【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣

アドラー心理学の「幸せの3つの条件」とは?条件をみたすために、まずは自分を受け止めよう。

投稿日:

Pocket

昨日は、平本あきおさんの「コーチングLIVE」を観に行きました。

ライブの最後に平本さんが語ったことが印象的だったので、備忘とお勧めのワークを記事にしました。

pregnancy-644071_640

 

スポンサーリンク

 

アドラー心理学による「幸せ」を実感するための3つの条件

アドラー心理学では、人間が幸せになるためには「3つの条件」があるとしています。

その条件とは、

1、自己受容:自分が好きだと思えて、自分にOKを出せる状態

2、他者信頼(所属感):自分だけでなく、他人にもOKを出せる状態

3、貢献感:自分が役に立っている感覚

という3つです。

 

「共同体感覚」と呼ばれる横のコミュニケーションが重要

3つのことを例をあげながら解説しますね。

1、自己受容:自分が好きだと思えて、自分にOKを出せる状態

まず、自分が幸せで満たされていない人は、ほかの人を幸せにすることは難しいでしょう。

友人のブログにもありましたが、砂漠で自分の水をすべて相手にあげることは困難です。

どれほど社会的な成功をして、お金を稼いでいても、自分のことが大嫌いだったら、ハッピーではないですよね?

ですから、まず自分が自分を認めること、好きになることが大切です。

 

2、他者信頼(所属感):自分だけでなく、他人にもOKを出せる状態

次に、自分以外の人のことを信用することです。

自分を好きでいられたとしても、ほかの人のことを信じられなければ、幸せを感じられません。

なぜなら、私たち人間は社会的な生物ですし、他者との関わりの中に生きているからです。

お金持になって、自分のことを好きだとしても、家族や友人たちのことを信じられなかったら不幸でしょう。

 

3、貢献感:自分が役に立っている感覚

最後は、自分が何かの役に立っている、と思えることです。

たとえば、自宅におばあさんがいるとします。

おばあさんは自分を好きだし、家族のことも信頼している。

ここまではOKなのですが、お嫁さんから、「私がやりますので、おばあちゃんは何もやらなくて大丈夫ですよ。」と言われています。

一見、良い感じに思えるかもしれませんが、おばあさんは満たされていません。

この場合、家族は、多少時間がかかったり、面倒であっても、おばあさんに植物の水やりでもお願いして、「おばあちゃん、ありがとう。おばあちゃんのおかげで助かっているし、植物が元気になっているわね。」と言ってあげる。

そうすることで、おばあさんは自分の貢献を感じられるようになるわけです。

 

自分の可能性と能力を信じるためのワークをやってみよう

以上の3つの条件を満たすことによって生まれるものは何か?

それは、「共同体感覚」と呼ばれており、「人が人を支配しない横の関係」や「協力関係」を重視するコミュニケーションの形です。

私は、3つの条件を聞いて、「7つの習慣」の「主体的に始める」というフレーズを思い出しました。

アドラー氏も、コヴィー氏も、「まずは自分を認め、満たすことが重要なこと」だと言われていますよね。

自分が好きだから、相手も好きになれる。

自分がやっているから、アドバイスできる。

自分が実践して有効だったから、ほかの人にも伝えたくなる。

そのように自己を受け入れるためには、自分がこれまでにやってきたこと、できたこと、達成してきたことをきちんと言語化してみることをお勧めいたします。

それは、子どもの頃に自転車に乗れるようになったことでも良いし、人に優しくできた思い出でも良いです。

赤ちゃんのときに歩けなかったけれど、今は歩ける。

そのようなことでも良いです。

とにかく、自分ができること、やってきたことを100個か書き連ねてみる。

私も、現在学んでいるコーチング講座の課題として実践しましたが、確かにやってみると「俺も、意外とやるじゃん(笑)」と思えるようになります。

それが、自分を受け入れて、好きになるために効果的なのです。

自己受容のための100の達成リスト。

ぜひ、あなたも書いてみませんか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【編集後記】

ということで、昨日は平本あきおさんのコーチングLIVEを初めて体験しました。

コーチングを見ながら涙する人もいたり、大事なことをないがしろにしていたことに気づいたり、自分のがんばりを認めてあげたり、まさに体感するコーチングでした。

それにしても、同時に5人をコーチングするとは、、、驚きました。(^_^;)

平本あきおコーチングLIVE

 

【ご案内】
コーチングのお申し込みはこちらから!

コーチングのお申し込み | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

なぜ、私はコーチをやとったのか?必ず自分を応援してくれる人の存在と価値の考察。

先日、コーチングを知らない友人に、「一番最初にコーチをやとったとき、どんな理由があったの?」と言われました。 良い質問ですね(笑)。 その質問への答えを記事にしました。   スポンサーリンク …

たった「10秒」の行動を続けるだけであなたの望む人生に近づける「10秒アクション」の威力とは?

  こんにちは、伊藤です。 昨日のエントリの続きです。 【本日のお勧め本】 本気で変わりたい人の 行動イノベーション — 本当の欲望に素直になれば、やる気が目覚める― poste …

専門家に悩みを相談する前に。自分で解決するための「仮想質問」3ステップ。

自分ひとりで解決できない課題は、誰かに相談したくなるものです。 ただ、お支払いするフィーがないときもあると思います。 そのようなとき、「仮想質問をしてみる」というアイデアが有効です。   ス …

「一本の映画を撮るように、人生をプロデュースしなさい」という名言をコーチングに活かす。

私が好きな言葉に、 “一本の映画を撮るように、人生をプロデュースしなさい” という名言があります。 これは、ミス・ユニバース・ジャパンのナショナル・ディレクターだったイネス・リグロンさんの言葉です。 …

より良く変化するために。コーチとクライアントが中長期で成長するために一緒に変わる。

人は、変化を嫌う生き物です。 でも、変化するときがあります。 それは、「変化しないことのリスク」が、「変化することのリスク」を上回ったときですよね。 スポンサーリンク 目次1 具体的な習慣を身につける …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら