【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)

複業で世界と人を広げる。複数の世界に存在する自分をつくりあげよう。

投稿日:2017/09/29 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

私の周りで「第2領域」の話題がさかんです。(^_^)

私は、複業に取りくむことは、まさに「緊急ではないけれど重要な活動」だと考えています。

 

スポンサーリンク

 

必要性を高める収入の複線化

私は、複数のビジネスをして、収入を複線化する「複業」をおすすめしています。

人生100年時代が叫ばれるいま、その重要性はますます高まっているように思うからです。

「複業」の必要性が高まったのは、組織よりも個人のほうが生存年数が増えていることもあるのですよね。

人の平均寿命は伸びているのにもかかわらず、組織の平均寿命は落ちています。。。

そう考えると、組織の仕事だけに頼らずにチームとしてのビジネスに参加したり、将来のビジネスのために自分のビジネスの準備をしておく、といったことは必須でしょう。

誰もが、今までのライフスタイルやキャリア観を見直しはじめるタイミングになっているはずです。

それなのに、1つのキャリアだけに固執してしまうと、その職業がなくなってしまった際に、人生まで大変なことになってしまうかもしれません。

そうならないためにも、今の仕事と並行して、別のキャリアを築いていくことは無駄にならないでしょう。

 

自分が握ることができるハンドル(選択肢)を増やす

・・・とは言っても、いまは目の前の仕事で手いっぱいで、とても別のキャリアを考える余裕はないかもしれません。(^_^;)

しかし、多少無理をしてでも、2つ以上の世界を持っておくことは将来のためのキャリアづくりということだけでなく、サバイバル時代を生き抜く選択肢を持つために役立つものです。

たとえば、会社の人事に任せていたら、必ずしも自分がやりたい仕事につけるわけではないでしょう。

組織やほかの人に、自分のハンドルを握られているからです。

ですから、会社都合ではなく、自分の身は自分で守るための独自のキャリア戦略があってしかるべきなのだと思うのです。

すると、自分が存在できる世界が広がり、人とのつながりが拡大します。

私自身、

・コーチ
・サポートコンサルタント
・セミナー講師
・ブロガー
・メルマガ発行者(以前は有料も)
・営業

など、複数のキャリアを生きてきましたが、それぞれおつき合いする人たちが異なるのですよね。

また、そのような異なったおつき合いが、ほかの人間関係に波及効果をもたらすといった好循環も経験しました。

ちょっと裏話をすると、コーチングで一気にクライアントさんが増えた時期がありましたが、ゴールを達成されて(いや、すごくいいことなんですけども・笑)卒業されるタイミングが重なった時期がありました。。。(T_T)

当時は、たしかに心細かったのですが、自分のハンドルは少し握ることができるようになっていました。

ですから、その際に新しいセミナーコンテンツを仕込んだり、コーチングのトレーニングをおこなっているうちに基礎体力がついて、新しいクライアントさんから継続の契約をいただくことが増えてきたのです。

もしも、私が1つのキャリアしか持っていなかったら、「新しいコンテンツをじっくり考える」ということはできなかったでしょう。

 

世の中における自分の知見を最適化する

ドラッカー氏が提唱した「パラレルキャリア」という概念は、まさに複業のことを喝破したものですよね。

1つだけのキャリア、いわゆる「モノキャリア」では、たとえば辞令や異動1つでどこにでも飛ばされるといったように、会社の方針に振り回される人生を選択せざるを得ません。

でも、パラレルキャリアを持つことによって、人生のハンドルを会社から自分に戻して、自分の足場を固めることができるのです。

パラレルキャリアを持つことには、もう1つメリットがあります。

それは、仕事とは別の「パラレルワールド」を持てるということです。

たとえば、地域社会のつながりから趣味の世界まで、仕事と関係ないからこそできるつき合いというものがあります。

日本人は特に同質で群れたがる傾向があるといわれていますから、自分から外に出て行かないと、目指すべき師匠や切磋琢磨できる友人たちには出会えません。

そうして、自分と異質な人たちが存在することを知りましょう。

そして、彼らとのコミュニケーションや人間関係を築くことにより、自分とは異なる価値観やライフスタイルを身近に触れる。

そうして、世の中における自分の知見を最適化していくのです。

同じ世界で、同じような人たちと群れていたのでは、後悔する可能性があると思っています。

なぜなら、それは本当に狭い世界だからです。

その狭さというのは、自分がその中にどっぷり浸かっていると、その狭さに気づきません。

抜け出したあとで、「あんなに狭かったのか・・・」と気づくものです。

狭い世界の住人で終わらないためにも、複数の世界に存在するようにしましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は会社の仕事を終えて帰宅後、妻のすすめでプールへ(ありがたいです)。

夜スイムのトレーニングを1kmだけやりました。

雨がぱらついていたのでプールが空いており、1コース貸し切りの状態で泳げたのは良かったんですよね。(^_^)

【募集中】
■2017年10月6日(金) 19:30〜21:45:毎日を超充実させる!「やりたいことリスト100」をつくるセミナー

■2017年10月12日(木) 19:30〜21:30:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

■2017年10月19日(木) 19:30〜21:30:これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

■2017年10月26日(木) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)

執筆者:

関連記事

制約条件の中でやりたいことをやるために。「現実・現状」から考えず、「理想」から考えてみよう。

誰にでも制約条件はあります。 大事なのは、自分を取りまく環境の中で、「どうすればゴールに近づけるか?」というアイデアを考え続けることです。   スポンサーリンク   目次1 家庭と …

会社の仕事に閉塞感を味わっている人へ。1日の充実度を高めるために複業をしてみませんか?

最近私がよく考え、コーチングのセッションテーマにもなるのが、 ・会社の仕事に閉塞感があるとき、どうすればいいのか? ということです。   スポンサーリンク   目次1 会社以外の時 …

複業をスタートしたのに成果が出ない。そのようなときはどう考えればいいのか?

複業を目指すクライアントさんから「なかなか成果が出ないとき、どのような考え方をすればいいでしょうか?」という質問がありました。 これは、私も含めて多くの複業家が通る道だと思うので、記事にしてみます。 …

「今年の目標」だと短いのでは?「3年後の理想」を考えてみたらどうでしょうか?

あなたは、今年の目標は決めましたか? すでに決めた方には恐縮ですが、、、もしかしたら1年という単位だと短すぎるかもしれません。 もちろん、今年の目標は1年単位で良いのですが、たまには3年単位で考えてみ …

メリハリのある1週間のつくり方。スケジュールに「動と静」をデザインする。

あなたは、1週間のスケジュールにメリハリを持っていますか? 私は、 ・活動的に行動する日 ・じっくりと思考やデスクに向かう日 というように、曜日によってわけてみることをおすすめいたします。 &nbsp …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031