【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

天職の習慣

自分の「弱み」を「強み」に変える。環境やとらえ方次第で自分の才能を活かす。

投稿日:2019/01/04

Pocket

やりたい仕事や天職を考えると、つきまとうキーワードは「強み」や「才能」という言葉です。

ただ、「強み」も「弱み」も変化し続けるものです。

 

スポンサーリンク


 

営業マンとして「口数が少ない」のは致命的な「弱み」

あなたには、自分に自信がないと思うことはあるでしょうか?

もしくは、弱みや欠点、短所だと思っていることはあるでしょうか?

そのように聞いたら、おそらく「誰にでもある」ということになりそうです。

ただ、やはりそれもとらえ方次第で、弱みも強みにとらえ直すことができるものだと思っています。

これは、コーチングで対人援助の仕事をするようになってから、じつによく感じるのですよね。

クライアントさんご自身は「強みがありません」と言われるのですが、じっくり話を聞くと、「え・・・それ十分すごいことなんですけど」ということがよくあるからです。

たとえば、私は会社で営業職を10年以上やっていますが、営業の仕事をしはじめたばかりの頃は、本当に売上がたちませんでした。

悲しいくらいに。

その理由は、私の口数が少ないことが原因だと思っていたのです。

実際、「営業なのに、口数が少ないから売れないのかな」と常に自分を責めるような感覚がありました。

私がイメージする敏腕営業マンは、口八丁手八丁のような感じでマシンガントークを披露し、お客さまを翻弄するような形でセールスできるようなタイプの人だったからです。

今から考えると、あまりに一面的な見方ですが(笑)、本当にそうイメージしていたのですね。

 

自分の「弱み」は状況によっても「強み」に変わる

しかし、3年くらいたった頃から、徐々にご紹介の案件が増えてきました。

また、不定期でお仕事をいただくお客さまからも、「今年もお願いします」という感じで、信頼感からご発注をいただけることも出てくるようになりました。

結果、会社の中で顧客数がトップになったのですね。

時間はかかったのですが、ひと安心したものです。

そのとき、あるお客さまから「伊藤さんは余計なことを言わないし、聞き上手だから話やすいんですよね」というニュアンスのことを言われたのです。

ベラベラと話してお客さまの時間を奪うよりも、お客さまの話を丁寧に聞くほうが、私の営業スタイルにフィットしていたということでしょう。

私が「口数が少ない」と思っていた「弱み」は、あるお客さまたちにとっては、「強み」になっていたのです。

もう1つ別の話があります。

私は自分からどんどん主張していくタイプではなく、相手からの言動や行動にリアクションする傾向があります(・・・といいつつ突発に弱い面もあるのですが・笑)。

これも、私の中では弱みだと感じていました。

これからの時代、自分からどんどん情報を発信していかなければ尖ることができないだろうと思っていたからです、

しかし、コーチングや習慣化コミュニティーのサポート役を担当するようになり、相手の言動や行動に対してフィードバックすることが得意だということがわかりました。

要は、ある程度のレベルの言動であれば、それなりにリアクションできる柔軟性があることに気づいたのですね。

習慣化コミュニティーでは、すべての投稿に対してコメントしていた私に対して、「どんなコメントにも対応している伊藤さんはすごいですね」と言われたことがあり、そのことがわかりました。

要は、立場を変えたからこそ、弱みだと思っていたことが強みに変えることができたのです。

 

自分の強みや才能を発揮できる場所を探す・つくる

よく、私たちは自分の限界を考えたり、あきらめたりするときに「才能」という言葉を使うことがあるのではないでしょうか。

すごい成果を出している人を見ては、「あの人は才能があるから」「自分には才能がないから」というように自分に言い聞かせるのです。

しかし、実際には才能がないのではなく、自分の強みを発揮できる場所を探せていないだけなのではないかと思います。

もしも、あなたが「自分の強みが活かされていない」と感じているなら、自分の弱みや欠点、短所などを欲している場所がないか探してみましょう。

もしくは、自分の強みが発揮されるほど磨いていないのかもしれません。

たしかに、自分が持って生まれた強みや才能がどのようなものか、特定するのは簡単ではありません。

同じように、その強みや才能が発揮できる場所を見つけることも簡単ではないかもしれません。

でも、探し続ける価値はあることだと思います。

そのような場所がどうしても見つけられなければ、自分がブログやメルマガなどで情報発信をすることで、強みを発揮するスペースをつくることだってできるはずです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、体調が万全ではなかった妻が復活したことと、ブログ2,000記事のお祝いを兼ねて家族4人で焼肉屋へ。

焼肉屋で話が盛り上がり、伊藤家4人で「格付けチェック」をやることにしました(笑)。

ウーロン茶、バニラアイス、チョコパイ、板チョコなどを味比べ。

思いつきの遊びでしたが、想像以上におもしろかったです。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-天職の習慣

執筆者:

関連記事

「やりたいこと」は才能の種。あなたには欲求の数だけ可能性がある。

誰にでも、眠っている才能があると考えています。 ただし、そこに到達するためには、自分の欲求にしたがって、あきらめずに行動することが不可欠です。   スポンサーリンク   目次1 娘 …

自分の軸を知るために、ほかの人の意見に素直に耳を傾けたほうが良い理由。

「他人の意見に流されたり、他人のアドバイスにしたがってばかりだと、自分の軸が定まらないですよ。」 ・・・というのは、一見すると説得力がありそうです。 ただ、自分の軸に気づくためには、むしろ積極的にほか …

「目的」と「目標」。天職を見つけるためには、どちらが大事だと思いますか?

「目的」と「目標」。 似ている言葉ですし、共通している意味もありますが、私は区別して使うようにしています。   スポンサーリンク   目次1 「目的」と「目標」の関係性とは?2 目 …

明確な目標を設定することの重要性。目標がアイデアを生み、行動を促進する。

月間100kmランニングの目標、なんとかクリアしました。 最後はちょっと無理がありましたが、「こじつけ力」や「帳尻合わせ力」が生まれることも、「目標を設定したから」です。   スポンサーリン …

自分の価値観はどのようにしてつくられたのか?「過去の体験ベスト10」を思い出してみよう。

自分はどのような価値観を持ち、どのようなことに熱中するものなのか。 それを知るためのカギは、過去のインパクトある体験を思い出すことです。   スポンサーリンク   目次1 自分の内 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。