【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

読書の習慣

初体験でおもしろかった。多人数で「読書会&目標設定会」をおこなう3つのメリット。

投稿日:2016/12/22

Pocket

読書会と目標設定をおこなう会。

それぞれ別におこなうものかもしれませんが、組み合わせるとよりパワフルです。

 

スポンサーリンク

 

習慣化専門学校の読書会に参加

昨日は、習慣化専門学校の仲間が開催した読書会に参加しました。

テーマは2017年の目標設定。

各自が1年間の大テーマを考えて参加しました。

今回は、読書会主催者のYさんが、いろいろなしかけを考えてくれていたので、とても楽しめました。

Yさんは「READ FOR ACTION」のリーディング・ファシリテーターでもあり、「読書のあとに行動すること」を意識されているので、アウトプットまで導線がはってあるので良いのですよね。

 

今回の読書会の3つのポイント

今回の読書会のポイントは大きく3つありました。

 

1:マンダラチャートを使う

私が認定を持っている「行動習慣ナビゲーター」でも使用しているのですが、マンダラチャートを使って目標設定をしました。

これを使うと、仕事だけとか、プライベートだけよければよい、といったかたよりがなくならず、全方位的に目標を考えられます。

まさにホリスティック・アプローチ。

バランスを考えた目標設定となります。

すべて埋めると64個のタスクができあがります。

すべては目標につながっているので無駄がありません。

また、箇条書きでは出てこない視点もあります。

日ハムの大谷選手が高校生時代におこなったものが有名ですよね。

 

2:達成のプロセスと壁の乗り越えかたを本から学ぶ

今回の読書会の選書は「やってのける」という本でした。

・そもそも目標とはどういったものか?
・正しい目標設定の方法とは?
・つまづいたときにどうやって壁をのりこえるのか?

といった内容が書いてあるのですが、まさに今回の読書会のテーマにばっちりはまっていました。

テーマ設定と選書してくださった主催者のYさんのセンスを感じました。

このような偶発的なであいも、多人数の読書会のおもしろさでしょう。

 

3:写真のイメージから発想を広げる

読書会主催者のYさんは、「Points of You(ポインツ・オブ・ユー)」というカードゲームのエバンジェリストでもあります。

任意のカードをひいて、その写真からイメージするアイデアやヒントを行動に活かすのですね。

自分の内面を知る手がかりにもなり、興味深いものでした。

多方面からアプローチすると、さらに深い気づきがえられます。

 

以上のようなポイントがありました。

 

多人数で目標設定をおこなう3つのメリット

今回、6人という多人数で目標設定をおこないました。

これは私にとってはじめての経験でした。

これまでは1人、もしくはマイコーチとの目標設定だったからです。

これが、メリットが大きかったのです。

そのメリットを3つにまとめてみました。

 

1:タイムプレッシャーがある

ワークや個人の発表では、常にタイマーをセットしています。

「1人3分でシェアしてください」という感じで、これが良いのです。

完ぺきにはできないので、最善主義にならざるをえません。

結果として、自分の意見を発表するときは大事なポイントや結論から話すようになります。

時間制限がないとだらだらしてしまうのですよね。

 

2:ほかの人の視点から新たな気づきを得られる

ほかの人の発表をきいていると、「あっ、なるほど!」という視点に気づきます。

1人でやっているとこれがないのです。

「創発」という言葉がありますが、まさにそのような感覚です。

とくに、自分ではあまりにも当たり前になっているけれど重要なことは忘れがちです。

そのような目標こそ、あらためて言語化しておきましょう。

 

3:人に伝えるトレーニングになる

人に伝えるには、言語化しないといけません。

また、ポイントがいくつあるのか、何を一番伝えたいのか、といったことを考える必要があります。

これは、プレゼンの良いトレーニングになるのです。

会議での発言やブログにも有効です。

これも、1人だとトレーニングが難しいことの1つですよね。

 

今回の読書会がじつに楽しかったので、来年は習慣化専門学校の仲間と新年会で目標の発表と共有をおこなう予定です。

目標というのは、日々ブラッシュアップしていくことも大事ですよね。

自分の目標がさらに大きくなること、そして仲間の前で発表することによりあとにひけなくなる。

そんな高価があります

うん、楽しみですね。(^_^)

ひとりで目標設定がうまくいかないかた、なかなか目標設定の時間がとれないかたは、複数人で目標設定をおこなう強制的な場に参加するか、自分で開催してみてはいかがでしょうか。

かなり、強制力があって楽しいです。

私のように腰が重い人には・・・ぜひおすすめです。(笑)

ちなみに今回の選書はこちらです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

今回の読書会はある意味で知的なスポーツのようでした(笑)。

これらのプログラムを2時間・6人でおこなうのは相当にハイスピードだったからです。

ただ、今回に関してはいえば、その疾走感もたまりませんでした。

個人的には、時間内にたくさんのタスクをこなす「てんこ盛り感」は好きなのです。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-読書の習慣

執筆者:

関連記事

ぶ厚い本は「なじみ」をつくる。「じっくり1回」より、「さらっと3回」読んでみよう。

「これは自分の人生を変えてくれる本かもしれない。よし!じっくり読もう!」 ・・・と思った本ほど、積ん読になることってありませんか? はい、私の事例です(笑)。 今回は、その課題を克服した経験を記事にし …

意図的な混乱をつくり思考の枠を広げていこう

気づかないうちにせまくなってくるものに「自分の思考の枠」があります。 意図的に自分の思考の枠を広げる機会をつくりましょう。   目次1 オンライン読書会に参加2 混乱は成長のはじまり3 思考 …

その本から本当に得たいものは何?読書の前に自問して目的設定をしよう。

レバレッジリーディングでも、フォトリーディングでも、本を読む前に「その本を読む目的を設定する」ことを推奨されています。 ただ、意外と忘れがちなので、本を読む前に自問することがおすすめです。 &nbsp …

「最小限主義。」に学ぶ。モノでは自分のアイデンティティーはつくれない。

ミニマリズムについて考え続けて、一番良かったこと。 それは、「何でもない自分」に気づけたことだ。 (P57) 私の2月の習慣化チャレンジは、「ミニマリストを目指すための15分片づけ」です。 今のところ …

「君に友だちはいらない」。自分の人生を変えたいなら、「ビジョン」と「ストーリー」を語ることが重要。

2月の習慣化テーマのため、「ミニマリスト」を目指して断捨離しています。 私にとって、処分に一番悩むのは本です。 しかも、スペースをとる分厚い本は、手放したくなります。(^_^;) そのため、読まずに処 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。