【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づきの習慣

「あの人の応援をしたい!」と思ってもらうために。相手の期待値を超える習慣を身につけよう。

投稿日:2015/10/19

Pocket

昨日の日曜日、朝5時から友人のMさんに「100人コーチング」セッションを実施させていただきました。

お相手のMさんとは、今回はじめてゆっくり話したのですが、彼は、私が思わず「応援される人って、こんな人なんだろうな。」と感じる人でした。

そこで、「応援される人が持っている習慣」とはどんなものなのか、考えてみました。

cheer-610691_640

スポンサーリンク

かえってきた超・長文のフィードバック

私が、「Mさん=応援される人」と思うにいたったのは、2つのお願いをしたことに起因しています。

まず1つ目にお願いしたことは、セッション後の感想を書いていただくことです。

私から、「簡単で良いので、セッションを受けた感想を2〜3行くらいでコメントいただけますか?」というお願いをしました。

私としては、「クライアントさんが、ご自身の言葉で感想を言語化することによって、セッションの成果を再確認していただく」という目的がありました。

セッション時の感情を言語化することは、クライアントさんの気づきや感じたことを整理することに役立つからです。

そして、セッションを終えて1時間もたたないうちに、Mさんから感想が届きました。

メッセンジャーを開いてみると、なんと「超・長文の感想」でした。

文章量を考えると、Mさんがかなりの時間を使って感想を書かれたことが分かりました。

日曜日の朝から、セッションの感想を書くために費やしていただいた時間を考えると、かえって恐縮してしまうボリュームです。

ここでまず、私は嬉しくなりました。

想定の5倍のプレゼントをもらう

2つ目は、「別のかたをご紹介いただけませんか?」というお願いのところででてきたことです。

今回のセッション終了後に、Mさんにほかの人のご紹介をお願いしました。

これまでの感覚から、Mさんからお知り合いのかたを1人だけご紹介いただく想定をしていました。

なぜなら、私が今まで「紹介」というと、「友人を1人紹介する」というように考えていたことと、ほかの人からご紹介をいただくときも、お1人だったからです。

それが、「私の常識」でした。

しかし、Mさんは違いました。

超・長文の感想メッセージのあと、実際にMさんから届いたご紹介いただく人たちのお名前。

そこには、なんと「5人分」ものお名前があったのです。

Mさんは、私との会話を終えて感想を書きながら、私に合いそうな人たちを考えてくれたのでしょう。

ご紹介くださった人たちが、私に興味関心を持ってくださるかは分かりませんが、共通言語を持つ人たちとのご縁をたくさんいただくのは、非常にありがたいこと。

こちらも、私の想定を超えており、嬉しさを感じました。

「応援される人」は、返報性の法則を実践している

そのようなやり取りから、「Mさんは、きっと会社でも仕事ができるんだろうな〜。」と思いました。

そして、私がふと思ったことが、「Mさんに何かあったらひと肌脱ごう!」ということでした。

つまり、Mさんのことを自然に応援したくなっていたのです。

そこにあったのは、Mさんの

〝依頼した人の期待値を超える習慣〟

でした。

しかも、インパクトが大きかったのです。

言葉にすると簡単ですが、「期待値を超える」というのは、実際にやるのは大変です。

単純に「何でもかんでもやればいい」というものではありません。

依頼した人の意図や目的性を考えておかないと空振りしたり、逆に迷惑をかけてしまうリスクさえあるものです。

繰り返しになりますが、先ほど、今回はMさんからそのような応援をいただいたので、今度Mさんが何かのプロジェクトを起こすときに、「できることは応援したい!」と思うようになったと書きました。

そう、私にとって、「応援してもらえる人が持っている習慣」とは、「依頼した人の期待値を超える習慣」を持っていることでした。

まさに、「返報性の法則」ということですね。

それにしても、「応援してもらえる」という資質を持っている人というのは、とてもうらやましいです(笑)。

私もただ憧れているばかりではなく、何かを依頼された場合は、その期待値を超えるために頭を使うことを意識するようにしたいと痛感いたしました。

そのようにして、ほかの人の「期待値を超えること」の積み重ねによって、応援してもらえる人になりたいものです。

しかしよく考えたら、そもそも期待値を超えるどころか、その前に期待値に達するところからスタートしないといけないレベルにいることに気づきました。。。(T . T)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【編集後記】

昨日は、TIスイムでおよそ1か月ぶりのスイムレッスン。

週1ペースでプールに行き、自分なりに少しは上達(のようなもの)を感じてのぞんだつもりでしたが、まだまだ改善点が山盛りです。(^_^;)

1つひとつ、課題をクリアしていきます!

【無料】「100人コーチング」のお申し込みはこちらから!

【無料】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

目的と目標の違いとは、「あり方」と「狙いどころ」。

「目的」と「目標」。 似ているようでいて、違うものですね。 その2つの違いを、「あり方」と「狙いどころ」という意味合いから考えてみました。   目次1 「目的」と「目標」の違い2 目的は「あ …

no image

自分のスキルを提供し、価値貢献できる嬉しさを感じた体験

———————————————————— 当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(僕の造語です)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 僕が「良習慣」を身につけていく …

あなたは楽しく仕事をしていますか?楽しい仕事をするのではなく、仕事を楽しくしましょう

「あなたは今の仕事が楽しいですか?」 「その仕事が好きですか?」 その質問に、あなたはどのように答えますか?     目次1 仕事を楽しくするためにはどうすれば良いのか?2 嫌なこ …

娘の一輪車の上達プロセスに学んだ、リソース不足でも情熱で動くこと。

新しいことにトライする際には、お金、時間、エネルギーのリソースは豊富なほうが良いです。 でも、「今が最高のタイミングだ!」というときがやってくることはほとんどありません。 やはり、リソース不足でも愚直 …

「傾向と対策」は学校のテストだけじゃない!自分の人生にどのように適用するか?

目次1 息子の定期テストを見ていて考えたこと2 テストは出題範囲が分かる3 繰り返し練習する4 傾向と対策を練る 息子の定期テストを見ていて考えたこと 息子が中学生になって、初めて定期テスト(期末テス …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。