運動の習慣

楽しみながら運動を習慣化できる「誘惑バンドル」のスキル。

投稿日:


「YouTubeやスマホのダラダラ見で罪悪感がある」という悩みを抱える人が多いです。

同時に「運動したほうがいいとわかってるんだけど、その時間がとれなくて困ってる」という悩みを抱える人も多いです。

2つの悩みを同時に解決するスキルをご紹介します。




 

「ついやってしまう楽しいこと」と罪悪感

あなたが「ついやってしまう楽しいこと」はありますか?

「誘惑」とも言えます。

わかりやすいのは、

・スマホをダラダラ見てしまう

・家事をやりながらテレビを流し見してしまう

・パソコンのネットサーフィンがやめられない

・AmazonプライムやNetflixのドラマが止まらない

・小説を読み始めると先が気になってストップできない

といったものです。

エンターテインメントが多いです。

楽しいことっていいですよね。

リフレッシュできます。

できれば、その時間にずっと浸っていたい。

ただ、いくら楽しいからとはいえ、ずっと触れているとクオリティー・オブ・ライフは向上しません。

「本当は良習慣を追いかけたほうがいいんだけど、つい楽しいことをやっちゃうんだよな……。」ということですね。

たとえば、YouTube。

確かに、観ていると楽しいんですよね、YouTube。

私の周囲でも、困っている人は多いです。

当然、私も困った時期がありました。

仕事でFacebookをチェックしていると、野球のおすすめ動画が出てくるんです。

ここで、メジャーリーガーの大谷翔平さんのホームランシーンを見たとしますよね。

スカッとします。

一瞬、いい気分になるんですよね。

そこで終わればいいんです。

ただ、そうはならないのが人間の感情。

YouTubeに移動して、大谷翔平選手の活躍をさらに見たくなるんです。

見終わると、次に松井秀喜さんのホームラン集や落合博満さんの芸術的な流し打ちシーンなどがおすすめされてくるんです。

野球ファンとしては、これは避けられません。(笑)

チェーンメールのように、チェーンYouTubeタイムになってしまうんです。

YouTubeの「あなたにおすすめの動画」機能がすばらしいんですよね。

Amazonのレコメンド機能と同様に。

「えっ、こんな本もあるんだ」という発見とともに、ポチッとしてしまいます。

そうして、意図していた買い物よりも、多くのものや時間を投下してしまうわけです。

そんなときは、往々にして「やっちまったな……。」と思ったりします。

少しの罪悪感とともに(もちろん、いい発見もあるんですけれど)。

これが、「ついやってしまう楽しいこと」です。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「誘惑」と「良習慣」をバンドルせよ

では、そんな「ついやってしまう楽しいこと」に、罪悪感なく取り組める方法はないのでしょうか。

楽しいことをやっているときに、同時に良習慣行動をとれるようなスキル。

たとえば、パワフルな良習慣といえば、運動です。

運動習慣と「ついやってしまう楽しいこと」を一緒にできたら、いいですよね。

それがあれば、

(1)運動不足が解消できる

(2)同時に、楽しい気分も満たせる

という状態がつくれます。

昨日の『習慣化三種の神器(R)実践プログラム』のフォローセミナーでも、同じ課題について話していたんです。

私から解決方法を提案させていただきました。

では、どうすればいいのでしょうか。

解決する方法があります。

その解決方法とは

「誘惑バンドル」

というスキルです。

「誘惑バンドル」の内容は、

「運動をしているときだけ楽しいことができるルールをつくる」

です。

誘惑とは「ついやってしまう楽しいもの」。

その楽しいことに、別の行動をバンドルする、つまり抱き合わせるのです。

たとえば、

・運動をしているときだけ、好きなYouTubeを観られる

・運動しているときだけ、好きなオーディオブックを聞ける

・運動しているときだけ、好きな小説を読める

というルールです。

私の例なら、

「スクワットをしているときだけ、YouTubeを見られる」

というルールをつくるわけです。

『習慣化三種の神器(R)実践プログラム』のメンバーでも、「YouTubeを見るというジャンクタイムに悩んでいる」という課題がありました。

そこで「誘惑バンドル」です。

「運動をしているときだけ、YouTubeを見られる」というルールを適用すればいいのです。

動画が5分あるとしたら、最初の2分でOKです。

スクワットを2分やりながら、動画を見る。

そのあとの3分は座ってみても、罪悪感は少ないはずです。

何せ、自分にとって面倒でしんどい運動を、すでにクリアしているからです。

誘惑バンドルのルールがあれば、YouTubeを見れば見るほど運動も一緒についてくることになるんですね。

 

■スポンサーリンク




やることが多い人こそ有効な「誘惑バンドル」

アメリカの大学でおこなった「誘惑バンドル」の実験で、効果が証明されています。

実験は、運動習慣を身につけたいという学生たちを2つのグループに分けました。

ジムに通うことを習慣化できたら、100ドルの報酬が出ます。

1万円以上の報酬が出て、さらに運動習慣が定着したらうれしいですよね。

Aグループは、普通にジムに通います。

一方のBグループには、オーディオブックを貸与して、ジムに通ってもらうことにしたんですね。

条件は、まさに

「運動をしているときだけ楽しいことができるルール」

です。

要は、「ジムにいるときだけ、オーディオブックを聞ける」ようにしたわけです。

たとえば、小説『ハリー・ポッター』シリーズなどが好きな学生さんがいるとしますよね。

できれば、『ハリー・ポッター』の世界に浸っていたいと思っています。

ただ、テスト学習やレポートがたまっていて、そんな楽しみは許されない。

しかも、パソコンの前にばかりいて、運動ができない状態。

要は、楽しみも運動も制限されてしまっているわけです。

困りますよね……。

そんな状態でこそ、「誘惑バンドル」のスキルを発動するときです。

ジムに行って、『ハリー・ポッター』のオーディオブックを聞きながら運動すればいいのです。

こうなると、運動のためにジムに行くのではないのです。

楽しみなオーディオブックを聞くためにジムに行き、「そのついでに運動する」わけです。

ジム以外では『ハリー・ポッター』のオーディオブックを聞けません。

続きが気になるので、またジムに行くわけです。

結果、どうなったか。

Bグループの学生たちのほうが、Aグループの人たちに比べて運動量が55%も多かったのです。

実験期間中の7週間、継続できた人も多かったんですね。

それだけじゃないんです。

私がこの調査結果でしびれたことがあります。

それは「多忙と思われる学生ほど、ジムに多くの時間を通っていた」という調査結果がでたからなんです。

つまり、「誘惑バンドル」は毎日たくさんの「やらなきゃ」に囲まれている人にこそ、有効なスキルだという結果が出たからなんですね。

すばらしい解決策だと思いませんか。

では、多忙な学生たちがジムに通えた理由は何だったのでしょうか。

調査の結果わかったのは、「日々やるべきことで疲労していて、体力・気力が無い。だから、ジムに行くための強い理由が必要だったから」ということだったんですね。

この調査結果を知って、私は興奮してしまいました。(笑)

やることがたくさんある人ほど、有効なスキルなら、私の周囲の人たちにもおすすめできるわけです。

もちろん、私も活用しています。

YouTubeの映像とともに、スクワットをしています。

「スクワット1回チャレンジ」を1年間続けたらどうなるのか? | 【良習慣の力!】ブログ

さて、あなたは、やるべきことがたくさんある人でしょうか。

そして、ついやってしまう楽しみはあるでしょうか。

さらに、運動習慣を身につけたいんだけど「そんな時間はとれない」と思っているでしょうか。

それならぜひ、「誘惑バンドル」のスキルを活用してみましょう。

運動の時間が、間違いなく増えます。

何より、罪悪感なくエンタテインメントを楽しめますので。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時の『習慣化オンラインサロン』朝活ファシリテーションからスタート。

7時からセミナー準備。

8時から9時30分まで「習慣化三種の神器(R)実践プログラム」の中間セッション(運動パート)。

10時から12時まで「良習慣塾」のコーチングセッション2件。

午後はオフ。

Zoomをつないで家族会議をしたり、夕方はやきとりを食べにいきました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-運動の習慣

執筆者:

関連記事

トライアスロンはお金持しかできないスポーツ?少しかじって憧れへの気持を持ち続ける秘けつ。

「トライアスロンはお金持がやるスポーツでしょう?」 私がトライアスロンに挑戦したいと思ったときに、妻に言われたひと言です。 妻の指摘は、確かに当たっています。 でも、会社員で小遣い制でも、トライアスロ …

仕事が思い通りにいかない時こそ運動で「運を動かす」。プライベート→仕事への波及効果を狙え。

たとえばあなたが「フルマラソンにチャレンジしたい」と思ったときに、仕事が思うようにいっていない状況だったらどうしますか? 2択だとしたら、 ・仕事が落ち着いたらフルマラソンにチャレンジする ・とりあえ …

第31回 NISSAN CUP 神奈川トライアスロン大会でリタイア。敗戦から見えてくる「けいけんち」の大切さ。

トライアスロンのレースで敗戦。 その敗戦をふり返ります。 (いつもより長くなってしまいましたのでご注意くださいませ・・・。想いがあふれて・・・汗) (届かなかったゴール)   スポンサーリン …

no image

トライアスロンとビジネスの共通点を知る 〜トライアスロンデビューを振り返る(6)〜

———————————————————— 当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(私の造語です 笑)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 私が「良習慣」を獲得してい …

山手線1周ランニングイベントレポート。達成感と充実感を味わえる5時間の体験。

「GWのロング走は【 山手線一周 】 ラン 2018 春」イベントに参加してきました。 「山手線1周ラン」にご興味のある方は多いと思うので、レポート記事を書きます。   スポンサーリンク & …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。