【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考の習慣

欠点や弱点は治さずにうまくつき合う工夫をすればいい

投稿日:2021/09/24

Pocket

欠点や弱点を感じるとへこみます。

ただ、欠点や弱点がない人はいませんので、受け入れてうまくつき合う工夫をしていきましょう。




 

「欠点や弱点があってはいけない」という思い込み

あなたはご自身に「欠点や弱点があってはいけない」と思ったことがあるでしょうか。

私は、長くそう考えてきました。

むしろ「ダメな自分を知られないように、がんばって隠さなくては」とさえ考えていたように思います。

たとえば、子どもの頃の学校からの帰り道。

なるべくひとりで帰りたかったのです。

なぜか。

当時は無自覚ですが、今ならわかります。

学校の中で自分なりにがんばっていた「だめな自分を隠す努力」から解放されたかったのでしょう。

それは「欠点があってはいけない」という思い込みからきていたわけです。

ただ、今は違う考え方をするようになりました。

じつは、私たちは、

・欠点や弱点を隠さなくていい

のです。

私たちは「欠点や弱点があってはならない」と、つい思ってしまいませんか?

これは学校教育から生まれている完ぺき主義の弊害で、無自覚のうちにそう思ってしまうのです。

テストで95点をとったのにもかかわらず、できなかった5点が気になるような感じですね。

しかし、この発想だとつかれます。

しんどいです。

ですから、

・欠点や弱点を隠さなくていい

ということをお伝えしたいのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「欠点や弱点のある自分」に向き合う

私たちが夢中になる漫画や映画やドラマ。

それらの主人公を思い出してみましょう。

弱点や欠点が存在しているはずです。

それはなぜでしょうか。

完ぺきな主人公には、観客や読者として感情移入できないからです。

「ドラえもん」がネズミを苦手にしているように。

「ドラゴンボール」の孫悟空がしっぽが弱点なように。

「ウルトラマン」が地球で3分しか戦えないように。

主人公たちの欠点や弱点は、作品の中でオープンにされています。

それらが、私(=完ぺきではない人)の共感を呼ぶのです。

欠点や弱点が無かったら、共感できません。

「これは自分とは関係のない人の物語だ」と思われてしまうからです。

つまり、欠点や弱点があるからこそ魅力的になる。

ですから、欠点や弱点は隠さなくていいのです。

欠点や弱点に気づくのは簡単です。

それよりも大事なのは「自分の欠点や弱点にどう向き合うか」です。

昨日1日をふり返ればすぐに改善点が出てくるでしょう。

そして「向き合う」とはどういうことか。

事実と感情を書き出して「次はどうしていくか?」を考えていくことです。

私もあります。

たとえば、

・「ちゃんとやろう」とすると先のばししてしまうこと

・体重が徐々にリバウンドしていること

・目覚ましをかけずに早朝のミーティングに遅れてしまったこと

など。

甘い自分がいつも存在しています。

でも、それらを隠したり否定しないようにしています。

そのために内省しているのです。

内省していなかったら、今よりももっとひどい人間になっていると思います、、、

そのまま人生をすごしていったら、悲劇に発展するだけです。

あなたも、私と同じように「ここは自分の欠点や弱点」というところがあるのではないでしょうか。

まずは、書き出してみて、向き合ってみましょう。

否定はしなくても大丈夫ですので。

 

■スポンサーリンク




欠点と弱点を受け入れてうまくつき合う

たいていの人は、自分の欠点や弱点に気づいたとき「どうしたらこの欠点や弱点を直せるだろう?」と考えます。

そうして、治療薬を求めます。

「何事もノリと勢いばかりで継続できない自分を変えたい」

「文章をもっと上手に書けるようになりたい」

「内向的な自分を変えたい」

という風に。

ただ、その対処が、ときにその人の才能も消してしまうことがあります。

たとえば、

「何事もノリと勢いばかりで継続できない自分を変えたい」

という悩みがある人は、スタート時の瞬発力があったり、「これは!」と感じたときのパワーが強烈だったりします。

それを強みととらえずに「コツコツやらなければ」と思うと、強みを消してしまうことにもなりかねないわけです。

では、うまくいっている人はどうしているのか。

私が観察していてわかったことがあります。

うまくいっている人は欠点を直そうとしていません。

それよりは、

・欠点と弱点を認めた上で、うまくつき合おうとしている

ということです。

欠点と弱点をむやみに隠さず、欠点と弱点を認めています。

そこがスタート地点。

それらを認めた上で「どうすれば欠点や弱点が自分のゴールの妨げにならないようにできるか?」ということを工夫しているのです。

一生つき合う自分の性格みたいなものですね。

たとえば、飽きっぽいと思っている人が「飽きっぽいのは仕方がない。でも、好奇心があると思えばいいのではないか?」という風にとらえ直す。

そうして、新しい実験をたくさんやっていくことで成功が見えてくるように。

活躍している人あって、必ずしも完璧ではありません。

というより、私の師匠たちはむしろ偏りがあります。

大きな声では言えませんが、欠点や弱点が多かったりします。

でも、それをことさらに隠そうとはしていません。

それが魅力を高めているわけです。

そのようにして欠点や弱点を隠すよりも、意識を向けているのは「ゴール」。

やりたいことや目指していることを実現するために、自分の強みや才能を発揮することにフォーカスしているのです。

そのプロセスで欠点や弱点が妨げになるのであれば、弱めるなり、手放したりして、うまくつき合っているというわけです。

このような発想は、私たちにも適用できるはずです。

ぜひ、取り入れていきましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時から「習慣化オンラインサロン」の朝活ファシリテーションを担当。

7時すぎに「早起き完全マスタープログラム」メンバーとの発表会リハーサル。

10時から「良習慣塾」メンバーとの相互セッション。

夜は「習慣化オンラインサロン」スタッフの定例ミーティングでした。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-思考の習慣

執筆者:

関連記事

苦しい状況のときこそ視点を変える。「目標に到達していない」のではなく「プロセスの中にいる」と考えてみよう。

「自分の目指すゴールになかなか到達できない」という状況は、多かれ少なかれ誰にでもあるものです。 そのような状態はできれば抜け出したいものの、そこで考え方や捉え方を変えることによって、気の持ちようも変わ …

自分がより良く変わったかどうか。変化に気づく3つのポイント

自分が以前よりもより良く「変化」しているかどうか、わかるポイントがあります。 それは「当たり前」「思い込み」「やり方」の3つです。   目次1 「変わる」とはどういうことなのか?2 「変化」 …

「やったほうがいいのはわかっているに、なぜか体が動かない」ときの3つの対処法

頭では「やったほうがいいこと」だとわかっているのに、どうしても体が動いてくれない。 このようなときは、どのように対処していけばいいのでしょうか。   目次1 なぜ「頭」で考えていても「体」に …

短期的な「苦しいがまん」よりも、長期的な「楽しいがまん」を目指す。

すべての偉業には「がまん」することが必要だと考えています。 でも、「苦しいがまん」を続けるのはきついので、「楽しいがまん」を探しましょう。   目次1 がまんしていれば、いつか報われるのか? …

思い通りにならないできことがあるからこそ、思いがけない幸運もやってくる

「思い通りにならないことは良くないこと」という思い込みを持っていませんか? でも、思い通りにならないからこそ、やってくる幸運を忘れないようにしましょう。   目次1 「想定外のできごとを想定 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。