・自分で選択肢を考え、可能性を広げる

・選択肢の中から自分で決断し、自分から行動していく

・結果がどのようなものであっても受け入れる

という流れです。

私の周囲で自立している人たちは、このようなスタイルをとっているのですよね。

そのようにして外部への依存心を減らし、「自分自身への依存心」を高めているのです。

反対に、依存心が強い人は、自分からはあまり考えていません。

その割にほかの人の意見に反対することや、ほかの人の行動を気にしてしまいます。

そうなる原因は、ほかの人に依存しているからなのです。

先述の通り、依存心を減らしてうまくいっている人は、ほかの人の意見やアドバイスは参考にしつつ、最終的には自分で決めています。

選択にリスクがあるのなら対策を考えたり、専門家に相談すればいいわけです(そのような人脈を日々つくっておくのは大事だと思います)。

そうして、少しずつ依存する対象を、「自分自身への依存心」にしていくことが大事なのだと思います。

たとえば、そのために、会社員でも複業をやっておくというのは1つの有効なアプローチでしょう。

会社やほかの人の行動に自分の生活が左右されることが少なくなれば、自分の感情のブレも少なくなるはずです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、早朝からコーチングセッションを3件。

どのセッションも集中できて、心地よい疲労がありました。

そのおかげで朝食を食べず、昼食も食べずに昼寝をしてしまいました(笑)。

「聴く」というのは、集中力、使うんですよね。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考習慣

執筆者:

関連記事

「同じような毎日」を変えるために、思考習慣にちょっとした変化を取り入れてみる。

「毎日が同じような日々のくり返しで変化がない・・・」という悩みは、かつての私の悩みです。(^_^;) 今はおかげさまでだいぶ変化が出てきましたが、どのように変化してきたのか、ということについて記事にし …

「いい人でなければ好かれない」という思い込みを手放すために、私が3ヶ月間試したこと。

「いい人でなければ好かれない」 「人に嫌われなくない」 「みんなに好かれたい」 といった考え方は、決して悪くはありません。 しかし、このような気持が強すぎると、生きづらさを感じるようになるので注意しま …

複業ビジネスと習慣化の共通点。「スタート→改善→及第点→さらに改善→合格点」サイクルのイメージで前進する。

複業のビジネスと習慣化には、共通点があります。 それは、 ・まずスタートする→改善する→及第点をとる→さらに改善する→合格点まで持っていく という流れです。   スポンサーリンク &nbsp …

「いい人でなければ好かれない」という思い込みをはずしませんか?根強いビリーフを変えていくための思考法。

ビリーフのセミナーに参加して、私自身に、 ・いい人でなければ好かれない というビリーフ(無意識に正しいと信じている思い込み)を持っていることがわかりました。 まあ、私を知っている人はそれほどいい人でも …

不安を見るのか、目標を見るのか。思考と意識は「得たい未来」に集中させていこう。

私たちの思考や意識は常にどこかに焦点をあてています。 どうせなら、焦点を「不安」ではなく「未来の目標」に当てていきましょう。   スポンサーリンク   目次1 たくさんの不安を抱え …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728