【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

「やろうとしていたことができずに1日が終わった」を防ぐ。「意図的な行動」を増やすための3つの工夫。

投稿日:2018/08/01 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

あなたの今日1日をふり返ったとき、どれくらい「意図的な行動」があったでしょうか?

大事な時間を「無意識的な行動」に侵食されない工夫を記事にしました。

 

スポンサーリンク

 

「意図的な行動」は自己コントロール感が高まる

私たちの行動は、

・意図的な行動

・無意識的な行動

の2種類があります。

たとえば、「会社に行く」という行動があるとすれば、それは「意図的な行動」でしょう。

でも、朝起きて、シャワーを浴びて、朝の身支度をして、朝食を食べて、歯みがきをする、といった一連の流れは、ほとんど意識しなくてもできるはずです。

これが「無意識的な行動」ですね。

なるべくなら「意図的な行動」で1日を満たしたいものですよね。

では、意図を持った時間を増やすためにはどうすればいいのか。

そのためには、「主体性を持つ」とか、「コントロール感を味わう」という自己コントロールが有効な状態をつくることが大事。

要は、「無意識的な行動」が少なくて、「意図的な行動」が多い状態のことを指していると思うのです。

 

「無意識的な行動」をコントロールするのは難しい

しかし、「意図的な行動」を増やそうとしても、簡単に増えないというのが、難しいところなのですよね。(^_^;)

たとえば、ダイエットを習慣化しようと思っているとします。

その際に、

・1日1万歩を目標に歩こう

・今日は1日2食でランチを抜こう

と決意するのは、「意図的な行動」です。

この行動ルールを守れれば、たしかにダイエットはうまくいくはず。

食事と運動を管理して、そのプロセスに集中すれば、誰でもダイエットできることは理解しているはずなのですよね。

そう、それなのに、なぜかダイエットの本が毎年ベストセラーになるという皮肉な結果があるのですけれども。(笑)

一方で、仕事でつかれていているときはどうなるか。

意志力が弱まってセルフマネジメントがゆらいでしまい、

・ついコンビニに立ち寄って、それほど食べたくないのに買い食いしてしまった

・帰宅して、ほっとしていたらいつの間にか甘いものやお菓子を食べていた

という行動パターンをくり返してしまうわけです。

これが「無意識的な行動」ですね。

よく言われるように、「決意するだけ」ではあまり意味がありません。(^_^;)

「ダイエットしよう!」という決意だけでは、「無意識的な行動」に変化がおきないからですね。

私たちの日頃の行動は、おどろくほど「無意識的な行動」で占められているものです。

心理学には「氷山モデル」というイメージ図がありますが、その氷山の一角のように、人が自覚できる意識は全体の5%〜10%とも言われています。

ですから、この「無意識」の部分にはたらきかけなければ、継続した行動変容ができないわけです。

ところが、無意識をコントロールすることも難しいのですよね。

 

「意図した行動」を増やすための3つの工夫

じつは、この無意識に負けてしまう最大の要因は、「忘れてしまう」こと。

そこで、無意識を意識化するための工夫やアイデアが必要になるのです。

私がやっているのは以下のような工夫です。

 

1:リマインダーをセットする

いまの私がおこなっている毎日の小さなタスクとして、

・ビジネスコミュティーへの活動報告

・「書く習慣」コミュニティーへの先取り日記

というタスクがあります。

これらは数分で終えられるものではあるのですが、それだけに忘れやすいです。

そのため、Googleカレンダーに毎日のタスクとしてリマインドしています。

また、そのタスクを終えるまでは、なるべくほかのタスクに着手しないようにして、優先的にとりかかることで、継続することができています。

 

2:仲間をつくる

私がもっとも効果を感じているのはブログです。

師匠とはじめとしたブロガーの友人たちが毎日更新しているので、忘れること自体が不可能な状態です。(笑)

1800日以上「1日1記事更新」ができているのは、間違いなく仲間(読者も含む)のおかげです。

ただ、ちょっと私自身、更新時間に甘い部分がありました(先日も師匠につっこまれました・・・)。

そのため、気合を入れるために習慣化コミュニティーの「日記・ブログ部」に入部してみました。

これでさらに仲間の存在を感じることができるので、いい意味でのプレッシャーをかけてみます。

 

3:質問をする

質問は、無意識にはたらきかけることができるツールです。

たとえば、

・ゴールにたどりつくために、いま何をすればいい?

と自分に質問してみるのです。

私も、ブログが挫折しそうなときには、

・ゴールにたどりつくために、いま何をすればいい?

という言葉をかけています。

できれば、1日のうちに何度も自分に問いかけることができると理想です。

1日に1回しか問いかけないのと、1時間に1度問いかけるのとでは、無意識を意識化するインパクトが変わるからです。

そのように何度も問いかけることで、自分が得たいゴールにちかづくための行動があぶりだされてくるものだと思っています。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりでコーチングセッション。

クライアントさんがずっと未完了になってあたためていたという、すばらしい個人的なプロジェクトに着手されると決断していただきました。

この個人的なプロジェクトは、まさに「緊急ではないけれど、重要なこと」。

完成すれば、波及効果が「半端ない」(笑)感じなので期待しています。

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣

執筆者:

関連記事

「苦手はぜんぶ、伸びしろだ。」苦手分野を「成長の余地」に変える方法。

「苦手はぜんぶ、伸びしろだ。」 私も共感しますし、いいコピーですよね。 ただ、伸びしろを埋めていくためには、挫折しないようなやり方で進めていくことが重要です。   スポンサーリンク &nbs …

あなたの習慣化の「失敗」とは、どのようなことでしょうか?

あなたは、習慣化に「失敗」したことがありますか? では、習慣化における「失敗」とはどのようなものでしょうか。   スポンサーリンク   目次1 誰にでもある「失敗」を恐れる気持2 …

世界のCEOは朝をどのように過ごしている?仕事型、運動型、自己研鑽型の3分類で朝時間活用を最大限に活用する。

  こんにちは、伊藤です。 本日は、朝時間を有効活用する組み合わせを考えるために、 「朝時間の3つの分類」 を考えてみます。     目次1 世界の有名CEOは朝をどのよ …

自分をメンテナンスする時間を固定する。見えないエネルギー分散を防ごう。

私は自分をメンテナンスする日を決めています。 それは、ささいなことにエネルギーを奪われないようにするための工夫です。   スポンサーリンク   目次1 自分をメンテナンスする時間を …

息子と一緒に「夏休みの宿題を計画的に遂行するためのプロジェクトシート」を作成してみました!

中学1年生の息子が夏休みに入りました。 夏休み初日ということで、息子と2人で「夏休み宿題プロジェクト」を作成しました!   (ここから有料メルマガのご紹介です) —————————————— …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031