【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考の習慣

迷うのは選択肢を手放せないから。集中するために決断する。

投稿日:

Pocket




興味ある分野の学びを増やしていくことや何を学んでいくのか考えるのは楽しいものです。

でも、その一方で、深めていくことを決断しなければ選択に集中できず、いつまでたっても成果につながらないのではないでしょうか。

 

決められない人は、手放せない人

1Dayのセミナーに参加していると、お昼休憩で外にランチに行くことがあります。

「習慣化の学校」でも1日集中セミナーが毎月あって、以前のセミナールーム場所の近くでは、ランチの選択肢がほとんどありませんでした(日曜定休のお店が多い場所だったので)。

選択肢としては、3つくらいあるお店の中から1つを選ぶだけでした。

ですから、「もうちょっと選択肢があるといいよね」と話していたんですよね。

一方で、今年開催している「習慣化の学校」は人数が増えたため、セミナールームの場所が変わりました。

すると、近くに飲食店がたくさんあるのですね。。

ファストフード、カフェ、ファミレス、和食、洋食、中華、ラーメン屋など、充実しています。

すると何が起こるか。

今度はお店を選ぶまでに時間がかかるんです。

私たちは「たくさんの選択肢があると迷うよね」となるわけです。

うーん、やはり人間は勝手なものですね(笑)。

実際、選択肢が多すぎると「あれも、これも」となってしまい、決断できなくなるものです。

では、なぜ選択ができないのかというと、それは

・選択肢を持っているという自由を手放したくないから

だと思っています。

反対に言えば、

・決められない=手放せない

ということなんですね。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





行動力不足をスキル不足にすり替えない

コーチングスクールを卒業してから、プロコーチの活動をスタートしたとき、迷ったことがありました。

それは、

・次はどんなスキルを身につけていけばいいのか?

ということです。

コーチングと相性のいい学びはたくさんあります。

・NLP(神経言語プログラミング)トレーナー

・心理カウンセラー

・メンタルケア心理士

・産業カウンセラー

など、コーチングスキルにプラスしていくことで、「より質の高いコーチングセッションができるようになるだろう」というような気がしていました。

何より、自分が興味のある分野について新しいことを学んでいくというのは、単純におもしろいものです。

知識も増えて、自分が優秀になったような感覚さえあります。

ですから、学び中毒やインプットメタボになってしまうんですよね。

それに、さまざまな学びがあると選択の自由があるので、選択肢を手放さなくてすみます。

ただ、これは選択肢をしぼりこめず、決断を先のばしにしている状態だったのです。

しかし、あるセミナーを受講しているときに、講師の方のひと言で目が覚めました。

「自分の行動力が足りないことを、スキル不足のせいにしてはだめ。私は投資したリターンを実感できるまで、次の学びに投資しないことにしています」ということだったのです。

ガツーンと、バットで頭を殴られたような感覚・・・とまでは言いすぎかもしれませんが(笑)、ハッとしたわけです。

たしかに、いくら能力がある人だとしても、プロ野球選手とサッカー選手とラグビー選手をかけもちすることはできません。

同様に、私もコーチング以外に、NLPプラクティショナーや心理カウンセラーの資格を取得したとしても、お客さまにしてみれば「で、いったいあなたは私にどんな変化を起こしてくれるの?」という意味では同じです。

むしろ、たくさんの肩書があることでわかりづらくなってしまうかもしれません。

「あれも、これも」ばかりだと、成果は中途半端になってしまうのです。

ですから、私はコーチングの道を深めていくことに決めました。

コーチングの最高峰の資格を取得するまでは、ほかの資格取得は手放そうと決断できたのです。

 


■スポンサーリンク




「決断」は手放すものを決めること

決断することは、ほかの選択肢を手放すことでもあります。

たとえば、今日のランチに、和食か中華、どちらを食べるか迷ったとしましょう。

あなたは、どちらを食べるのか。

それはどちらでもいいのですが、和食を食べると決めたのなら、中華のことをきっちりと手放したという意識があるかどうかです。

「決断する」ことと「手放す」も、一見似ているように見えるかもしれません。

でも、ここには大きな違いがあるのですね。

順番としては、

・決断する→ほかの選択肢を手放す

です。

逆ではありません。

それでは、消去法になってしまうので、未練が残りやすいのです。

ですから、

・決断する→ほかの選択肢を手放す

で考えましょう。

たとえば、友人との約束がダブルブッキングになっていることがわかったとします。

友人Aさんとは定期的な会食で、友人Bさんはあなたの憧れの人に会わせてくれるイベントです。

ただ、先約は友人Aさんだとしたら「先約優先」で、友人Bさんを断るのがスジでしょう。

しかし、それで友人Aさんとの約束を守ったあとに「友人Bさんのイベントに行きたかったなぁ・・・」と思っているとしたら、それは友人Aさんに失礼ですよね。

相手も嫌な思いをするはずです。

このような決断は、果たして良いものなのでしょうか。

せっかく先に約束をしてくれて、時間をつくってくれている友人Aさんとの時間を楽しめないのだとしたら、結局は相手にも悪いし、自分も損をするわけです。

このような後悔をしないために、友人Aさんとの約束に行くと決断したのなら、友人Bさんとのイベントは頭の中から一切手放すことです。

私も、コーチングに集中すると決めたとき、カウンセリングやNLPはスクールなどに通うことを手放すことにしました。

選ばなかった選択肢をいつまでも頭の中に残しておくことは、本当の意味で「決めた」とは言えません。

選ばなかった選択肢は頭の中から手放して、選んだ選択肢に集中すること。

それが「決断」、つまり「断つことを決める」ということなのですね。

「決める」と「手放す」はセットで考えましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、午前中にコーチングセッションを2件。

1件は、職場での新しいチャレンジをするためのアクションプランについて相談をうけました。

もう1件は、会社でのタスク管理についてのご相談について。

歯科の定期検診にも通い、メンテナンスができました。(^_^)


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-思考の習慣

執筆者:

関連記事

批判に対処する3つのステップ。批判を改善材料にするか、スルーするか。

先日のセッションで、行動を起こしているクライアントさんから、「自分の行動をされた」というお話がありました。 そこで、批判への対処を考えてみました。   スポンサーリンク   目次1 …

あなたが変わるためのポイントは思考。「良い思い込み」で自分をつくり変えていこう。

人が変わるためには、まずどのようなことに意識を払えばいいでしょうか。 私の中ではポイントが3つあり、 ・良い学び(知識) ・良い言葉(言語) ・良い思い込み(思考) を持つことです。 その中でも、今回 …

二兎を追わないと二兎は得られない。「A or B」ではなく「A and B」の発想

人生を2倍も3倍も楽しみたい。 そう考える欲ばりな人(=私です・汗)は、あえて「二兎」を追いましょう。   目次1 「二兎追うものは二兎とも得る」という言葉2 「A or B」は「ゼロか10 …

あなたの意識が向いている方向はどこですか?「ない」ととらえるか「ある」ととらえるか。

同じ事実があっても、ある人にとっての現実と、別の人にとっての現実は異なるものです。 その差は、意識をどこに向けているのかによって変わるものだと考えています。   スポンサーリンク &nbsp …

苦しい状況のときこそ視点を変える。「目標に到達していない」のではなく「プロセスの中にいる」と考えてみよう。

「自分の目指すゴールになかなか到達できない」という状況は、多かれ少なかれ誰にでもあるものです。 そのような状態はできれば抜け出したいものの、そこで考え方や捉え方を変えることによって、気の持ちようも変わ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。