【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

「事実」と「感情」の間にあるものって何だか分かりますか?

投稿日:

Pocket

最近、失敗を活かす気持で行動量を増やしていこうとしています。

上手くいかないことの方が多いのですが、それはどこまでいっても

【自分の思い込みが中心にある】

のだと考えているからです。

 

(ここから有料メルマガのご紹介です)
————————————————————

「早起き」メルマガ(有料)連載中です!

登録はこちらから!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

————————————————————
(有料メルマガのご紹介はここまでです。)

 

受け止め方の違い

たとえば、、、

ぼくの習慣化のお師匠は、若き日に(今も若いですが・笑)参加者1名のセミナーを開催したそうです。

詳しいことは聞けなかったのですが、おそらく収益がでるはずだった最小開催人数を割ってしまったはずです。

「3人分のお申し込みがあったのに、2名が当日キャンセルになってしまった」といった事情かもしれません。

普通は、へこみますよね。(^_^;)

でも、古川さんは言いました。

「マンツーマンだったので、ほとんど個別コンサルティング状態でした。(笑)」

「でも、そのおかげで参加者の満足度は高かったんですよ。」

と。

サラッと笑顔でネタにされていました。

ぼくには、このさりげなくネタにする感じが良かったのですよね。

お師匠にもそのような時代があったのだと、嬉しくもなりましたし。(笑)

同時に、

「ぼくだったら、こんな風に考えることができるのか、、、」

とも考えてしまいました。

 

「転勤」することになったら?

やはり、事実はひとつでも、自分のビリーフによって、受け止め方が変わるのですね。

ここで、習慣化セミナーでも出た質問をシェアいたしましょう。

たとえば、あなたに

「転勤」

の話が出たとします。

ちょっとイメージしてみてくださいね。

・・・。

 

さて。

「転勤」という話を聞いたとき、あなたはどう感じましたか?

セミナーでは、ぼくがどのように感じたか最初に尋ねられました。

正直なところ、ぼくは転勤の話を聞いて、

「なんだか楽しそう!」

と感じました。

0.1秒で思いついたことなので、直感でしょう。

ぼくは家族と一緒に新しい土地に行き、さまざまな新しい人や物事に楽しく触れて成長しているイメージが湧きました。

自然に。

 

でも、他の受講者の方は、

「転勤は嫌だ」

という回答が多かったのです。

 

a0002_005814

 

理由は、

▼今の職場環境が好きだから

とか、

▼友人と離れたくない

とか、

▼引越が面倒くさい

といったものでした。

いかがでしょうか?

そうなのです。

「転勤」というひとつの事象に対して、人によって物事に対する受け止め方が変わるのですよね。

要は、

(1)ひとつの事象

を起点に、

(2)自分のビリーフ(思い込み)

を通過して初めて、

(3)感情(プラスまたはマイナス)に変わる

わけです。

これは世の中の心理学が、どれも同じことを言っていることだそうです。

 

すべてはビリーフ

ということは。。。

つまり、真ん中の

(2)自分のビリーフ

がすべてを握っているのですよね。

たとえば、

「セミナーが1人しか来ない」

という事象があったとします。

そのとき、

「良質なセミナーは参加者がたくさんいる」

というビリーフを持っていたら、あなたは、

「なんて格好悪いことをしてしまったんだろう。自分のセミナーは面白くないのだ」

と考えて落ち込んでしまうかもしれません。

でも、ぼくのお師匠のように、

「少人数のセミナーは高い価値を提供できる」

というビリーフを持っていればどうでしょうか。

少人数のセミナーでも、価値提供が大切だという解釈に変わると思えるようになってきませんか?

むしろ、少人数で個別具体的な問題解決をしていこう、くらいまで考え方が変わってくるでしょう。

少なくとも、ぼくはそのような考え方を学んでから行動するようになりました。(友人たちに比べるとまだまだですが・汗)

大量行動ができる人は、自然とこのような思考のメカニズムを持っているんですよね。

でも、解釈を変えるスキルを学べは、ある程度までは意識的に改善できるようです。

ぼくはそのようなことを学び、実践、実践の毎日です。

このブログも、自分を実験台にした行動テストの一環ですしね。

 

ということで、

【ビリーフを書き換える】

トレーニングを続けていきましょう。

もちろん、簡単なことではありません。

常にパラダイムシフトを求める体質になります。(笑)

でも、「変われる人」はビリーフを書き換えていると思いませんか?

だからこそ、ぼくは実行する価値があると考えています!

 

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の良習慣】
自分が持っているマイナスのビリーフをプラスのビリーフに書き換え続けるスキルを学ぶ

 

お問い合わせ・ご感想・激励(笑)は下記まで!( ↓ )

ryoushuukan@gmail.com

 


-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

頭、心、身体がスッキリ!早朝の旅ランを楽しんでみませんか?

早起きして、旅先で走ってみるのはいかがですか? 朝早く走る「旅ラン」は、とてもお勧めの習慣です。 今回は早起き情報の番外編として「早朝の旅ランのススメ」を記事にしました。     …

「ひとりの時間」に何をしていますか?あなたのセルフマネジメントを輝かせる習慣。

習慣化や目標達成では、「ひとりの時間」に何をしているかが、成果を決めると考えています。 そうは言っても、「ひとりの時間」をセルフマネジメントするのは簡単ではありません。 では、「ひとりの時間」を輝かせ …

月間集中タイムの習慣。超集中する時間をつくるための3つの工夫

人生を変えるためには行動が必須です。 ただし、考えるという行為も欠かせないものです。 意図して考える時間を確保する習慣をおすすめしています。   目次1 「良習慣塾」メンバーと「月間集中タイ …

人脈をひろげる習慣。1人ではできないことも、師匠や仲間たちとの力で達成できる。

「伊藤さんのセミナーを、僕のFacebookでご紹介してもいいですか?」 今日、友人のコーチから嬉しいメッセージが届きました。 「友人や仲間って、本当にありがたいな。」と思いました。 やはり、人とのつ …

習慣化の先にある目的は「習慣の基準を上げること」

習慣は大事ですが、ただぼんやり続けているだけでは日常は変わりません。 私たちが意識しておきたいのは「習慣の基準を上げること」です。   目次1 「私たちは誰もが成功者である」という言葉の意味 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。