【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

良習慣の定着に終わりはあるのか?習慣化は「マイベストな良習慣」を発見する旅。

投稿日:2018/08/04 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

良習慣を定着させていくプロセスはとても興味深いものです。

では、良習慣の定着に終わりはあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

ブログを書き続けるよろこび

最近、ひそかにうれしいと感じていることがあります。

それは、公開・非公開にかかわらずなのですけれども、

・複業メルマガを1年間読んできた友人が、建築家としての不動産投資にトライすることになった

・コーチングの継続クライアントさんが、ブログの記事を読まれて、「やりなくないことリスト」を作成した

・なかなかダイエットに成功しない友人が、「1日2食」の習慣化を試してみると言われた

ということがあったのですね。

これは、私がブログを書くプロセスで、

・気づきや行動をうながすことを目的としているブログ

を目指している私としては、とてもうれしいことなのです。

ブログを書き、アウトプットするのなら、やはり読者の方々に少しでも良い影響を与えたいと思うからです。

「バタフライ効果」の最初のひと羽ばたきになるようなものですね。

「善意の貢献」を継続し、バタフライ効果を引き起こす種をまく!

 

「嫌だ!」という感情を大事にする

とはいえ、ブログという限られたスペースと限定的な表現方法では、このブログで書き続けている習慣化の方法にしても、正直なところ、ストレートに伝わることはないと思っています。

それは、あきらめているとか、そのようなことではなく、私のやり方は私という個人的にうまくいったやり方であり、あるいは失敗例であるからです。

ですから、もしかすると、読者の方にどれだけ一生懸命私の体験談やノウハウを書いたところで、「ふーん」という感じで流されてしまうかもしれません。

いや、むしろそのほうが多いだろうな、とも思っています。

ただ、もし私がこのブログを書いて意味があるとすれば、それは私自身の成功例と失敗例を文字にして公開することで、読者の方が行動したり、失敗する中で、その方オリジナルのアプローチする際の参考になればいいな、くらいに思っているのです。

それは、このブログでお伝えしたいことも似ています。

たとえば、私がもうダイエットの習慣を「3度目の正直にしたい」と思ったのは、ダイエットのデメリットを、頭でロジカルに理解したわけではありません。

1日2食を実践しているのも、「もう短期的なダイエットの習慣を試すのはうんざり、、、」と心で感じたからです。

ダイエットに投資する3ヶ月、「ほかの習慣化に投資したほうがどれだけ有効か、、、」と、心から痛感したのです。

「習慣化の達人」の認定をいただきながら、3回もダイエットするって・・・(汗)

そのように、後悔した経験が徐々に積み重なっていったので、「もうリバウンドしないダイエット法を見つけたい」と思ったわけですね。

ただ、ここまでの強烈な後悔がなかったら、「もうダイエットの習慣化をやめよう」とは思わなかったかもしれません。

事実、「その気になれば、いつでもダイエットできる」という考えが自分にあるのを知っていましたから、、、(^_^;)

私が、そのようにして、無理なく体重をキープするための「1日2食」のダイエット法に行きついたのは、思う存分ダイエットしてきたからであり、その経験を「もう味わいたくない・・・」と感情の底で理解したからです。

私がこのブログで書いて、読者の方が何かに気づいたり、行動する際におちいる落とし穴について、「私はこれで失敗しましたて」ということを伝えたいという意味もあります。

ただ、これがとても重要なのですが、

・落とし穴は、落ちた本人でないとわからない

というのもまた事実なのですよね。

なぜかといえば、私たちは事後的にしかその学びを体験的に理解できないことが、個人的によくわかっているからです。

 

「マイベストな良習慣」を発見する旅

ですから、私がブログでお伝えしたいのは、「ここがすべての落とし穴ですよ!みなさん注意しましょう!」ということでもないわけですし、そもそも私1人ではすべてをカバーすることはできません。

それでも、誰もがおちいるトラップだったり、私個人がはまったトラップがあれば、それについて注意をうながしたいと思うのですね。

そのような意味で、常に考えているのは、

・私にとってベストな良習慣であっても、ほかの人には良習慣とは限らない

ということです。

早起きが良習慣と思う人もいれば、そうではない人もいるのは、ここ数年の活動でよく分かりました。

ですから、私たちは、このような「マイベストな良習慣」を発見して、身につけるということが重要なことなのだと思うのです。

私が実践している習慣を適用して、真似をしてくれる方がいたら、それはうれしいものです。

ただ、私たちは違う人間という前提もあります。

職業が違うのはもちろんのこと、年齢も違えば、住んでいる場所も異なります。

たとえば、野球選手にサッカーの習慣化をうったえても意味がありませんものね。(笑)

その中で、私のメッセージに共鳴してくださり、個別コーチングを受けてくださるような方があれば、その人にあった良習慣をカスタマイズさせていただきたいと思うわけです。

重要なのは、まずは学び、自分で実践することによって、最終的には自分で取捨選択できるようになることですね。

私が以前勘違いしていたのは、

・良習慣はどこかの時点で完璧になる

ということでした。

ただ、私たちの習慣化に完璧はありませんし、終わりはありません。

環境に応じて新しい習慣が必要になり、同時に手放す習慣も出てくるのです。

仮に「自分に身につけたい習慣はこれ以上ない」という状態になったとしても、環境が変化することにより、次第に変化せざるを得なくなるのです。

そのような意味では、良習慣を身につけることとは、良習慣をコンプリートすることではありません。

あなたに必要な良習慣は、常に次に良習慣される機会を待っています。

良習慣をどんどんブラッシュアップしていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社の先輩たちと暑気払いへ。

酔ったいきおいでカラオケに行き、先輩と西野カナさんの「パッ」を合唱してしまいました。(笑)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣

執筆者:

関連記事

早起きライフ習慣化に必須!「適正な睡眠時間」を計測する方法

早起きセミナーでよく聞かれる質問があります。 それは、 「適正な睡眠時間はどれくらいですか?」 というものです。 結論としては、 「適正な睡眠時間は人によって異なります。」 という身もふたもない回答と …

松井秀喜さんに学ぶ!「折れない心をつくる」7つの思考習慣

あの松井秀喜さんと「7つの習慣」が結び付けられた記事がありました。 妻からのナイスプレゼントです(笑)。 松井さんから素晴らしい思考習慣を学びましょう。     目次1 私がもっと …

「自分の直感や内なる声に従う」のはなぜ良いのか?その理由を探ってみましょう!

目次1 続・自分の直感や内なる声に従う2 「多くの情報をもとにした総合的な判断」ができる3 「自分が本質的に望んでいる判断」ができる4 直感ワーク4.1 1.瞑想4.2 2.運動4.3 3.一人旅4. …

「やりたいこと」が分かっていますか?自分の中にある欲求を知ろう!

先日、「やりたいことが分からず、自分探しをしている人たち」といった内容の記事を読みました。 以前から、よく言われている問題ですよね。 私も共感できる部分がありますが、現段階での自分なりの意見を記事にし …

先のばしタイプでも習慣化するためのコツは、「休むルール」を決めておくこと。

物事を習慣化していくためには、どれだけモチベーションが高まっていたとしても、 ・自分は先のばしタイプなのだ という自分の特性を忘れないようにしています。 短期的に前倒しで対応できる瞬間があっても、基本 …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031