【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づきの習慣

収入やステータスに「どこでもドア」はない。次元上昇に必要なのは、結局は地道なプロセス。

投稿日:

Pocket

以前、週末に家族で出かけた際に、マクドナルドに入りました。

普段は積極的にマクドナルドに入ることはないのですが、、、その期間はハッピーセットについてくるおもちゃが「ドラえもん」だったこともあり、久しぶりに食事をすることにしたのです。

そこで、ふと「突然の成功」について考える機会がありました。

 

スポンサーリンク


 

ドラえもんの便利なひみつ道具「どこでもドア」

マクドナルドで、娘のハッピーセットについてきたおもちゃは「どこでもドア」でした。

どこでもドアで遊ぶ娘を見ながら、妻に「どこでもドアがあったらいいよね。デュアルライフも簡単にできるし、世界中の世界遺産めぐりが、すぐに終わりそうだよね。(笑)」と話していました。

どこでもドア。

どこでもドアは、ご存じのとおり場所や空間を一瞬にして移動するドラえもんのひみつ道具です。

現実にあったら、ものすごく重宝するでしょうね。

望んでいる場所まで、一瞬に行けるのですから。

 

突然のゴール達成にはプロセスが抜け落ちている

そのようなことを思っていたら、突然私に質問がふってきました。

「これが場所や空間ではなく、収入やステータスだとしたらどうなるだろうか?」と。

どこでもドアは、未来のみひつ道具なので現在には存在しません。

しかし、収入やステータスには「次元上昇」があるのですよね。

わかりやすいのは宝くじです。

くじを買っただけで何億円も当たったら、一時的に次元上昇するでしょう。

しかし、マネーリテラシーがなければ、長くは続きません。

宝くじの当選者が、長期的には破産してしまう傾向にあるのは、この「突然の成功」が原因です。

お金を扱う知識がないのに多くのお金を得ても、支出の管理ができないのでコントロール不能におちいるのです。

また、ステータスでいえば、商業出版でしょうか。

紙の本で商業出版を達成すれば、「出版は個人のIPO」と言わていますから、これも次元上昇にあたると考えています。

ただ、出版によって多くの人の目にふれるようになると、著者としてのふるまいが求められるでしょう。

私にとっては、お金が増えるのも、ステータスアップも、どちらも魅力的です。

しかし、本当に宝くじがあたったり、いきなり明日出版が決まったとしたら幸福になれるかというと、「ちょっと待って・・・」となると思います。

なぜかといえば、その次元上昇の結果には、大事なもの抜け落ちているからです。

それは、「プロセス」ですよね。

理想の収入を得ている人は、理想の収入を得られるだけの人格を持っているし、多くの人びとに貢献しています。

何冊も出版をしている人は、毎日文章を書き、新しいネタを見つけ、自分独自の視点で物事をとらえるトレーニングをしているのです。

つまり、ゴールに到達する際に、必ず通るべき道があるのです。

そのようなプロセス無しに、いきなりゴールにたどり着いても、おそらく達成感は小さいのではないでしょうか?

 

常にプロセスを味わい尽くしていこう

以前の私は「死ぬまでに一度はフルマラソンを完走してみたい」という目標がありました。

念願のフルマラソンを走りだそうとしたその瞬間、スタート地点でどこでもドアを使って、いきなりゴールしたとしたらどうでしょう。

きっと、なんの感動もないと想像します。

プロセスに工夫や改善の積み重ねがないからです。

そうなると、「死ぬまでにフルマラソンを走りたい」とさえ思わないですよね。

また、私がいきなり国際コーチ連盟のマスターコーチになったとします。

そうして、後輩のルーキーコーチに、「伊藤さんは、どのくらいセッションを重ねた段階から、コーチングの上達を実感されましたか?」と聞かれたとします。

その質問に、、、返答できません、絶対に。

セッションを重ねてトレーニングしてきたわけではないので、上達のプロセスがわからないのですよね。

大事なプロセスを経ていないわけですから、

・言語化できない
・教えることはできない
・伝えることもできない

ということです。

これらのことができなければ、擬音などで「やっぱり、ビシッと質問して、バシッと決まった瞬間だよね」みたいなアドバイスしかできないはずです。(笑)

以前、イチロー選手が、「僕は天才ではありません。なぜかというと自分が、どうしてヒットを打てるかを説明できるからです。」という名言を話されていましたが、それと真逆でしょう。

ですから、今の私たちが積み上げている行動は、通るべき大事なプロセスなのですよね。

もちろん、行動を積み上げて、努力を続けていたとしても、必ずしも報われるか、といえば、100%ではないのが現実でしょう。

本当は、「努力すれば必ず大丈夫です」と言いたいのですが、、、それは自分の強みや才能が備わっていて、ある程度向いている分野での話だと思います。

とはいえ、当然楽しいことばかりではないこともありますし、プロセスの中にいるときは厳しいです。

ただ、それも含めて、「ゴールに到達するに値する人物」になるトレーニングなのだと思います。

ですから、苦しい時期は、将来ゴールにたどりくまでのプロセスであり、それをこそ味わいつくしたいと考えたいのです。

・・・娘のどこでもドアから、そんなことを考えてしまいました。(笑)

さて、あなたは、プロセスをどんなふうにとらえていますか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

今日の記事のネタは、習慣化チームの友人の投稿からも気づきを得ています。

自分の体験と気づきが化学反応を起こすみたいにつながると、論理や構成を無視して書きなぐってしまいます。(^_^;)

書き手はフローに入って時間を忘れるくらいに楽しいですが、読み手を置いていく心配があるんですよね。。。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

結局、早起きが習慣化できる人は「強い目的」を持っている

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 早起きって、やっぱり「目的設定」が大切です。 今日はそのようなことを改めて感じました。   &n …

努力できる環境に感謝する

■イケダハヤトさんの記事に衝撃   イケダハヤトさんが書かれた二つの記事を読みました。   ※ご参考 ■10月12日付け 「努力できる」あなたは、とっても恵まれているんですよ ■1 …

履歴書や職務経歴書にのらない仕事でも、成功したプロジェクトにかかわった自分に自信を持とう。

サポートタイプで支援する役割の人は、派手な見せ場がありません。 ただ、「縁の下の力持」でも、自信を持っていいのではないでしょうか。   スポンサーリンク   目次1 履歴書や蜀経歴 …

「計画」という成果物よりも、「計画を考えるプロセスそのもの」の方が大切

「計画をたてたら、その計画通りに進めなければならない」という考えがあります。 それは本当でしょうか?   目次1 「成功する計画を立てないということは、失敗を計画したということだ」2 「計画 …

最高の良習慣を考えることはオールスター選出と同じである

「自分がなり得る最高の自分になる」ためには、どうすればいいのでしょうか。 プロ野球のオールスターチーム選出のテレビ番組から、その問いに対する「気づき」があったので、記事にしてみました。 あなたの良習慣 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。