【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づき

自慢話が多くなったら要注意。外側の自分と内側の自分のギャップを埋める方法。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

表向きの自分と内向きの自分には、当然ギャップはあるものです。

ただ、そのギャップを広げすぎないような対処法を持っておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

外面と内面のキャラクターのギャップ

昨日のブログ習慣化セミナーで興味深い質問を受けました。

それは、

・ブログ執筆者としてのキャラクター

と、

・本音の自分のキャラクター

の間にひそむキャラクターのギャップに違和感があるときは、どのように解決すればいいのか(もしくは私自身が解消しているのか)という内容でした。

いい質問ですね。

行動している人にしか言えない質問だと感じます。

セミナーの場ではその方に向けて私なりの考えや手法をお伝えしました。

ですから、今日の記事は質問への補足といったことではないのですが・・・。(笑)

さて、セミナーの後から、「キャラのギャップ」について今日1日考えるともなく考えていて、私が思いついたキーワードがあります。

それは、「自己肯定感」です。

「自己肯定感」とは、自分に関するポジティブな感情のこと。

自己肯定感がないと自分を信じることができにくくなりますし、前向きに生きることが難しくなるのですね。

幸せに生きていくためには欠かせないものでしょう。

 

自慢話が多くなったら「注意」のサイン

この自己肯定感を、2つのタイプに分けて考えている心理学者の方がいます。

それは、

・外的な自己肯定感

と、

・内的な自己肯定感

の2つです。

「外的な自己肯定感」とは、ほかの人に対してどのように振るまうか、といったイメージの言葉。

一方の「内的な自己肯定感」は、自尊心やプライドのようなイメージです。

まず、ここをわけて考えます。

この2つの自己肯定感の間のギャップが大きくなると、ちょっとした問題がおきるケースがあります。

イメージとしては、

・ほかの人に対してはすごい人のように振る舞いながら、

・内面では自分に自信が持てていない状態

です。

たとえば、

・「人からよく思われたい」という思いが強くて、知ったかぶりをする

・手持ちが少ないのに無理をしておごってしまう

・見栄をはって買い物をしてしまう

などといったケースですね。

その後、自分のミスに気づき、「うう、、、やってしまった・・・」と後悔するのです。

特に、最近はFacebookやInstagramがありますから、つい格好つけてしまうのですよね。

私も経験があるので、その気持はよくわかるのです。(笑)

ただ、それも気をつけないと、行きすぎになることもあります。

転職活動中の方が、親や周りの人から「すごいね!」と言われたいがために、実は気が進まない職業についてしまう人もあるのだと、キャリアアドバイザーをやっている友人から聞いたことがあります。

これなどはまさに、外的なセルフイメージと内的なセルフイメージのギャップが大きい状態でしょうね。

また、本当の実力以上の自分をことさらにアピールする人は、外側ではいいのですが、ひとりになると急に孤独を感じたりしているそうです。。。

 

外側の自分と内側の自分のギャップを埋める方法

もし、ブログ(に限らずSNSでも)で自慢げな投稿が多くなってきたとしたら、それはこの2つの自己肯定感のギャップが大きくなっている兆候かもしれません。

ほかの人から「すごいですね!」と言われるのは、たしかに快感です。

ただ、その一方で、自分が知っている現実や内面世界がスムーズにいっていなければ、そのギャップがいらだちの要因にもなり得るのです。

すると、現実がますます見えなくなってくるのですね。。。

一方で、私が「この人はすごいなあ」と思う人の話を聞いたり、ブログを読んでいると、

・常に学んでいます

・成長途中なので新しいスキルを仕込んでいます

・こんなミスをやってしまいました、、、

などと、フラットで自然体の自分を認める表現が多いことに気づくのですよね。

もちろん、その線引きは非常ににうまく、ビジネスに支障がないレベルで自己開示をしているのではないかと思っているのですが(笑)、その自己開示が、自分の弱い部分も受けとめている証拠なのだと感じています。

それができるのはセルフイメージが安定しているからなのですね。

ですから、人前でつい見栄を張ってしまったり、自分を必要以上によく見せようとしてしまっているときは、本来の自分への自己肯定感が揺らいでいるサインだととらえてみましょう。

さて、ではそのような現象に気づいたときの対処法は、どうすればいいのでしょうか。

私の体験から言えることは、弱音を吐ける相手や弱みを見せられる相手に、そのときの自分の感情をオープンに話してみること、それが解決策となります。

良いことも、あまり良くないことも、素直に率直にストレートに話してみる。

それが効果的なのです。

批判や非難がなく、かといっておせじや嘘っぽい賞賛もない。

そのような安全・安心・フラットな環境が理想的です。

マイコーチがいればマイコーチに話すのもいいでしょうし、夫婦やパートナー、受けとめてくれる仲の良い友人などでもいいでしょう。

口に出してオープンにしてみると、自分が思っているほどくよくよ考えなくてもいい原因かもしれませんし、思ったほど恐れなくてもいい問題だと思うことがあるのですね。

また、話を聞いてくれている相手にも同じような体験があったり、相手のほうが自分よりも大きな問題にぶつかっているケースもあります。(笑)

そのようなことがわかると、自分の思考の枠がはずれ、気分も楽になるものです。

こういったガス抜きを活用して、外的な自己肯定感と内的な自己肯定感のギャップを日々埋めておくことが、おすすめです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日の記事にも書いたように、ランチは、ランチームのキャプテン(師匠)とコジマさんの3人で恵比寿で焼肉。

私が無理やりお呼びだてしてしまった感が満載でしたが、2人ともそこは大人。

クレームが届かなくて安心しました。(笑)

夜はブログ習慣化セミナーを開催。

ご受講者さんの問題意識が高く、たくさんうなづいてくれたり、具体的かつリアルな質問をしてくださったりと、熱い2時間ちょっとでした。

新たなつながりもでき、「ブログを書き続けていて、本当に良かったなあ」と感慨深いです。(^_^)

【募集中】
■2017年12月5日(火) 19:30〜21:30:これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

■12月14日(木)19:30〜21:30:「やりたいことリスト100」をつくるセミナー 〜やりたいことで毎日が満たされる〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-気づき

執筆者:

関連記事

「時は命なり」。時間の貴重さを感じるために、息をとめて時間を感じてみる。

娘と一緒に遊んでいたら、偶然にも時間の貴重さを味わうこととなりました。 それは、意外なのですが「息をとめてみる」という行為でした。   スポンサーリンク   目次1 娘と一緒に息を …

先人の行動に引き上げていただくイメージを持つ

■道場生が新しい道を選び、海外へ   先日、鮒谷周史さんの人気メルマガ「平成進化論」3日間セミナー道場生の壮行会に参加しました。 今回、道場生の中からお2人が海外(インドとミャンマー)に転勤 …

不安を減らするために何をする?「範囲特定・情報収集・練習」3つのポイント。

「不安」というのは、たとえると夜道を1人で歩いているときに「後ろから誰かがついてきている気がする」というイメージです。 それが何だかわからず、安心できない状態ですね。 それでは、不安にはどのように対処 …

「男性と女性ではどちらが痩せやすい?」というクイズからぼくが感じたあせりとは?

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 本日は、突然ですがクイズから。 【質問】 男性と女性ではどちらが痩せやすいでしょうか? あなたは、お分かり …

どんな達人も壁にぶつかっていることを知ってつらい時期を乗り越える

何かの習慣化を目指すとき、または何かの上達を目指すとき、気持が入り過ぎてつい忘れてしまいがちな思考があります。 早起きセミナー再開にあたり、改めて考える機会となりましたので記事にしようと思います! & …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930