【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

行動の習慣

やめたい習慣を手放す方法。10年後の「痛み」をイメージすることで「今」の行動を変える動機に変える。

投稿日:

Pocket

やめたい習慣がやめられないのは、「いま目の前の行動」を変えられないからです。

そのような場合は、「10年後の未来」をイメージしてみましょう。

 

スポンサーリンク


 

未来をイメージする際に邪魔になる過去のイメージ

「もっと仕事がうまくいくようになりたい」

「もっとダイエットしたい」

「もっと本を読みたい」

あなたも、そのように考えたことがあるかもしれませんね。

しかし、上記のように強く願ったとしても、自分の心の中で「でも、、、できないかも」という言葉が聞こえてきたことがあるのではないでしょうか。

その声が出てくる理由。

それは、過去の自分から未来をイメージしているからです。

「でも・・・」という声が聞こえてくるときは、現在の自分ではなく、過去の自分のイメージから聞こえているのですね。

それくらい私たちは、過去のイメージに引きづられて、未来を変化させるのが苦手です。

実際、あなたも日常をふり返ってみると、おそろしいくらいに過去からの生活パターンを踏襲しているのではないでしょうか。

ですから、「○○したい」と思っても、なかなか変わることができないのですね。

ただ、それはあなたの意志が弱いからではありません。

ターゲット行動に対する「意味づけ」の問題です。

その行動への意味づけが「快感」なら放っておいてもやるわけですが、続かない行動は、おそらく「痛み」になっているはずです。

そこに気づいて対処していけば、誰でも行動パターンを変えることができます。

 

「問題」をきっかけに変化のきっかけにしていく

何もしていなければ、人はどんどん停滞していきます。

むしろ、前進していこうとしていかない限り、プラスマイナスゼロで現状を維持しているつもりでも、徐々に減退していくのです。

すると、

・仕事の成果がダウンしてきた

・以前よりもだいぶ太ってきた

・周囲の人たちに比べてまったく成長感がない

という現象が現れてきます。

この減退は、毎日少しずつ起きていることなのですが、普段生活しているとその痛みに気づきません。

しかし、あるときその限界ラインを超えてくると、「あ・・・このままだとやばいな」とあせるのですね。

そこであわてて行動すれば、少し状態は改善します。

うまくいけば目標をクリアすることもできるかもしれません。

すると、問題だととらえていた感情は弱くなるでしょう。

そうして、その状態に慣れていくことで、今度はまた古い行動パターンに戻っていくのですね。。。

以前の状態に戻るだけならまだいいのでしょうが、最悪は元より悪くなってしまうかもしれません。

これは、ダイエットのリバウンドをイメージしていただくとかわりやすいと思いますが、せっかくクリアした目標なのに、以前よりも悪くなってしまうのは問題。

「問題」自体は、できれば避けたいことでしょう。

ただ、別の視点から眺めれば問題が起こらなければ、課題を解決するために成長しようと思わないかもしれません。

問題解決をきっかけに、成長するためのモチベーションになることもあるからです。

 

あえて悪い未来をイメージして「今」の行動を変える

この問題に対する「痛みを避ける」という性質を活用して、やめたい習慣を手放せないでしょうか考えてみましょう。

やめたい行動のあとは、「痛み」に意識を向けるのがポイントです。

そして、「どのような点が悪かったのか」ということを考えてみることです。

・やめたい行動を続けてしまったら、1年後、どうなってしまうだろうか?そのとき、自分のことをどう思っているだろうか?

・やめたい行動を続けてしまったら、3年後、どうなってしまうだろうか?そのとき、自分のことをどう思っているだろうか?

・やめたい行動を続けてしまったら、10年後、どうなってしまうだろうか?そのとき、自分のことをどう思っているだろうか?

人は、目の前の痛みはイメージしづらいものです。

たとえば、ダイエット。

日々のごはんを大盛りにし続けていても、3ヶ月後に体重が10kg増えることはありません。

しかし、それを10年続ければ、かなり体重が10kg増えている可能性はあるでしょう。

肥満になるだけではなく、病気などにつながってしまうかもしれません。

それをイメージできれば、「ごはんを大盛りにするのはやめよう」という意識がはたらきやすくなるはずです。

その違いを決定するのは、いつの行動なのか。

それは「今の行動」だということに気づくのですね。

つまり、「なりたい自分」になるための小さな1歩は、「今このとき」の行動を変えることです。

そのようにして未来をイメージすることで、私たちは「今」を変えることができるのです。

未来をイメージして小さな1歩を変えることで、慣性の法則がはたらいていくでしょう。

そのようにして、あなたの人生はどんどん変わっていくはずです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、土曜日は、午前中にコーチングセッションを2件。

継続クライアントさんからの「こういうとき、伊藤さんはどうしていますか?これについてどう考えていますか?」という質問に答えていました。

質問に答えられるように自分で経験しておくことや、自分なりの考えを持っておくことって大事なんですよね。

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-行動の習慣

執筆者:

関連記事

「ささやかな習慣」の積み重ねであっても、「人生が変わった!」という感覚を味わえる。

地味なアクションに見える「ささやかな習慣」。 誰にでもできるような小さな行動であっても、継続することで「人生が変わる」という感覚を得られるものだと考えています。   スポンサーリンク &nb …

行動力がある人の「行動を仕分けする習慣」

行動力がある人は、行動の仕分けをしています。 そうして「未来につながる行動」に集中しているのです。   目次1 行動力がある人は何をしているのか?2 「未来につながらない行動」と「未来につな …

正解を求めて完ぺきを待ってはいけない。自分の生き方を◯×で決めないようにしよう。

テストで98点や95点だと「100点じゃなかった」「どこを間違えたんだろう」ということで間違いに目が行きがちです。 しかし、正解ばかりを求めすぎると自分の可能性を狭めてしまいます。   スポ …

「量質転化の法則」は上達の鍵。大量行動で正解に近づこう。

失敗すると、成功から離れていくようなイメージがありませんか? でも本当は、失敗するほど正解に近づくものなのです。   目次1 上達のためには「量」と「質」のどちらを重視するべきか?2 現状に …

「The Daily Five(デイリーファイブ)」で1日に5つのタスクに挑む習慣

「自分の実験のプロセスをブログにもっと書いたほうがいいのではないか?」 内省をしていて、そんな問いがふってきました。 その気づきを実験してみます。 今月は「The Daily Five(デイリーファイ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。