【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

1日を充実させるための習慣化とは?毎日、小さな「良習慣の種」を蒔き続けよう。

投稿日:2018/12/26 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

充実感や達成感を持って1日を終える。

理想的ですよね。

では、そのような1日は、どのようにしてつくっていけばよいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

「1日を充実させるための習慣化」とは?

先日、クライアントさんから「1日を充実させるための習慣化」について質問がありました。

「いろいろと自分にできることをがんばってはいるけれども、どうも1日の終わりに達成感を味わえない感じがする」ということだったのですね。

また、そのような1日が続くと、1ヶ月や1年をふり返ったときに、「いろいろとやった気がするけれど、何も達成していない感じがする」というようなざっくりとした感想になってしまうのだそうです。

あなたも、同じようなことを思ったことがあるでしょうか?

もちろん、私はあります。(^_^;)

さて、クライアントさんに私からお伝えしたのは、

・毎日、小さな成功体験を味わうスケジュールや計画をたてる

ということです。

私が自己投資をスタートした10年前、いろいろと試行錯誤してたどりついたのは、「良習慣の種」というツール。

といっても、とてもシンプルなもので、1日のうちにとりくむ大小の10個の習慣をチェックするリストです。

まだ何もなく、本当に何もなしとげていなかった頃、コツコツと自分の習慣にチェックをしていました。

それこそ、

・靴をそろえる
・脱いだ上着はすぐにハンガーにかける
・玄関の鍵をしめたことを確認してから出かける

といったような「しょぼい習慣」ばかりだったのですね。

しかし、そのような小さな習慣であっても、成功体験。

当時の私には成功体験がなかったので、自分でそのようなツールをつくっては小さくチェックリストに「◎」をつけていたのです。

 

「良習慣の種」を積み重ねることが期待や希望をつくる

小さな成功体験であっても、数を重ねていくことで、未来に対する期待感が生まれてきました。

人は、未来に期待感があれば行動できます。

その反対に、希望を持てなくなったとき、挫折するのです。

実際、

・靴を揃えているだけで、何か変わるんだろうか?
・今の仕事を続けていった先に何があるのか考えたほうがいいのではないか?
・自分らしい生き方ってどんなことなんだろう?

という考えが、頭の中をよく巡っていました。

ただ、それらの不安を軽くしてくれるものが、私が名づけた「良習慣の種」というチェックリストだったのです。

未来への期待感や希望は、成功体験の数が大きな要因を持つと考えています。

「これだけのことができたんだから、未来もきっとできるだろう」という感情が湧いてくる、ということですね。

過去の行動が、自分が得たい成果や目標達成につながったことがあるという事実。

その経験が期待や希望を持つことを助けてくれるのです。

一方で、成功体験が少ない人や挫折体験が多い人は、成功のパターンが少ないので、「今すぐ」得られる欲求に走ってしまうわけです。

それが、スマホのゲームやネットサーフィンに逃避してしまう原因になっている人も多いと思います。

希望や期待が持てないと、「やっぱり、いくら努力しても変わらないや・・・」と思いがち。

ただ、自分で自分を信じられなかったら、誰が信じてくれるのでしょうか。

 

チェックリストの「◎」が自分への信頼を逓増させる

上記の通り、「1日を充実させるための習慣化」でのおすすめは、

・1日10個の良習慣のチェックリスト

をつくって活用してみる、ということです。

そのようにして、自分に対してたくさんの「◎」をあげていきましょう。

ポイントはいくつかありますが、大事なのは、普段は無意識にやっていることでも、あえてチェックリストにして、「◎」をつけていく、ということです。

時間はかかるのですが、これが効くのです。

なぜなら、チェックリストにして自分に「◎」をあげていくことで、「長期的、本質的、客観的」に自分の行動を見ることができるからです。

自分に対して「信頼残高」を積み上げていく感覚です。

この習慣が、「今日というかけがえのない1日」を充実させていくことことにつながっていくのです。

実際、今日やることができなかったら、明日や明後日に期待ができませんよね。

ですから、たとえ24時間以内にできなかったことがあっても、チェックリストを埋めていくのです。

毎日、必死で生きていくことが、未来に期待や希望を見せてくれるものだと思います。

そこに魔法はありません。

ですから、期待や希望というのは、毎日の小さな習慣の上に成り立つものであり、日々の充実感や達成感なしには、生まれるものではないのではないでしょうか。

もちろん、「やりたいこと」ばかりで24時間を埋めつくすことができれば最高です。

ただ、それはたいていの人にとっては難しいことでしょう。

ですから、やるべきことや、やらなければならないことにも、向き合っていく必要があると思います。

私も日々格闘中ですが(汗)、やらなければならないことを残しておくと、気のせいかもしれませんが、どうも幸福感が落ち、疲れるような感じがあります。

反対に、やるべきことが多かったとしても、すべてをクリアしておけると、長時間働いても、疲労がたまらないような気がするのですよね。

ですから、クライアントさんには「良習慣の種」をおすすめしました。

そうして、毎日、小さな達成感を味わっていただくことを提案しました。

そうして、たくさんの成功体験を自分の内側に積み重ねていく。

その「良習慣の種」の積み重ねが、未来への期待や希望をつくってくれることを願っているのです。

あなたの「良習慣の種」は、どのようなアクションですか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、久しぶりに23時30分まで会社で仕事をしてしまいました。(汗)

事前の計画が甘かったのが反省です。。。(^_^;)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣

執筆者:

関連記事

習慣化目標を公言しよう。内部と外部のモチベーションの組み合わせが習慣化のパワーになる。

ダイエットの習慣化、今のところ順調です。 2年ぶりのダイエットの習慣化にトライする中で強く感じるのは、やはり「自分の内部のモチベーション」と、「自分以外の外部のモチベーション」を組み合わせた際の威力で …

自信を持つためには、どんなことをすれば良いのでしょうか?

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 最近、会社の仕事に追われていることもあって、もともとあまりなかった「自信」を失い気味です。(汗) そんなこ …

【「ボトルネックを見つける」+「外堀を埋める」=継続!】という公式を見つけました!

昨日の記事に引き続き、今日は 「今の自分には少しだけ勇気が必要なアクションプラン」 第2弾を実行いたしました!   【告知:早起きセミナー開催いたします。下記のURLよりお申し込み受付中です …

少ない可処分時間をどう使う?あなたは「重要な2割」の活動を優先していますか?

あなたは、1日の可処分時間をどのように使っていますか? 私は、可処分時間にも「80対20の法則」を意識して適用しています。   スポンサーリンク   目次1 成長とは「ありたい姿」 …

「願望達成をイメージする、言葉に出す。」その効果と理由は?

目次1 1つ目の成功習慣、その続き2 どんな効果がある?3 その理由は何?3.1 コミットメントの法則3.2 認知的不協和理論3.3 文字情報の影響力4 五感で願望を感じることが重要4.0.1 【今日 …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031