【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

片づけの習慣 良習慣の習慣

なぜか集中できないときがありませんか?そんなときは未完了タスクの量をチェックしてみましょう。

投稿日:2017/12/28

Pocket

未完了や先のばしは行動を鈍らせる大敵ですよね。

さっと書き出して、やっつけていきましょう。

 

スポンサーリンク


 

集中できないのはなぜか?

目の前のタスクに集中したいのに、

・どうも集中できない
・なんとなくやることがはかどらない
・なんだかモヤモヤする

と感じることはありませんか?

年内にやっておきたいことや年始に向けたプロジェクトの準備が増えてきて、そのような状態になっている人も多いのではないかと思います。

・・・はい、私です。(笑)

そのようなとき、あなたはどうしていますか?

私の場合は、気がかりを書き出して「未完了リスト」をつくります。

これは、以前、マイコーチから教えてもらった方法です。

たとえば、

・Googleカレンダーに入れほどのことではないこと
・確実にやらなければいけないものではないけれど心に引っかかっているようなこと
・やろうやろうと思いながら先のばしにしていること

といったような小さなタスクをリストアップするのです。

たとえば、今回私があげたのは、

・「やりたいことリスト100」の残り2つのこと
・クライアントさんへ送るワークの資料確認
・会社のデスクの上の書類整理
・経費精算
・友人へのメッセンジャーへの返信
・洗面台のそうじ

などです。

どれも「緊急かつ重要なこと」ではありません。

1つひとつは小さいものですから。

ただ、そんな風に油断していると、「究極の先のばし魔」の私の本性があらわれてくるのですね。(^_^;)

 

未完了タスクが引き起こす影響

自分でコーチングを学んだときに「小さな未完了は、意外に大きなエネルギーを奪っている」ということを教えてもらいました。

たしかに、ささいな未完了タスクがエネルギーを奪うという経験がありますし、あなたにもあるのではないでしょうか。

それを放っておくと、「集中しよう!」というときに、その妨げになるのです。

イメージとしては、虫歯が痛むようなはっきりした痛みではなく、

・蚊にさされたところがずっとかゆいな・・・
・ちょっと肩がこってるような気がする、、、
・小骨が喉のところにひっかかってるな。。。

みたいな感覚です。

それが気になってしまって、なんとなく集中できない。

身が入らない、ということです。

少し話は変わりますが、私はブログやメルマガ以外にも、クライアントさんや習慣化コミュニティーへのフォローコメントを書きます。

その文面を考えるのは、本を読んでいるときや、通勤中に歩いているときなどです。

これをうまくやっておけると、いざiPhoneやPCを開いたときに、スムーズに文章が流れていきます。

とくにブログは「この結論で、こういう構成にしよう」というところが決まると、スッと書き始めることができるのです。

 

頭の中を書き出すことをファーストステップにする

集中して書く以外の時間は、陸上でいえば走り幅跳びの助走のようなもの。

より長い距離を飛ぶために、いかにうまく助走をつけるか、ということが大事なのです。

それと同じように、何かに集中するためには、その前の時間をいかにうまく活用するか。

そこに意識を向けるら必要があると思っています。

このとき、未完了のタスクがあまりにたくさんあると、重要ではないことに気を取られてしまいます。

大切なことに使うべき思考のエネルギーが、小さな未完了タスクたちに分散されてしまうのですね。

そうならないためにも、小さな未完了はきっちり片づけておけるといいのですよね。

そう書くと、「またタスクが増えてしまう」と思われるかもしれませんね。

ただ、未完了タスクは、第1段階としてまずは書き出すだけでもいいのです。

それだけでもすっきりするものですし、意識が解決に向かっていくからです。

実際に書き出してみると、

・以前書いたメモ書きが活用できるかも
・あの体験がテーマに紐づけられそうだ
・あの人に頼ってみよう

などといった解決方法が思いつくのです。

そうして未完了を完了すると、小さな未完了が積み重なると、エネルギーを大きく消耗していたことに気づくのです。

未完了タスクのリストは1度すっきりしても、またいつのまにかたまってくるでしょう。

でも、そのたびに「未完了リスト」をつくって、書き出してみれば大丈夫です。

「なんだか目の前のことに集中できない」と感じたときは、自分がいつのまにか背負っている未完了タスクを片づけるタイミングなのかもしれませんね。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、ランチタイムにコーチングセッションを1件。

夜は会社の忘年会でした。

関連会社の社長と隣になることができ、話を聞いていたら、思わず「社長のどんな欲求が、そこまでの行動をかりたてるのですか?」と質問してしまいました。(^_^;)

社長が、シーン・・・となったので「やばい!立ち入った質問をしてしまった(汗)」とあせったら、その後にドバーッと話をしてくれました。

いい質問だったみたいです。(笑)

【募集中】
1月11日(木)19:30〜21:30 「やりたいことリスト100」セミナー 〜やりたいことで満たされる毎日をつくる〜

1月18日 19:30〜21:30 毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

1月25日 19:30〜21:30 もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-片づけの習慣, 良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

「あの人のことを許せない!」そんな状況で試したい「REACH」という「許容のテクニック」!

目次1 自分以外の人に思いやりを持つ・許容する2 「REACH」とは?3 「REACH」の内容は?4 具体例は? 自分以外の人に思いやりを持つ・許容する 「人生成功の8つの習慣」セミナーで学んだ「自分 …

河合隼雄さんに学ぶ。「聞くことに徹する」姿勢を重視して具体性を引き出す!

  こんにちは、伊藤です。 聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書) posted with ヨメレバ 阿川 佐和子 文藝春秋 2012-01 Amazon Kindle 本日で「聞く力 …

習慣化のコツ。自分を動かすための環境づくりに力を注ぐ。

続ける能力がないわけではないのに、継続できない人を見かけます。 その原因は、意志力の強さや根性ではなく、「環境づくり」がうまくできていないだけ、だということがあります。   ■スポンサーリン …

習慣化の「天使と悪魔」。心の天秤を悪魔に勝たせないための作戦は?

正負の比較で出てくる「天使と悪魔」。 「天使と悪魔」は、習慣化の心理バランスにも共通するものがあります。   スポンサーリンク   目次1 「心の天秤」のバランスが崩れる2 習慣化 …

大事な本題があるときほど、まずは「チェックイン」からスタートしましょう!

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 本日は、ぼくが参加している勉強会で上司学コンサルタントの嶋津良智さんに聞いた 「コミュニケーションをスムー …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。