【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣

RAS(ラス)機能を目標達成に活用する方法。あなたはどれくらい目標を「明確な言葉」にしていますか?

投稿日:

Pocket

「目標設定には明確な言葉が重要」という言葉を聞いたことがあると思います。

私のダイエットがうまくいっていなかった理由が、それに当てはまりました。(^_^;)

 

スポンサーリンク


 

目標を「明確な言葉」にしているかどうか

「行動しているつもりなんだけど、想定とは違った結果になってしまう。。。」

あなたには、そのようなことがないでしょうか。

その状況から抜け出すために気をつけたいのは、「目標を明確な言葉にしているかどうか」ということです。

思考を言葉にする。

つまり言語化は、簡単なように見えて意外と難しいことの1つ。

私も、ブログを5年以上書き続けていますが、いまだに自分が考えていることを言葉にするのはしんどいものですし、ほとんど上達している感覚はありません。。。

何しろ「言葉」を扱うこと自体が簡単なものではなく、たとえば相手と同じ言葉を使っていてもイメージが違っていることがありますし、人それぞれのボキャブラリーのレベルも異なります。

ですから、自分で納得できる言葉で目標設定することが必要なのですね。

「明確な言葉」にすることで、脳が認識できるようになると言われています。

その意味で、自分自身への落とし込みのためにも、「明確な言葉」が必要なのでしょう。

 

明確な言葉があるから行動する気になる

あなたの目標がどれくらいの確率で達成できるか。

その尺度の1つは、「自分が得たい成果を、言葉としてどれくらい明確にしているか」だと思っています。

「目標を言葉として明確にできていない」ということは、「欲しいものがわかっていない」ということでもあるからです。

私の例ですが、先月からのダイエットでなかなか体重が減らず、しんどくなっていました。

それがフルマラソンのレースを走っている際に「身体が重い・・・」と思いながら、「そうだ、目標体重を明確にしていなかった」ということに気づいたのです。

ダイエットの習慣化がうまくいっていなかったのは、目標を明確にしていなかったことが原因。

それを、レース翌日にふり返りをしていて確信しました。

ダイエットのゴールを明確にしていないから、日々の行動について意識が高まらなかったのだと。

実際、「夏までにやせたい」ではなく、「5月のレースまでに6kg体重を減らす」のほうが明確です。

その目標が明確になるからこそ、「では、どうすれば3ヶ月で6kgやせられるか」を考えられます。

そうすれば、「1ヶ月に2kgずつ減らしていこう」ということになり、毎日の食事に気をつけられるようになるわけです。

ビジネスでも、「もっとお金が欲しい」ではなく、「複業で月7万円を得られるようになる」のほうが具体的ですよね。

「仕事を早く終わらせたい」ではなく、「週に3回は定時退社する」という目標のほうがやる気が出るでしょう。

明確な言葉があるからこそ、「行動しよう」という気になるわけです。

 

「明確な言葉」にすることで「RAS」が機能する

「明確な言葉」にするメリットは、ほかにもあります。

それは、脳科学の分野で言われている「RAS(ラスと読みます)」というフィルターがはたらくようになる、というメリットです。

「RAS」とは「reticular activating system」の略で、優秀なナビゲーションシステムのこと。

つまり、あなたが得たい結果を手に入れるために必要な情報を、脳が自動的に集めてきてくれる、ということなのですね。

いわゆる「カラーバス効果」で説明される効果のようなものといえます。

あなたが、「自分はどうしたいのか」「どうなっていたらいいのか」という言葉で明確に決めると、RASの機能がはたらくようになります。

ですから、有効な知識や情報が集まってくるようになり、目標実現に役立つのですね。

私たちは、自分の目標や「こうしたい」という欲求は、なんとなく自分でわかっているような気がしているものではないでしょうか。

ですから、紙に書き出したり、言葉にしなくても大丈夫。

そのように思うかもしれません。

イメージで描くほうが得意な人もいれば、それもいいでしょう。

しかし、それでも「明確な言葉にしてみること」にトライしてみることをおすすめしたいです。

私も、娘と本屋に行ったときに「なんか買ってほしい」と言われるより、「最新号のちゃおが出てた!どうしても続きが読みたいから買ってほしい」と言われたほうが、「そんなに欲しいなら、買ってあげようかな」という風に思います。

それと同じように、反対の立場として、あなたが神様になっていて、誰かの目標を叶える立場になったとしたら、「明確な言葉」になっている目標の人の目標を叶えたくなりませんか?(笑)

ですから、私たちも「夏までにやせられたらいいな」という願望を願うだけではなく、「5月のレースまでに6kg体重を減らす」という明確な言葉を使うようにしましょう。

これだけで、あなたの目標達成率はグッとあがるはずです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社の仕事で渋谷に行きました。

お客様のオフィスが移転されてから初訪問したところ、めちゃめちゃおしゃれになっていてびっくり。

調べたところ、「渋谷ブリッジ」という施設でした。

このような施設ができていたことをまったく知りませんでした。。。

コーチングや習慣化など、自分に興味があるものはアップデートしているんですが(汗)。

いい雰囲気だったので、プライベートでも訪れてみたいですね。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

成長するクライアント、伸び悩むクライアント。明暗を分ける2つの資質とは?

昨日の記事を書いていて、思いついたことがあります。 伸びる人と伸び悩む人の差を分けるものは何?「仮説と検証」を繰り返す習慣を持とう! | 【良習慣の力!】ブログ それは、「成長し続けるクライアントさん …

自分の商品メニューやサービスをつくるコツは、対象者を「過去の自分」に設定してみること。

先日参加したセミナーで、「伊藤さんは、週末起業の1番最初のメニューを、どんな風に考えてつくったんですか?」と質問を受けました。 私は、「過去の自分に向けてつくりました。・・・考えてみると今も同じですね …

親は子どものコーチになろう。考えを受けとめてアドバイスは最小限に。

子育てとコーチングは相性がいいものです。 コーチにも親にも、あまり余計な口出しをせず、相手を信じて見守るスタンスがあるからです。   スポンサーリンク   目次1 息子とゆっくり語 …

自分で描くビジョン。最初は「つくり話」かもしれないけれど、やがてイメージは現実化する。

未来をイメージしてビジョンを描く。 難しい部分もありますが、やはりやっておくことがおすすめです。 口に出し、文字を目にすると、実現の確率が高まるからです。   スポンサーリンク   …

アイスブレイク「イルカの調教」。「フィードバック」の重要性を学べるおすすめのアイスブレイク。

昨日の「習慣化の学校」でおこなったアイスブレイクは「イルカの調教」というワークです。 フィードバックの重要性を学ぶ目的でトライしてみましたが、私の想像以上に盛り上がりました。 このワークのやり方と体験 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら