【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

仕事をあえて80%で切り上げる。翌朝のスタートダッシュに勢いを持たせる方法。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

仕事は「きりがいい」ところまでやって終わりたいものですよね。

でも、ときには、あえて残しておいたほうが、翌朝のスタートダッシュには有効だということをご存じでしたでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

「その日の仕事はその日のうちにすべて終えたい」という完ぺき主義思考

「その日の仕事は、その日のうちに全部やってしまいたい。」

そのように考える人は多いのではないでしょうか?

ただ、よく考えると、仕事を完ぺきに終えるというのはけっこう難しいことですよね。

どこかで区切りをいれなければ、仕事はずっと続いてしまうものだと思うのです。

たとえば、私の経験でも、家族で出かける間際に「あと10分で今日の分のブログが書き終わるから待ってて!」というケースで、その10分では終わらないパターンが多いです。(笑)

これは、時間いっぱいにタスクをいれて、なんとか全部終わらせようと思っているのですが、なかなか最後まで終わりませんよね。

また、大きなプロジェクトが終わると、燃え尽き症候群におちいるときもあります。

はじめてのセミナーやウルトラマラソンは、まさにこの状態でした。

これは、何か大きな目標を達成してしまうと、脳内の意欲に関係するドーパミンが無くなり、快感を得られなくなってしまうからだといわれています。

 

あえて仕事をすべてやりきらないでその日の仕事を終える

ずっと仕事を続けることが快感であれば、人間はいつまでも仕事を続けてしまうでしょう。

この感覚、少しわかります。(^_^;)

ただ、そこにはまってしまうと、肉体的にダウンしない限り仕事をやり続けてしまうことになり、やがて破綻してしまうかもしれません。

脳は、その破綻を防ぐ役割もしているのでしょうね。

これは、もう一方の側面からみると、全部の仕事を終えてしまうと意欲が減退する、ということになります。

これを反対に利用して、仕事のパフォーマンスをあげるコツがあります。

それは、

・あえて仕事をすべてやりきらないでその日の仕事を終える

ということです。

すべての仕事を終えてしまうと、その仕事の記憶は翌日になるとオールクリアになってい状態です。

要は、仕掛かりの仕事がない状態。

理想的ではありますが、そうなると終わった仕事はなかなか思い出さないですし、「何から取りかかるか・・・」となりますよね?

ですから、仕事を少し残してやめるくらいのほうが、仕事の記憶が残っているし、翌日の仕事のスタートが楽になるわけです。

すべてをやれれば、もちろん達成感はあります。

ただ、そうなると、翌日ほかのタスクをゼロから立ち上げなければならないので、脳の処理速度を高めるための時間がかかってしまうのですね。

これは、電車で本を読んでいるときをイメージしていただくとわかりやすいです。

目的の駅に到着する際に、きりのいいところまで読みたくなりますが、脳の記憶やモチベーションをキープするためには、あえてきりが悪いところで読書をやめておくのです。

すると、続きから本を読むときに、勢いよく読書を再開できるというわけですね。

 

仕事を8割で切り上げて、自宅では仕事のことは思い出さない

前述のとおり、脳科学的にいいとされている仕事の方法は、

・仕事をあえて8割終了したところでやめておく

ということです。

そして翌日に、その続きから取り組むのです。

朝一番で仕事に取りかかる際に、「あと20%やれば終わる」という気持で仕事に着手できれば、モチベーションが高い状態で仕事をスタートできます。

私がおすすめするのは、その日の仕事を終える際に、「最重要タスク」のファイルに仕掛かりの仕事(書類など)を入れておいて、翌日メールチェック前に着手する、という方法です。

毎日ゼロからスタートするとなると、かえって効率が悪くなるケースがあるのだそうです。

ですから、あえて8割のところで見切る。

大切なのは、意図的にやめること。

少し余裕を持っておくくらいがベストで、それによってドーパミンを持続して出すことが可能になるということです。

もう1つのポイントは、家に帰ったら仕事のことは仕事を忘れることです。

せっかく切り替えた脳のモード、切り替えてリフレッシュしておきましょう。

家に帰ったらストレスのかかる仕事のことはオフにして、ストレスのかかる仕事とはまったく違った方向の趣味を楽しむ、ということも脳にいいそうです。

「まだあの仕事が終わってないな・・・」といったことを考えてしまうと、脳にストレスがかかり、神経細胞を減らしてしまうのだとか。。。(^_^;)

そのような状態にはまらないためにも、仕事を8割で切り上げて、自宅では仕事のことは思い出さない、ということを試してみましょう。

これが、翌日への勢いをキープしたまま、翌日の朝のスタートダッシュをスムーズにする1つの方法です。

仕事のスタートダッシュに困っている方は、ぜひ一度トライしてみませんか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりで継続クライアントさんとのコーチングセッション。

素直で行動がはやいクライアントさんなので、課題がどんどん前進していきます。

セッションのたびに新しいテーマが現実的なので、私のアイデアも具体的に提案できるのですね。(^_^)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣

執筆者:

関連記事

no image

勝間和代さんが日刊メルマガのネタをつくる習慣とは?

本ブログにお越しくださり誠にありがとうございます! ■ビジネス書やメディアで人気の勝間和代さんは、日刊のメールマガジンを配信されています。 内容としては、書籍の紹介からゴルフネタまで様々です。 世間的 …

「高圧的な人」が苦手なあなたに。人の4つのタイプを知ることから対応と対策を考えよう!

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 昨日の記事に引き続き、人の4つのタイプのお話です!     目次1 各タイプへの対応は …

相手をほめるのが照れくさい人はいますか?それなら自分のためにほめるのはどうですか?

「素晴らしい!」 「おめでとうございます!」 「さすがです!」 おかげさまで、毎日のようにクライアントさんをほめる機会に恵まれています。 私は、ほめることは相手のためだけでなく、自分のためにもなると考 …

それって親切なの??「悪口の運び屋さん」に遭遇したときの対処法を見つけました!

「あの人があなたのことをこんな風に悪く言ってたよ。」 という悪口を聞いたとき、あなたはどうしますか? インパクトある対処法を見つけました!   【告知:早起きセミナー開催いたします。下記のU …

人が本当に得たいものは感情。「今、ここ」を充実させることが人生の充実につながる。

充実した人生を送るためには、充実した時間をつみ重ねていくことが重要ですよね。 そのためには、自分が得たい感情を理解し、毎日の生活にちりばめる工夫が必要です。   スポンサーリンク &nbsp …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31