気づきの習慣

世間の評価を気にしすぎるとあなたの「好き」を見失ってしまう

投稿日:2022/05/21


あなたの「好き」や「やりたいこと」は、ご自身のオリジナルなものです。

世間の価値観やほかの人からの評価を気にしすぎて、あなたの「好き」や「やりたいこと」を見失わないようにしていきましょう。




 

「習慣化オンラインサロン」交流会で野球談義

昨日は「習慣化オンラインサロン」の交流会がありました。

毎回、それとなくテーマを決めています。

そのテーマにあったサロンメンバーさんが集うという交流会です。

今回のテーマは「野球」でした。

私が企画したんですね。

理由は、先日の東京ドーム観戦。

ジャイアンツ対タイガース。

途中まで「2対2」。

いい試合でした。

ただ、7回の表にタイガース打線が爆発。

終わってみれば3対10でジャイアンツは負けました。

その日は、久しぶり(1年ぶり)の東京ドーム。

東京ドームはすべてキャッシュレスになっていました。

売り子さんが販売しているビールもキャッシュレスです。

すばらしいですね。

楽でした。

それもあって(?)ビールを飲みすぎてしまいました(笑)。

その勢いで交流会のテーマを野球でお願いしたいと思ったんですね。

ただ、交流会なので禁断のテーマなんですよね、話題としては。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





意図的に避けた野球への興味

日本では、酒の場などで禁断の3大テーマがあると言われています。

それは、

・政治

・宗教

・野球

と言われているんですね。

どれもセンシティブな話題だからです。

ただ、「習慣化オンラインサロン」では、そのタブーに切り込んでもいいかな、と。

その野球。

私はやはり好きだということがわかりました。

今回の交流会で。

以前、私は野球のナイターが好きでした。

父親と一緒に見ていたんですね。

そして、学生時代、一人暮らしになっても夜にビールを飲みながらナイターを見ていました。

社会人になっても、学生時代ほど熱心ではなかったものの、やはり野球を見ていました。

ただ、ビジネスの自己投資をしなければ、この先の人生が積んでしまう。

そう考えたときに、今まで時間をつかっていた活動を手放さなければなりません。

その第1位は、野球を見ることでした。

夜、ナイターを見ようものなら、そこから2時間は確実にもっていかれます。

2時間あれば、運動、読書、ブログなどができます。

つまり、野球が楽しいからといって、ナイターを1日2時間も見ていたら、インプットもアウトプットもできません。

ただでさえほかの人たちよりも遅れているのに。

ナイターを見ながら自己投資に取り組むのは、かなりの難易度です。

それでも、現状を抜け出したい気持ちは強かったんですね。

ですから、ナイターを見ることをやめました。

野球よりも、ビジネス自己啓発の分野に興味をふり分けることにしたんですね。

結果、日常的に野球に意識をふり分けるスタミナやエネルギーがなくなっていきました。

すると、私の日常に「野球」という意識がどんどんなくなっていきます。

いつの間にか、私は「野球」に意識を払わくなりました。

あれほど熱心に見ていた野球は、私の日常から消えていきました。

 

■スポンサーリンク




自分の「好き」を世間の尺度に合わせてはいけない

そんなある日、会社の取引先の方から招待チケットがまわってきました。

上司や先輩の都合が合わず、私にまわってきたということです。

それが、4月30日のジャイアンツ対タイガース戦。

そのとき、1年ぶりに東京ドームを訪れました。

観覧席に入ったとき、私はこう思いました。

「やっぱり、野球の雰囲気っていいな」と。

これは、理屈ではありませんでした。

「ビジネス自己啓発をがんばらなくては」という感情とは、まったく違ったんですね。

私は、野球ファンをあきらめることをやめました。

野球好きを公言していこうと思います。

そのほうが人生が楽しいからです。

ふっきれました。

世間の評価をより良くするために、自分の欲望はすべて捨てる。

それができる人もいますし、それができればすばらしいです。

でも、世間の評価に価値観を求めすぎると、自分が好きなものへの感情を見失ってしまいます。

「本当の自分は野球が好きだ」

そう思っていても、「でも、今さら野球ファンって、古い価値観の人みたいだな。アイスホッケーくらいにしておこうかな」と頭で解釈を変えてしまうわけです。

そのうちに、自分が「好き」とか「やりたいこと」を見失ってしまうわけです。

そうならないためにも、好きなことを見つけるためには、あなたの「感情」を重視していきましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、夜に「習慣化オンラインサロン」の入門ガイダンスのファシリテーションを担当。

そのあと、「野球」をテーマにした交流会に参加しました。

野球ファンの集い、マニアックで楽しかったです。


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

行動すれば、次の現実。その「行動」の前に必要なモノ。

■大阪セミナー開催で山積した課題 ここ数日連投している大阪ネタですが(笑)、本当にいくつもエントリが書けるぐらいわたしにとっては学びの多い大阪セミナーとなりました。 自分自身の整理も兼ねて今回のまとめ …

あなたの目標には「温度」がある。飽きっぽい人が目標達成するための3つの工夫。

目標は「賞味期限がある生もの」のようなものだと考えています。 ただ、飽きっぽい人にとっての目標は、ホットコーヒーとアイスコーヒーのように「温度があるもの」だと気づきました。   「飽きっぽい …

あなたに合う成功法則は何?成功法則の7つの型を見極めよう!

「ミッションを見つけることが成功の秘けつである。」 「難しいことは考えず、とにかく大量行動すること!」 「強く願えば、自然に引き寄せられるものです。」 上に記したように、世の中にはいろいろな「成功法則 …

リーダーにならなくても自分の願望が実現した!熱いフォロワーになって盛り上げるパワーを持つ。

「こんな風に1年をふり返ったら、面白いだろうな〜。」 行動科学マネジメントの石田淳さんがおすすめされていた「1年のふり返りのやり方」を読んで、そんな風に考えていました。 40人のビジネスパーソンが絶賛 …

「まず理解に徹し、そして理解される」が有効になる場面はどこか。「自己開示」と「受け止める場」の2つの大事な前提。

習慣化コミュニティーの仲間から「自分を理解されることを優先するのはいけないことなのでしょうか?」という質問をいただきました。 この質問に対する私の考えを記事にします。   スポンサーリンク …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。