【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コミュニケーションの習慣

セルフ・コーチングにチャレンジ!あなたの内面に問いかける22個のユニバーサル・クエスチョンズ

投稿日:2015/04/30

Pocket

セルフ・コーチングという手法をご存じですか?
コーチングは、コーチとクライアントがセッションするだけでなく、自己対話にも使えます。

つまり、「自分自身をコーチングすること」を「セルフ・コーチング」と呼びます。

photographer-489089_640

 

 

「ユニバーサル・クエスチョンズ」と「スペシャル・クエスチョンズ」

セルフ・コーチングに使う質問は、大きく2種類にわかれます。
それは、「ユニバーサル・クエスチョンズ」と「スペシャル・クエスチョンズ」と呼ばれます。

「スペシャル・クエスチョンズ」は具体的な質問で、「この不具合を減らすにはどうしたらよいですか?」とか、「来週の企画のプレゼンはどこに基準点をおきますか?」などです。
使える場面が、きわめて限定的ですよね。

一方、「ユニバーサル・クエスチョンズ」は、とても汎用性が高く、様々なテーマや状況に有効な問いかけです。
そのため、何度でも使えるし、シンプルなので繰り返すたびに本質に近づいていきます。

 

セルフ・コーチングで使える22個のユニバーサル・クエスチョンズ

では、セルフ・コーチングで使えるユニバーサル・クエスチョンズを22個ご紹介いたしますね。
質問の中には、完全な問いかけになっていないものも含まれていますが、自分自身との対話に有効なはたらきかけをする問いになるものです。

基本の質問の型はあるのですが、より効果的になるように、私がアレンジしているものもあります。
ぜひ、順番に答えてみてくださいね。

1.あなたが心から実現したいことは何ですか?

2.あなた自身がやりたいことをはっきりさせるとどうなりますか?

3.もしも、それが実現したら、どんな状況になりますか?

4.過去からリソース(あなたの資源)を探してみましょう。

5.あなたがチャレンジしてきたことで、これまでに一番うまくいった方法はどのようなものですか?

6.あなたは、その体験から何を学びましたか?

7.現状を前向きに捉えると何が思い浮かびますか?

8.あなたの特徴や強みを見つめ直してみましょう。

9.あなたの強みを10個リストアップしましょう。

10.周囲の人からは、なんと言われますか?

11.目標を設定しましょう。

12.その目標は実現可能ですか?

13.具体的に言うと?

14.抱いている目標に対して、「今」何ができますか?

15.選択肢を増やしてみませんか?

16.目標に近づくために、72時間の中で必ずできることを3つあげるとしたら何ができますか?

17.目標へのアプローチで、まだ試したことがない方法はありますか?

18.他には何がありますか?

19.どこから行動にうつしますか?

20.それをいつやりますか?

21.実際にやってみて、どんなことを感じましたか?

22.次回はどうしますか?

以上、セルフ・コーチングに使える22個のユニバーサル・クエスチョンズでした。

ぜひ、あなたのセルフ・コーチングに活かしてくださいね。

 

ユニバーサル・クエスチョンを使う際の2つの注意点

l_104

上にあげた質問は、実際のセッションでプロコーチが使っている問いかけです。
あなたがセルフ・コーチングにトライするときは、ぜひ上の質問リストを見ながら、自分の内面に向けて問いかけてみましょう。

ここで、2つポイントがあります。

1つは、可能な限り、目で追うだけではなくて、実際に声に出してみていただきたいのです。
自分の声であっても、自分の耳から入ってきた問いかけは有効です。
声を使って、自分の心に問いかけを送ってみましょう。

2つ目は、自分が言いやすい質問にアレンジするということです。
たとえば、「もしも、それが実現したら、どんな状況になりますか?」だったら、「目標達成できたら、どんな状態になるかな?」とか、「目標が現実になったら、どんな気持になるだろう?」といったように、あなたに合った言葉を使えばOKです。
もちろん、方言でも構いません(笑)。

 

まとめ

セルフ・コーチングは、いきなりやっても上手くいかないかもしれません。
なんとなく気恥ずかしいし、なかなか内面に問いかけるというのは難しいものですよね。

でも、試してみる価値は大いにあります。
なぜなら、自分の直感に耳を傾ける習慣はとても大切だからです。

自分でさえ、自分の本音は分からないもの。
常に本心を探る機会を持っていないと、心が不感症になってしまいます。
「感性が鈍っている」という状態です。
そうなると、やりたいことが見つかっても行動をためらったり、チャレンジする気持さえ心の奥に隠してしまうという残念な状態になってしまうのです。

しかし、定期的にセルフ・コーチングを行って、あなたの内面に問いかけるする習慣を持てば、自分の「want」に気がつくようになります。
そして、そのような状態にをつくり出せることは、とても快適で素晴らしいものなのです。

セルフ・コーチング、あなたはいつ試してみますか?

 

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【編集後記】

昨日の祝日は休日出勤でした・・・。

当初は、妻と娘と遊園地にいく予定だったのですが、妻に娘を託して職場で1人、仕事をしていました。
仕事はだいぶ処理することができたので、その点は良かったのですが、、、

火曜日は突発的にまいこんできた仕事の対応で楽しみにしていたセミナーに参加できず、ちょっと残念なことが続いているような感覚です。

働くことは尊く、仕事は大切なものですが、、、
うーん。。。なんだか、、、なんだかですよね。(汗)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

営業マンとプロコーチを両立する私が意識している「安定感」「信頼感」「親近感」の3つのバランス。

営業マンとプロコーチは、共通点が多いものです。 両方おこなっている私が、意識している3つの感覚を記事にしました。   ■スポンサーリンク     目次1 営業マンとプロコ …

「本当はやりたくないことなのに、やりたいと思い込んでいる」問題への対処法。

頭では「やりたい」、でも体が「動かない」という悩みをよく聞きます。 そのような状態のときは、戻る場所を決めておくことがポイントです。   目次1 本当はやりたくないことを、やりたいと思いこむ …

たった2人でつくれる続ける環境。実行→記録→報告のサイクルをつくればうまくいく

ひとりでは続かないことも、2人なら続けられる確率は高まります。 本能を活用して、続ける仕組みをつくっていきましょう。   目次1 「環境」の最小単位は何人からなのか?2 ひとりでは無理でも2 …

考えているのか、感じているのか。あなたは自分が「感じていること」をうまくキャッチできていますか?

「考える」と「感じる」。 一見似たような言葉ですが区別しておいたほうがいいと思っています。 私たちは感情の生き物なので、「感じる」ことにもっと意識を注いだほうが良いと思っているからです。   …

短期視点と長期視点。コーチングの成果を最大化させるために重要なバランスを考える。

継続でクライアントさんと関わるという経験が増えて、感じていることがあります。 それは、「コーチも、クライアントも、短期的な成果にばかり焦点をあてすぎるのも考えものだな・・・。」ということです。 せっか …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。