【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考習慣

自分を変える「良い思い込み」をつくるための3つのステップ。

投稿日:2019/03/09 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「今の自分を変えたい」と頭では考えつつも、本能が持つ現状維持システムには、なかなか勝てないものですよね。

そこに立ち向かうための1つのアプローチとして、「良い思い込み」を持つことを提案したいです。

 

スポンサーリンク

 

凡人の自分が身につけたいのは「良い思い込み」

「努力して継続すれば、凡人の自分でも、もっとできることがあるんじゃないか?」

ビジネス書の多読を始めて、たくさんの方々の人生にふれるうちに、そんなことを思ったことがあります。

当然のことながら、今はすごいベストセラー作家であっても、最初からベストセラー作家だったわけではないのですよね。

20代は普通のサラリーマンだった、という人も多いです。

私自身、会社員だった方が本を出版し、ベストセラー作家になっていく姿を見たことがあります。

そのようなときに、「努力して継続すれば、凡人の自分でも、もっとできることがあるんじゃないか?」という考えが頭をよぎるのです(もちろん、大いなる勘違いなわけですが・・・笑)。

しかし、今から思えば、この「努力して継続すれば、凡人の自分でも、もっとできることがあるんじゃないか?」という思い込みは、私の人生を充実させるために有効な思い込みだったのは確かです。

私に限らず、自分を高めて成果を出してきた人の多くは、過去の弱い自分をどこかで手放して、「良い思い込み」を持つようになっているものです。

「良い思い込み」を持ち続けると、過去の自分が少なくなり、新しい思い込みが上書きされ、行動パターンが変わり、新しい自分になっていきます。

私の見立てですが、何者でもなかった人が、パワフルな人になっていった人たちは、ほど例外なく自分の思い込みを書き換えています。

そうして、新しい思い込みをベースにして行動していくことで、これまでとは違った成果が出てくるのです。

 

「良い思い込み」を見つける3つのステップ

さて、「良い思い込み」は、どのように身につけていけばいいのでしょうか。

私がおすすめする方法はシンプルで、3つのステップに区切って考えることです。

1:過去の自分を棚おろしする

2:自分の現状を知る

3:目標を決めて行動する

という感じですね。

3つを見ていきましょう。

 

1:過去の自分を棚おろしする

以前の私は、「まず目標を決めて、逆算する」という2ステップで行動していけばいいと思っていました。

実際、2ステップで成長される人もいるのです。

しかし、たくさんの方々をサポートしていくうちに、この2ステップでは動けない人がいることがわかったのですね。

その人が過去の自分に自身を持てないでいるとしたら、その原因は過去のできごとから身につけた「思い込み」にある場合が多いのです。

ですから、過去の自分の棚卸しが大事。

ここで、自分の思い込みがどのようにつくられているか、自己分析が必要なのです。

自分の棚おろしをする方法。シンプルなフォーマットと3つのステップで人生のふり返りができる。

 

2:自分の現状を知る

過去の棚おろしが終わったら、自分の現在地を知るための分析です。

エニアグラムや4つのコミュニケーションタイプなど、自分の資質がどのようなものか調べてみましょう。

ここで、現在の自分が持っている「思い込み」を発見できるといいですね。

現在地を知るのはちょっとした勇気が必要かもしれません。

しかし、ここをスキップしてしまうと、目標を立てても現在地がわからないので、進みようがないのです。

自己理解を深めることは、自分の「現在地」を知ること。

 

3:目標を決めて行動する

ここまできたら、あとは目標を決めて行動していくフェーズに入ります。

自分で目標を決めて、その舞台に飛び込みましょう。

できれば、会社以外の何らかのコミュニティーに入ってみるといいと思います。

多様性を見ることで、自分の思い込みに気づくきっかけにもなりますし、ほかの人の思い込みから学べることも多いです。

あなたがいるべきコミュニティーはどこですか?夢や目標を語るとき、相手はどのような反応をするのか。

 

自分の中に「良い思い込み」を増やしていく

あなたが持っている現状の「思い込み」。

それが必ずしも悪いものだというつもりはありません。

ただ、その「思い込み」によって自分が苦しむことがあるのなら、「思い込み」を変えることを考えてみることはおすすめです。

実際、「変わりたい」と言いながら、「変われない」人がいるのは、「今のままでいい」という「思い込み」があるからです。

しかも、それは無意識のうちに思っていることなので、自分ではわかりづらいのです。

人間の現状維持のシステムは強力で、危険がやってこない限り、そのシステムを変えようと思いません。

だからこそ、目標を設定して、行動をくり返していく。

そうして、そのたびに自分に「良い思い込み」を上書きしていくのです。

やがて、自分が「努力して継続すれば、凡人の自分でも、もっとできることがあるんじゃないか?」と思えればしめたもの・・・ではないでしょうか。

おそらく、今はすばらしい成果を出している方々も、小さな成功体験を積み重ねて今があるはず。

そうして、自信を身につけてきているのです。

そのようにして、自分に「良い思い込み」を強いものにしていくこと。

そこに罪悪感はいりませんので、行動して、小さな成功体験を積んで、どんどん自分に「良い思い込み」を増やしていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、朝4時30分からコーチングセッション。

会社終わりは、書く仕事をしてから帰宅。

また、家族で「カメラを止めるな」を観ました。

3回目の鑑賞は副音声の生放送で鑑賞しましたが、やはりおもしろい。

何度観ても、そのたびに違うおもしろさがわかるコンテンツというのは、いいですね。

そんなコンテンツをつくってみたいものです。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考習慣

執筆者:

関連記事

誰にでも良い顔をしてしまう自分をやめる。「八方美人」でいることのデメリット。

誰に対しても「良い人」であろうとすると、「八方美人」になります。 それは一見、花火のようにきれいなものかもしれません。 ただ、どこかで「八方美人」を抜け出さないと、自分の殻を破れないとも思っています。 …

自己成長を目指す人なら覚悟をしておきたい「成長痛」が訪れること。

中高生のとき成長期にあった「成長痛」。 それは、大人になっても成長し続ける限りやってくるもののようです。   スポンサーリンク   目次1 現状の満足と不満を書き出すワークにトライ …

人間の感情はシングルタスク。ネガティブに振れたときに戻す「軸」はありますか?

日常生活を送っていれば、誰でも感情がぶれるのではないでしょうか。 ぶれてしまうのは人間なので仕方がないと思うのですが、その際は「いかに自分のセンターに戻るのか」というのが大事なのだと思います。 &nb …

「先のばしを減らしたい!」と思う人におすすめしたい。私が先のばしを改善させた3つのステップ。

先のばしを減らしたい人はいますか? 私は、セミナー後から先のばしが減っていることを実感した1週間だったので、対策を記事にしました。   スポンサーリンク   目次1 「先のばしを減 …

激しい怒りの感情にどう対処するか?タイミングと適切な表出で吐き出しておくことが大事。

激しい怒りのような感情がわきあがってきたとき、どうすればよいのでしょうか? いろいろな対処方法はあると思いますが、ポイントは「ためこまずに表出させることが大事。でも上手に表出させること」です。 &nb …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031