【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考習慣

もともと光っている部分をさらに光らせていく「星空理論」 。自分の良い面にフォーカスして長所を磨きこむ。

投稿日:2017/10/31 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

星座がきれいに見えるのは、暗くなっている夜空があるからですよね。

それは光っている面が目立っているからであり、私たちも星座から学べることがあります。

私は「星座理論」と名づけています。

 

スポンサーリンク


 

自分の良い面にフォーカスをあてる

私たちは、悩みの渦中にいると自分を取り巻く世界が急にせまくなっているように感じるものではないでしょうか?

深い混迷の中にいるときは、近視眼的になり、

・自分の悪いところ
・自分ができないところ
・自分が苦手なところ
・現状への不満
・環境への不満

といったものばかり目につくようになるのですね。

「あの人はできるのに、私はできない・・・」というように。

まあ、その気持は私がじつによくわかるものです。(笑)

ただ、以前よりは「だいぶまし」になりました。

実際、そのように悪いところやできていない面にフォーカスするとなんだか気が滅入ってきて、ますます自分が嫌になるというマイナスのスパイラルに入るのですよね。

誰にでも短所や欠点はあります。

不足している部分や不満足なポイントもあるでしょう。

でも、いくら気にしても、「自分で解決できる課題」と「自分では解決できない問題」があるものです。

ここで「自分では解決できない問題」にフォーカスするのはやめましょう。

それよりも、

・自分のよいところ
・できている面
・自信がある部分

に意識をフォーカスするのです。

そのように自分を見るほうが、いいと思いませんか?

 

どのような鏡を使うかによって表現は変わってしまう

先述の通り、つい「できていない部分」に意識が向いてしまう人がいます。

以前も記事にしましたが、「まじめな努力家」ほどその傾向を持つ人が多いものなのですよね。

「まじめな努力家」が陥りやすい自己否定。無意識の思考と行動に注意しよう。

「まじめな努力家」でも、向上心が強いことはいいことです。

私は努力肯定派ですし、正しい努力は実を結んで欲しいと願うタイプです(ほかの人も、自分も・笑)。

ただ、自分を向上させたいと思えば思うほどセルフイメージを抑制してしまい、気づかないうちに自己否定をしてしまっていることがあるのです。

これは、意外な盲点なのですよね。

セルフイメージとは、自分で自分をどのように捉えているのか、ということです。

ただ、自分がとらえた自分像というのは、専用のバロメーターがあるわけではないので、正確に測定するのは難しいもの。

人は自分を見ることができないからです。

ましてや内面の「心」や「思い」なんて、もっと見えません。

そこで、外見なら鏡を見るし、心なら自己省察などをおこなうのです。

でも、鏡であっても、その形を正確に映し出しているとは限りません。

たとえば、トリックアートには、マジックミラーというものがあるのをご存じでしょうか。

トリックアートにはいろんな角度に歪んだ鏡がたくさんあるので、

・横に押しつぶした鏡の前では丸太のように太って見える

わけですし、反対に、

・縦に引き伸ばしたの鏡では線のように細く映し出される

のです。

見た目はまったく違うもの。

しかし、もともとはどちらも同じ自分なのですよね。

それなのに、どのような鏡に写すのかによって、まったく異なった形で表現されてしまうのです。

いわゆるコンプレックスは、このような歪んだ状態で自分を見ている感覚なのですね。

意識や視点が、ネガティブなほうにフォーカスしている状態なのです。

これでは、「自らがなり得る最高の自分になる」のは難しいでしょう。

 

もともと光っている部分をさらに光らせていく「星座理論」

このゆがみを治す方法はあるのでしょうか?

これは特効薬はなく、

・自分で気づき、自分で修正していく習慣をつける

か、もしくは、

・コーチのようなフィードバッカーをつけて修正していく習慣をつけていく

という地道なプロセスです。

「まただめかもしれない・・・」という思いが出てきたら、「いや、やってできたことやできたことだってたくさんあるじゃないか」と、思い込みを修正する。

まじめな人ほど、自己省察でできなかったところ、だめだったところにフォーカスしてしまうのですが、欠点に目を向けても仕方がありません。

できたところや長所にフォーカスしていきましょう。

長所を評価する思考のクセをつけていくと、長所がさらに磨かれていきます。

私自身、子どもの頃から「続ける」ことということが本当に苦手でしたが、「続けることでたくさんのメリットがある」と体感してからは、「続けられることが自分の長所」だと思うようにさえなりました。

そこを磨いていくと、「伊藤さんは続けられる人」というイメージや評価までいただけるようになったのですね。

ただ、そういった長所以外のところはボロボロです。(笑)

でも、すべてが優れている人なんていませんし、たとえ存在していたとしても自分がそうなれる可能性はほとんどありません。。。

それでも、自分が光っているポイントに目を向けることです。

それを、私は「星座理論」と呼んでいます。

たとえば、オリオン座を眺めながら、輝く星がきれいに見えるのは、その光にフォーカスしているからですし、周りに闇夜があるからですよね。

でも、そのような闇の部分などあまり意識しないものです。

ですから、長所にフォーカスして、いいところを磨いていき、輝くポイントをつくっていくこと。

そのような輝く存在になれば、たとえ闇夜のような欠点があったとしても、そのような闇の部分には誰も目を向けなくなるものです。

自分ができることや長所にフォーカスして、足りないところや欠点は目立たなくする。

そうすれば、欠点にフォーカスしすぎることもないですし、「もともとなかった」ことにできるかもしれませんからね。(笑)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりで「習慣化の学校」のサポートコーチとしてのフィードバック。

1月からスタートして10ヶ月ほど。

たくさんの良習慣を身に着けたメンバーの姿を見るのは非常に刺激的です。

人がより良く変化していくプロセスって、本当に美しいんですよね。

そういったプロセスに立ち会える幸運に感謝しています。(^_^)

【募集中】
■2017年11月2日(木) 19:30〜21:30:毎日を超充実させる!「やりたいことリスト100」をつくるセミナー

■2017年11月7日(火) 19:30〜21:30:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

■2017年11月28日(火) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

■2017年12月5日(火) 19:30〜21:30:これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■お知らせ

【セミナー募集中!】
■2017年11月28日(火) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

■2017年12月5日(火) 19:30〜21:30:これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

■12月14日(木)19:30〜21:30:「やりたいことリスト100」をつくるセミナー 〜やりたいことで毎日が満たされる〜

コーチングサービスは随時承っております。
コーチングのお申し込み

■当ブログへのお問い合わせ・ご感想はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前 ( * 必須)

メールアドレス ( * 必須)

題名

メッセージ本文

■スポンサーリンク


-思考習慣

執筆者:

関連記事

自己否定ばかりでなく「今の自分ができることはやっている」という視点もあっていい。

「自分はまだまだこんなものじゃないのに、、、なぜできないんだろう?」という気持になることはありますか? ふり返りをして改善することは大切ですが、「今の自分の実力でやることはやった」という視点も持つこと …


つい出てしまう言い訳。自分が使っている言葉を変換して言い訳を減らそう。

日常生活を送っていると、無意識のうちに言い訳をしてしまう自分に気づきます。(~_~;) 言い訳を減らすためには、どうすれば良いのか考えてみました。   スポンサーリンク   目次1 …


第1次的な感情と第2次的な感情。大切にするべきは第1次的な感情。

感情には第1次的なものと第2次的なものがあります。 感情のトラブルを避けるためには、第1次の感情を上手に扱うことが大切です。   スポンサーリンク   目次1 帰りが遅くなった息子 …


苦手なことに苦しめられるのは、しょうゆがソースになろうとしているからです。

「あの人にできることが、自分にはとてもじゃないけど難しい・・・」 そんな思いを抱えることありますか? 私は、よくあります。(笑) ただ、以前よりも心のざわつきはかなり少なくなりました。 自分のコンプレ …


批判に対処する3つのステップ。批判を改善材料にするか、スルーするか。

先日のセッションで、行動を起こしているクライアントさんから、「自分の行動をされた」というお話がありました。 そこで、批判への対処を考えてみました。   スポンサーリンク   目次1 …


似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930