【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

ダイエットの習慣 早起き

早起きにもダイエットにも共通する大切な習慣!十分な睡眠時間を確保してセルフマネジメント力を高めましょう。

投稿日:2015/04/05 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは、伊藤です。

本日は週末恒例の早起きネタです。

というより「睡眠とダイエット」ネタですね。

あなたは、睡眠不足と肥満には深い関係があることをご存知でしょうか?

 

bed-60000_640

 

睡眠時間と肥満の興味深いデータ

睡眠不足と肥満の関係。

早起きとダイエットに関心のある今のぼくにとって非常にタイムリーな話題です(笑)。

ものの本によると、食後20〜30分後には食欲を抑えるホルモンが分泌され、満腹中枢を刺激するそうです。

これによって「お腹いっぱい」という状態を、脳が認識するわけです。

このときの食欲を抑えるホルモンを調べてみると、

▼5時間睡眠の人は、8時間睡眠の人に比べて15.5%もこの食欲を抑えるホルモンが少ない

そうです。

一方で、お腹が減ると、食欲増進のホルモンが分泌されて「食べたい」という欲求が生じます。

この食欲増進のホルモンは、

▼5時間睡眠の人は、8時間睡眠の人に比べて14.9%も多い

のです。

そして、もう1つ興味深いデータがあります。

▼平均睡眠時間が4時間以下の人

は、7〜9時間睡眠の人より、なんと

「73%も肥満になる確率が高い」

そうです。

さらに、

▼5時間睡眠だと50%

▼6時間睡眠だと23%

も、肥満になりやすい、というデータもあるのです。

ダイエット成功には、実は睡眠不足解消が重要だということが分かりますよね。

 

睡眠不足は身体に生命危機のアラームを鳴らす

実際、数年前にぼくがダイエットに一時的に成功したあとにリバウンドしてしまったとき(汗)、原因は会社の仕事が詰まっていたのが理由でした。

なんとかキープできていたセルフマネジメントは、長時間労働によって崩れてしまったのです。

ぼくには自覚している悪習慣があります。

それは長時間労働からくる過食です。

長時間残業の日々が続くと、自分ではそれほど意識していなくとも、どうしても食欲にストレスのはけ口を求めてしまうのです。

昔よりは上手にコントロールできるようになりましたが、今でも完璧ではありません。

長時間労働が続くと、仕事終わりにコンビニに立ち寄ったり、お気に入りの居酒屋に立ち寄ってしまうようになってしまうのです。

そのようなセルフコントロールがうまく機能しなくなってしまう原因の根本は、睡眠不足にあるのです。

これはぼくの仮説ですが、おそらく、睡眠不足になると、人間は「軽い飢餓状態」になってしまうのではないでしょうか。

それが、身体に危険信号を鳴らし、おいしいもの(高カロリーな食べ物や味つけの濃い食事)を食べて生命を維持しようとする。

身体も、飢餓状態から回復し、次にいつ補給ができないからカロリーを蓄え、エネルギーの消費を減らすようになる。

だから太ってしまう。

そのように考えられるのです。

 

セルフマネジメントの石の目は十分な睡眠時間の確保

ぼくは、うちの奥さんと、人が自分をコントロールできなくなる「コントール不能の4つの状態」というものがあるよね、といつも話しています。

それは、

▼眠いとき

▼酔っているとき

▼疲れているとき

▼お腹が減っているとき

です。

たとえば、普段はなんでもないことが妙に気になったり、必要以上にイライラしたり、ケンカをしてしまうようなときがありますよね?

その状況を分析してみると、おおよそ上記4つの状態にあてはまっているときです。

・・・わかりますよね(笑)?

これを解決するもっとも簡単な方法は、、、

「十分な睡眠をとること」

です。

つまり、

【自己コンロール感をキープするためには十分な睡眠が必要】

だということです。

ですから、まずは日常生活の中の睡眠の優先順位をあげること。

それがすべての習慣の中でもかなりプライオリティーが高いことが分かりますよね。

ぼくがクライアントさんにいつもお伝えしていることが、入眠時間を意識してきちんと睡眠をとりましょう、ということです(クライアントさんがこれを読まれたら、「そうそう」って笑ってるだろうな、、、笑)。

入眠時間をコントロールできるようになれば、睡眠時間を確保することができます。

そのコントロール力があれば、早起きに通じるタイムマネジメントも可能とるなるのです。

さまざまな習慣に有効な「睡眠時間を確保する習慣」。

これは強力です。

ぜひ1週間でも良いので睡眠時間を十分にとることに挑戦してみてくださいませ!

 

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【本日の早起き&ダイエットの良習慣】
十分な睡眠を確保してセルフマネジメント力をキープすることこそ、早起きもダイエットにも有効である

 

お問い合わせ・ご感想・激励(笑)は下記まで!( ↓ )

お問い合わせ

 

現在、

▼「早起き習慣化3ヶ月プログラム」

▼「100人コーチング」

を募集中です!

コーチングにご興味がある方はぜひお問い合わせくださいませ!

コーチングで成長したい方、目標を達成したい方へ

 

【良習慣】の力! 〜習慣道への挑戦!〜 登録・解除
選択して下さい 登録 解除
メールアドレス
お名前
メモ






 

銀座コーチングスクール GCS認定コーチ

【無料メールセミナーのお知らせ】
==================================================
一週間で、あなたもコーチの仲間入り!
全6回の無料メールセミナーを配信中!
http://www.ginza-coach.com/coaching/m_seminar.html
==================================================

 

【 習慣を変えて、人生を変える 】

「 行動習慣ナビゲーター(Dream Navigator)認定講座」
行動習慣ナビゲーター認定講座

※当ブログを見て申し込んだ方には、特別に受講料を
 【1万円OFFに】してくださるそうです!!

(※エントリーなさる場合、1万円の返金制度を無駄にしないためにも、
 コメント欄にひとこと「良習慣さんのブログを見て申し込みました」と
 忘れずに書いておかれることをお勧めいたします。)

行動習慣ナビゲーター認定講座

 


-ダイエットの習慣, 早起き

執筆者:

関連記事

早起きしたい欲求と早起きした結果。その間に存在する2つの要素とは?

早起きは、早起きしたいという「欲求」と早起きしたあとに訪れる「結果」だけで判断してしまいがちです。 ただ、その2つの要素だけでうまくいく人は少数です。 欲求と結果のあいだにどのような要素を加えることが …

ダイエットの習慣に取りくまなければならない状況なので、2年ぶりに再トライします!

6月4日の柴又ウルトラマラソンが近づいています。 ランのトレーニングは時間を確保しつつ、こつこつやっています。 それなのに、困ったことが出てきました。 それは・・・体重が増えてきていることです。。。( …

夏の夜のエアコンは善か悪か?快適で質の良い睡眠をとるために快適な環境を整えよう。

「暑くて寝苦しい夜に、エアコンをつけるかどうか?」 あなたは悩んだことがあるでしょうか? その質問に対する私の意見を記事にします。   スポンサーリンク   目次1 エアコンをつけ …

自分の哲学を磨き続けるために。客観を経てから「自分自身で主観的に」決断する!

  こんにちは、伊藤です。 3エントリに渡って、ディベートの手法を使って早起きについて考えてみました。 本日はまとめです。 【ご参考エントリ】 ディベートの手法に学ぶ!「メリット成立の3つの …

早起きできないまま10年が過ぎたら、あなたにどのような未来が待っていますか?

1月に16回目の早起きセミナーが無事に終了いたしましたので、2月の早起きセミナー開催を決めました。 【第17回】朝2時間の自由時間を生み出す! 早起き習慣化セミナー 2016年2月10日 &#8211 …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031