【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

旅行でわかる人生の価値観。自分を知り、大切なものを大切にするために旅行してみよう。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「本当に旅は人生と似ているのだ」というのは、沢木耕太郎さんの「深夜特急」に出てくる名言です。

私もまさに同意で、小旅行に行くだけで、旅と人生の共通点を感じました。

 

スポンサーリンク

 

「旅行」という有限性の時間

先日の記事にも書いた通り、久しぶりに家族旅行に行きました。

旅行は楽しく、時間がすぎるのは早いものですよね。

「この時間がもっと続けばいいのになぁ」と思いつつも、きちんとした締切りがあるのも、旅行のいいところ。

帰りの電車は予約してありますから、その締切りまでに、

・日中はどこに遊びにいくのか?
・夜はどんな風にして過ごすのか?
・温泉に何回入れるのか?
・ランチは何を食べるのか?
・おみやげは必要か?

など、選択することがたくさん出てくるのです。

その選択の連続が、旅行を面白くさせてくれるのですね。

そう考えると、だらだらしているのはもったいないという気持になります。

いろいろとやりたいことや見たい場所も出てきます。

ですから、旅行という時間の有限性が好きなのかもしれません。

実際、旅行というのは、「限られた時間をいかにして楽しむのか」というトレーニングとして有効だと思います。

日帰りでも、1泊でも、3日間でも、1週間でも、期限があるのは同じです。

だからこそ、

・今日、行きたいところにどれだけ行けるか?
・明日、食べたいものを食べるにはどうすればいいか?
・帰りのルートで見たいものがあったら、どうするべきか?

というように、まじめに時間の割りふりを考えるのですね。

もちろん、ノープランで気ままな旅行を楽しめる人は、自由を楽しめばいいと思いますし、私もそうする場合もあるかもしれません。

しかし、旅行という有限の時間をいかに楽しいものにするか、というのは時間が大切なリソースということであり、タイムマネジメント力が求められるところだと考えています。

 

旅行は大切なものとそうでないものご区別できる

そのような意味で、旅行というのは、やはり「人生に似ている」ということになるのでしょう。

旅行には、通常はっきりとした終わりがありますが、人生はその終わりがわからないところは異なります。

ですが、

・旅行している時間を楽しみたい
・有限の時間を大切にしたい
・食べることを楽しみたい
・新しい体験にふれたい

といった気持は、旅行も人生も同じですよね。

時間がゆるす限り、できるだけ楽しみたいし、幸福感を味わいたいものです。

ただ、日常生活だと有限性が薄くなるので、やるべきことに追われていたり、だらだらしすぎたり、無駄に過ごしたりしてしまうのですよね。

また、時間が限られていると、自分にとって余計なものがそぎ落とされます。

私は旅行中に、

・ニュースを見なかった
・SNSを必要以上にチェックしなかった
・新聞を読まなかった

という感じでした。

でも、不都合はありません。

それと、対人的なところでも、

・迷惑な人に目を向けなかった
・マナーが悪い人がいてもスルーできた

という点がありました。

旅行に行くと、日常生活では出会わないようなレベルでの感じの悪い人(汗)に出会うこともあります。(今回もありました・・・)

ただ、旅行という限られた時間の中では、そのような人に感情をかき乱されることは無意味なのですよね。

いちいち怒っても仕方がなく、自分が嫌な気持になるだけ損をするのです。

 

自分の欲求や価値観を理解しよう

そこで気づいたのは、旅行は、

・自分の人生で大事にしたいもの
・自分の人生でスルーしてOKなもの

が、判断できるチャンスができるということです。

今回の旅行でいえば、私は、

・海やプールで泳ぎたい=自分を磨きたい
・温泉に入りたい=リラックスしたい
・シュノーケリングしたい=新しい世界に出会いたい

という自分欲求を満たしました。

それと同時に、

・家族とつながりを感じたい
・家族に愛されたい
・家族に感謝されたい

という他人欲求も同時に味わったのです。

その周囲には、批判やクレームを言う人はいないし、攻撃してくる人もいません。

たとえそのような人がいたとしても、「こういう人もいるんだな」という学びにして、スルーしてしまえばいいのですよね。

有限の時間の中で、ほかの人の批判をしているような暇はありません。

それよりも、もっと大事な物事に集中することが重要。

目の前の大切な価値観である家族との時間を、「いま、ここ」でマインドフルネスに味わう。

「世の中でもっとも大切なことは、もっとも大切なものを、もっとも大切にすることだ」ということです。

これが、自覚できていると、幸福感や充実感があがるのです。

そのようにして、自分欲求と他人欲求がタッグを組むとどうなるか・・・といえば、ひと言、「最高で〜す!」という感情です。(笑)

では、この「最高で〜す!」は、どうすれば再現性が高まるのでしょうか。

それは、やはり自分が大切な価値観を理解すること、その価値観にふれること。

また、自分に「やりたいこと」があり、実現に向かって行動していることが大事でしょう。

そこには、自分のエネルギーが生まれまています。

ですから、充実感があるし、前進できるのです。

充実感の再現性を高めるためにも、自分の欲求や自分が大切にしている価値観を知るようにしてみましょう。

私も、サポートすることが可能です。

▼パーソナル・コーチング
コーチングのお申し込み

▼グループワークショップ
2017年7月27日開催:【「1年で100個のやりたいことを叶えるワークショップ」〜やりたいことリスト100をつくろう〜】

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、朝スイムで2,350m泳ぎ、朝から死にそうでした。(笑)

定期的に通ってはいるものの、残念ながら、通いはじめたときのように「泳ぐたびに上達を感じる」という感じが最近は薄れています。。。

言うなれば「2歩歩いて1.9歩さがる」感覚です。(汗)

さすがに、遅くはなっているということはないと思いますが、、、(^_^;)

【募集中】
2017年7月27日開催:【「1年で100個のやりたいことを叶えるワークショップ」〜やりたいことリスト100をつくろう〜】

2017年8月3日開催:【もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す!〜】

2017年8月17日開催:【これで続けられる!「良習慣の見つけ方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜】

【お知らせ】
メルマガをスタートいたします。

読者さんが50名集まったところで配信をスタートする予定です。

ご興味を持っていただけたら、ご登録をいただけると嬉しいです。(^_^)

▼登録は下記からお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣

執筆者:

関連記事

コーチングセッションがクライアントさんに機能したかどうかを計測する指標って何でしょうか?

  こんにちは、伊藤です。 コーチングというサービスを通して何を提供したいのか? 改めて考えてみました。     目次1 コーチが確実にたずねる質問とは?2 答えはクライ …

習慣化したければ「心の中の子どもの自分を育てる」プロセスを大切にしよう。

子育てと同じように、自分の心の声もきちんと聞いてあげること。 それによって心をニュートラルにキープすることが、習慣化への近道です。   スポンサーリンク   目次1 習慣化は「心の …

自分の殻を破る方法。行きたい場所があるなら、いつもの活動範囲をはみ出そう。

「アイデアは移動距離に比例する」という名言を残したのは高城剛さんです。 その言葉が包含しているパワフルさについて考えてみました。   スポンサーリンク   目次1 ふり返りで気づく …

「ポジティブになる・楽観的になる」とどんな良いことがあるのか?そして、その理由は何?

目次1 2つ目の成功習慣について2 どんな効果がある?3 その理由は何?4 思考習慣を変えるためには?4.0.1 【今日の良習慣】 一見、自分に不都合なことに見える出来事があっても「良かった!」や「あ …

自分の中に新規事業開発部をつくる

■ホラ吹き仲間をつくる   鮒谷周史さんの3日間セミナー22期生で毎月勉強会を開催しています。   わたしの講師デビューもその場でした。 非常に良い経験をさせてもらっていますね。 …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728