【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づきの習慣

隅田川花火大会の穴場スポットを探しながら得た、私の2つの気づき

投稿日:

Pocket

先の見えない未来に挑戦する人のことをどう思いますか?

家族で隅田川の花火大会を観ながら、思わぬ気づきを2つ得ました。

fireworks-180553_640

 

スポンサーリンク

 

隅田川花火大会の穴場スポットを探す

先週の土曜日、家族で隅田川の花火大会を観に行きました。

妻とは常々、「毎年観るなら、地元の穴場スポットを見つけたいよね。」といったようなことを話していました。

そして今年、妻のインスピレーションから、「もしかして、あの場所は穴場スポットかも!?」というところを見つけました。

私は、「少し遠いけれど、せっかくだから行ってみよう!」と同意。

そのようにして家族全員でスタートしました。

妻がGoogleマップを駆使して探していたのですが、場所の特定は難航。

私たちは、かなり遠回りをしていました。

途中、花火がそれなりに見える場所もありました。

子供たちは、「疲れたから、もうこのあたりで観ようよ。。。」とも言っていました。(^_^;)

しかし、妻の直感を信じ、私は「このまま行けるところまで行ってみよう!」と言い、子供たちには妖怪ウォッチの飴でごまかしました(笑)。

道に迷うこと30分間以上、、、みんな汗だくになりながら、ようやく目的地にたどり着きました。

 

挑戦する人を応援する文化を家族でつくる

その場所は、確かに、花火は見えました。

花火が上がっている方角は合っていましたし、通り過ぎてきた場所より花火が見えました。

しかし、妻が期待していたほど、大きくはっきりと花火が見える場所ではなかったようです。

妻は、「みんなをこんなにつき合わせたのに、、、ごめんね。」と言いました。

そのとき、息子が言ったのです。

「花火は十分見えてるよ。初めてやることだから、やってみてイメージ通りじゃない、ってことが分かっただけで良かったよ。」

「それに、みんなで知らない道を通っているとき、ちょっとした冒険みたいで面白かったよ。だから気にすることないよ!」

私は、息子の言葉を聞いて、「青春ドラマみたいに良いこと言うな〜」と思いました(笑)。

もちろん、少し優等生的にすぎるコメントかもしれません。

でも、私は「思っていることを実際に言えるか、言えないのか。そこには大きな差がある。」ものだと思っています。

ですから、上に記したような発言をした息子に、成長を感じたのです。

家庭では、私は、「仮説が失敗だったら、修正すれば良いんだよ」と言っているので、そのメッセージが息子に伝わっているようで嬉しく思いました。

家庭でも、挑戦する人を応援できる雰囲気をつくりたい。

そして、たとえ失敗したとしても、行動した勇気に賞賛を送る人になりたいし、子どももそのように育ってくれたら嬉しい。

私は、そんなふうに思っています。

妻も、私と息子が「夫と子どもで良かった!」と言っていましたので、及第点ということでしょう(笑)。

 

先の見えない未来についていくのは不安と期待が入り混じる

もう1つ、妻について行った私の気持がありました。

それは、妻の「おそらく、この方向に進めば、家族の満足度が最大化するはず」という仮説。

ても、行ったことがない場所ですから、確信はありません。

実現するために行動はしているけれども、本当に実現するまではずっと仮説のままです。

これは、、、私が、会社員として、週末起業家として活動していることとまったく同じです。

「言ってることは理解できるし、応援している。それが実現するすれば、とても嬉しい。」

「でも、、、正直なところ不安はあるし、実現するためにはそれなりの我慢が必要になる。それがどれくらいの我慢をしいられるのか分からない。」

といったような感情です。

私は、「妻が、いつも私に抱いている感情は、きっとこのような感じなのだろう」と感じました。

というより、そのような「ついて行く人の気持」に気づいたのです。

それは、フッと心に浮かび上がってきた不思議な感情でした。

その気持をクリアするには、実績が必要でしょうし、十分な説明も必要だろうし、一緒についてきて欲しいという気持を伝えることも必要ですよね。

そのように、相手の立場になると、相手の気持を理解したような気になりますね。

私にとっては、とても大きな気づき。

2015年の真夏、東京で何万発もあがる花火を見ながら、そのような感情を受け取れた夜でした。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【編集後記】

昨日は、午前中に習慣化コンサルタント古川武士さんの「早起き&高密度化仕事術グループコンサルティング」の2日目に出席。

その後、娘と一緒にランチを食べあとに、スイーツをねだられつつ(笑)、2人の時間を満喫しました。

夕方からは地元の盆踊りに参加。

今年は、唯一踊れる「東京音頭」以外に、「恋するフォーチュンクッキー」も踊れました(笑)。

 

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

「レバレッジ・リーディング」からの12年の自己投資。12年前の心配ごとは覚えていない。

自己投資をはじめて12年が経過しました。 干支を1周したと思うと感慨深いです。   スポンサーリンク   目次1 人生を変えた1冊に出会った12年前2 理想の12年後に今の心配ごと …

人間関係の変化が「お前にできるわけがない」を「自分にもできた」に変える

以前の自分だったら「とてもできない」と思うようなことが、いつしか「できる」ようになる。 これはスキルアップや成長ということのほかに、「人間関係の変化」という環境の影響が大きいものです。   …

脳にあえて不安定を与える。「いつもと異なる行動」の刺激が停滞感を脱するコツ。

停滞感や倦怠期を抜け出すためには、単純かもしれませんが「いつもと異なる行動」をとることをおすすめしています。 小さな変化であっても、脳には刺激があるからです。   スポンサーリンク &nbs …

収入やステータスに「どこでもドア」はない。次元上昇に必要なのは、結局は地道なプロセス。

以前、週末に家族で出かけた際に、マクドナルドに入りました。 普段は積極的にマクドナルドに入ることはないのですが、、、その期間はハッピーセットについてくるおもちゃが「ドラえもん」だったこともあり、久しぶ …

異質感を積極的に取りにいく。ときには自分の立場が「最下位」になる場所へ。

自分がすごしている日常の世界。 意識して余白をつくり、「異質感」を味わっていかないと、自分の伸びしろが足りなくなってしまい世界は広がらないと感じています。   スポンサーリンク   …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。