【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づき

短時間でコミュニケーションを深めたいと思ったら「非日常」に「食事」をプラスしてみよう。

投稿日:2017/11/28 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

あまり頻繁に会えない人たちとの時間は有効に使いたいものです。

そのようなケースでは「非日常」と「食事」を組み合わせることがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

恵比寿でランチームのメンバーとランチ

今日は、私の個人的なお祝いで、ランチームの元帥コジマさんと、恵比寿ガーデンプレイスタワーの38階で焼肉ランチを食べました。

ランチタイムの恵比寿ガーデンプレイスタワーへは久しぶりに行きましたが、やはり見晴らしが良かったですね。

普段はあまりなじみのない、

・恵比寿の高層階
・焼肉ランチ
・ランチームの3人

という「非日常の体験」でした(私には)。

今回は私が無理やりにお2人をお誘いしてしまったのですが、私のブログのお祝いのことを口実に「非日常の体験」をしたかっただけなのかもしれない・・・と今になって気づきました。(^_^;)

 

食事をともにする時間がコミュニケーションを深める

映画「ゴッドファーザー」の構造にも使われているように、食事というイベントは一緒に食事する人たちの仲を深めてくれるものです。

「同じ釜の飯を食べる」という言葉があるように、一緒に食事をするとコミュニケーションが深まるのです。

実際、私も過去に、「一緒に飲みに行った仲じゃないですか〜」と言われると、「まあ、たしかに。じゃあ、いいかな」と思ってしまったことがあります。(笑)

そう考えると「一緒に食事をした仲」とか、「一緒に飲みに行った仲」というのは、多用しなければ、活用してもいいフレーズかもしれませんね。

さて、私は、お近づきになりたい人とのコミュニケーションを深めたいときは、食事にプラスして、今回のように「非日常の体験」を共有するといいのだと思っています。

小説やドラマで、プロポーズのシーンを思い出してみましょう。

バブル世代の「クリスマスに赤プリでディナーを食べる」のように、「非日常+食事」は大事なコミュニケーションの場面で、以前から活用されているのです。

このような際に、「一緒にお酒を飲みに行く」ができればいいのですが、私たちの年齢になれば仕事を持ち、家庭もありますから、つきあいのたびに毎回夜にお酒を飲みに行くわけにもいかないのです。
(ですから、ランチタイムの活用がいいのです。)

 

「非日常+食事」でレアな体験を共有する

実際、大学生くらいになると、「一緒に遊ぶ」というのが、いつの間にか「お酒を飲んで、そのあとカラオケに行く」というコースが定番になります。

もちろん、それはそれで楽しいものですし、盛り上がる中でその人の意外な一面を見ることも見ることもあるでしょう。

ただ、その後に残るエピソードと言えば、

・飲みすぎて寝ていた人がいた
・普段おとなしい人が饒舌になった
・翌日二日酔いだった

といったレベルのものなのですよね。。。

それだと、せっかくお金と時間を使ったのにもかかわらず、投資ではなく浪費になってしまいます。

そのような飲み会がだめなわけではないです。

実際、私もたびたびそのようなエピソードの中にいます。(笑)

ただ、それでは「一緒に記憶に残る体験をした」とは言えず、絆も深まらないでしょう。

それよりも、印象に残りそうな体験、たとえば、

・恵比寿ガーデンプレイスタワーの高層階で一緒に焼肉ランチを食べた
・トライアスロンやマラソンのレースで一緒に完走した
・ワンデーセミナーで終日、同じテーマを一緒に学んだ

という体験のほうが、記憶に残ります。

そのためにも、普段から非日常の体験ができそうなものにアンテナを張っておけると理想的です。

「やりたいことリスト」の項目に入れておくのもいいですね。

やりたいことと非日常の体験が重なれば、その経験にさらにバリューが出ますので。

そのようにして、

・非日常の環境で
・一緒に食事をする

といった体験は、コミュニケーションの時間を濃いものにしてくれるでしょう。

自分がランチ会のようなものを催すときは、そのような組み合わせを印象に残るようにしてみることをおすすめいたします。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、「習慣化の学校」チャレンジシート(週報)のフィードバックデー。

また、新たにサポートしている思考習慣改善のクライアントさんへのメールサポートもありました。

そのほか、

・複業メルマガ
・ブログ
・「習慣化の学校」書籍エッセンスメルマガの仕込み
・ブログ習慣化セミナーのスライドブラッシュアップ
・ブログ習慣化セミナーの資料の印刷
・ブログ習慣化セミナーの事前アンケートのやりとり

などタスクが盛りだくさんでありがたいですね。(笑)

【募集中】
■2017年11月28日(火) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

■2017年12月5日(火) 19:30〜21:30:これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

■12月14日(木)19:30〜21:30:「やりたいことリスト100」をつくるセミナー 〜やりたいことで毎日が満たされる〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-気づき

執筆者:

関連記事

家賃26,000円時代の自分の原点に戻る。そして今の自分がいる場所を知る。

・自分の人生の分岐点を確認する ・自分の原点に戻る 言葉にすると大げさな気がしますが、それを簡単に実現する方法がありました。 それは、「学生時代に住んでいた場所に訪れてみる」ということです。 &nbs …

セミナー開催条件の設定で役立った考え方

目次1 ■大阪セミナー終了!2 ■セミナー開催日時の理由3 ■価格設定の難しさを味わう4 ■対象者のイメージを絞り込む4.0.1 【今日の気づき】 セミナーやイベントを開催をするとき、どのような対象者 …

身の回りの環境を整え、「心の澱(おり)」を取り去る習慣

目次1 ■「環境整備」で小さな心の負担を取り除く2 ■「ライフマネジメント」の観点から見ても環境整備は重要2.0.1 (1)身の回りの環境 (2)仕事・経済 (3)健康 (4)人間関係3 ■自分では「 …

星座の輝きに学ぶパーソナルブランディング

■星座も個人も同じ?   昨日は星が非常にきれいに見えましたね。 僕の目に、特にきれいに映ったのはオリオン座でした。   「星って、なんであんなにきれいに輝くんだろうなー」と考える …

「時は命なり」。時間の貴重さを感じるために、息をとめて時間を感じてみる。

娘と一緒に遊んでいたら、偶然にも時間の貴重さを味わうこととなりました。 それは、意外なのですが「息をとめてみる」という行為でした。   スポンサーリンク   目次1 娘と一緒に息を …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930