【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング・NLP

相手に信頼してもらうためのファーストステップは、自分が相手を信頼すること。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

私たちは、チームメイトやパートナーに認められたら、うれしさを感じるものです。

では、相手に信頼してもらうには、どうすればいいのでしょうか。

 

スポンサーリンク


 

「伝説」という言葉に感じるパワー

「伝説のパートナー(クライアントとコーチ)になりましょう!」

いきなり暑苦しいですが(笑)、私がコーチングセッション(継続のクライアント向け)で活用する言葉です。

「伝説」などというと、人によっては大げさに感じたり、多用は安売りになると思う方もいるかもしれません。

ただ、私自身はパワーを感じる言葉なので好んで使いますし、コーチとしてクライアントを鼓舞する言葉として声がけしています。
(実際、先週の日曜日のセッションでも使いました)

私自身、「伝説」という言葉を使うと、とても大きなゴールをイメージしますので、そこから「たとえ大きな困難があろうとも、チャレンジして乗り越える!」というモチベーションが湧いてくるのですよね。

ですから、少し困難なことや、行動が面倒に思えることであっても、「伝説になるんだから、これくらいやらないと」という意味づけにもなり、未来を豊かにする挑戦の後押しをしてくれるのです。

そうした意味で、「最高のパートナーになることから逃げないこと」という意識を育てています。

これは、コーチとして大切にしたい「あり方」として、私が意識していることです。

 

クライアントの存在自体を承認する

そのためには、クライアントに課題があれば、メールやショートメッセージをもらえる体制をつくっています。

どうしても話したいことがあれば、電話をもらってOKですし、ちょっとした勇気づけもおこないます。

一方で、クライアントの行動が停滞している感じが見えたら、さらっと「どうですか?(^_^)」とメッセージを送ります。

コーチという立場である以上、私はいつも「クライアントが成果をあげるための仲間でありたい」と思っています。

その中でも、特に重要なあり方だと思っているのは、クライアントに「あなたの存在を認め、前向きな行動をしっかり見てきます」というメッセージを伝えることです。

人はどこかで、

・自分は誰かに貢献できているだろうか?
・自分は周囲の人に承認されているだろうか?
・自分の存在は世の中で必要な存在だろうか?

といったことを考えているものです。

それは意識的にしろ、無意識的にしろ、心のどこかで誰かからの承認を求めるのですね。

そして、それは人としてとてもナチュラルなことでもあります。

先日の記事にも書いたように、否定されて動く人はほとんどいません。

それよりも否定せずに話を聞いて、クライアントさんの主体性を評価し、勇気が必要なところで背中を押してあげることが、行動を促進するためには大事だと考えています。

「やわらか否定」思考に陥っていないか?コミュニケーションを若く保つ視点とは。

それは、クライアントの可能性を信じているので「決して楽ではないし、たいへんかもしれないけど、あなたならできる」と思えるからです。

もちろん、行動を起こすことによって、なにかリスクがあれば、それは2人で抱えます。

クライアントが「目をつぶったまま高速道路を横切ります」と言ったら、さすがに止めますが。(笑)

 

まず相手を信じる。それから自分が信頼される

一方で、「相手に信頼されたいと思っても、なかなかそう思ってもらえない」と思う人がいるかもしれません(私が思っていましたので・・・)。

でも、そのようなときこそ、まずは自分から相手を思いっきり認め、相手の大きな可能性を信じることが重要です。

まず自分が相手を信じる。

信頼してもらうのは、そのあとなのですよね。

コーチは事前のやりとりや初回セッションを通して、「目の前のクライアントを成功させたい!」と思うからこそ、長期の契約を結びます。

そうでなければサポートすることはできません。

逆に言えば、そのようなスタンスに立つことができれば、

・承認する
・ほめる
・応援する

といったことは自然にできるものなのですね。

そして、実際に相手に対して「あなたの限りない可能性を応援しています!」と伝えてみましょう。

このような勇気づけこそ、現代の私たちや子どもたちに足りないものだという気がしています。

これは習慣化でいえば、

・アメ系スイッチの人
・ムチ系スイッチの人

という分類もできますね。

ムチ系スイッチの人は、うまくいかないことや危機感を味わうようになっても、それをバネにしてのびるタイプの人です。

一方のアメ系スイッチの人は、自分にごほうびを与えるのが上手で、「ほめられて育つ」タイプといえるでしょう。

今の10〜20代は、アメ系スイッチが多いように見えます(息子を見ても)。

もちろん、人間のタイプは画一化できるものではありませんが、応援したい相手がいるのなら、相手がどちらのスイッチのタイプなのか観察してみるのは悪くないことだと思っています。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりで継続クライアントさんとのコーチングセッション。

ミッション・ステートメントづくりの継続セッション3回目(全6回)。

「理想の100歳のビジョン」についてイメージしていただきました。

初回セッションで現状の自分やアイデンティティーを明確にし、2回めのセッションで過去からつくりあげられていた価値観を考えていただく。

これで、現在、過去、未来を描けたので、これから文章づくりに入っていきます。

【募集中】
■2017年11月28日(火) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

■2017年12月5日(火) 19:30〜21:30:これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

■12月14日(木)19:30〜21:30:「やりたいことリスト100」をつくるセミナー 〜やりたいことで毎日が満たされる〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■お知らせ

【セミナー募集中!】
■2017年11月28日(火) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

■2017年12月5日(火) 19:30〜21:30:これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

■12月14日(木)19:30〜21:30:「やりたいことリスト100」をつくるセミナー 〜やりたいことで毎日が満たされる〜

コーチングサービスは随時承っております。
コーチングのお申し込み

■当ブログへのお問い合わせ・ご感想はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前 ( * 必須)

メールアドレス ( * 必須)

題名

メッセージ本文

■スポンサーリンク


-コーチング・NLP

執筆者:

関連記事

コーチングも機械にとって変わられる?生身の人間コーチとロボットコーチ、どちらにコーチを依頼するのか。

「あと3年もすれば、コーチングビジネスは機械にとって変わられる可能性がありますよ。」 ロボット業界や人工知能の分野に詳しい友人のコーチが、話していました。 「これからコーチングはもっとたくさんの人に必 …


あなたは「クリエイティブ・リスニング」ができていますか?会話やコミュニケーションの質を高める10のチェックポイント

あなたは、「良い聞き手」、つまり「クリエイティブ・リスニング」ができていますか? 記事の中の10のポイントをチェックしてみましょう。     目次1 「聴く」を能動的に行えばクリエ …


「一本の映画を撮るように、人生をプロデュースしなさい」という名言をコーチングに活かす。

私が好きな言葉に、 “一本の映画を撮るように、人生をプロデュースしなさい” という名言があります。 これは、ミス・ユニバース・ジャパンのナショナル・ディレクターだったイネス・リグロンさんの言葉です。 …


コーチとクライアントの理想の関係とは?「成長の連続体」にみる「相互依存」の関係を目指せ!

あなたは、「依存」という言葉に対してどのような印象を持っていますか? 私は、「頼らないと何もできない」といった感じにとらえていて、あまり良い印象を持っていませんでした。 ただ、それは独立した「依存」と …


その買い物は本当に必要か。「希少価値の法則」に躍らされていたら要注意です。

お正月に見ていたニュース番組で、福袋やバーゲンセールに駆けこむ人たちを見ました。 あの光景を見るたびに思い出す法則があります。   スポンサーリンク   目次1 「なくなってしまっ …


似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930