【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考の習慣

ハード・チョイスでうまくいく人。イージー・チョイスでだめになる人

投稿日:2021/03/02

Pocket

「微差・僅差の法則」を信じています。

どのようにして「今の自分にはちょっと難しい」という選択肢を選べるようになるのでしょうか。




 

「イージー・チョイス」ばかりだった大学生時代

昨日は、息子の引越しでした。

私も保護者として引越しを手伝うために、会社を休んで妻とともに東京を出たのです。

大学生男子のひとり暮らし。

なつかしいです。

もう20年ほど過去のことになりますね。

ふと、大学生時代の自分をふり返ってみたのです。

お金はありませんでしたが、時間はありました。

スキルはありませんでしたが、自由がありました。

ただ、成果が出るようなすごし方をしていたかと言われたら、間違いなく「No」でした。

なぜか。

その最大の理由は「イージー・チョイス」ばかり選んでいたからです。

たとえば、食事。

立ち食いそば店やファストフード店に食べに行けば早いしおいしい。

一方、自炊したほうがお金が安上がりで料理のスキルもあがります。

2つの選択肢があったときどうするか。

つまり、

・外食する=イージー・チョイス(ラクな選択)

・自炊する=ハード・チョイス(困難な選択)

ということです。

私が大学生の頃は、間違いなく

・外食する=イージー・チョイス

を選んでいました。

ハード・チョイスを選択する可能性は、ほぼゼロ。

もちろん、これは食事に限りません。

ほかにも、

・大学の授業は1限をとらない

・早起きせずに夜ふかしする

・アルバイトは時給よりもラクな仕事を選ぶ

というような感覚です。

ですから、大学生のときには成果が出なかったのです。

おかげで留年する羽目になりました。。。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





成果をあげている人はハード・チョイスを選択している

選択と決断と結果。

興味深い関係性です。

大学生の私も「こっちのほうがいいだろう」という意図で選択をしているのです。

普通に考えたら「今よりも悪くなろう」と思って選択する人はいませんよね。(笑)

ですから、「できるだけ良くなろう」と考えているのです。

その目的を果たすために、自分にとってより良い選択をする。

そのはずなのです。

ただ、イージー・チョイスを選んでします。

イージー・チョイスばかりだと、残念ながらより良い現実が待っているわけではありません。

要は「ラクなほう」「簡単なほう」ばかりを選んでいる人が、より良い現実にたどり着けるのかどうか。

たとえば、イージー・チョイスをくり返した人が、オリンピックで金メダルをとれるのか。

あり得ませんよね。

成果をあげている人は、ハード・チョイスを選択しているのです(たとえすべてでは無いにしろ)。

 

ハード・チョイスの成果

人は1日に6万回の選択をしていると言われています。

その選択の結果が、私たちの1日をつくっているのですよね。

ですから、日々の選択肢があったときにハード・チョイスを選択してみること。

それが人生を少しずつ変えていってくれます。

今の私は大学生時代よりもハード・チョイスをしています。

たとえば、

・早起きをする

・Zoomで朝活に参加する

・1日のプランニングをする

・ブログを書く

・朝散歩をする

・メルマガを発行する

・複業家活動をする

・コーチングセッションをする

・ランニングする

という感じですね。

ですから、1日の中に確かな充実感があるのです。

 

イージー・チョイスの成果

一方、大学生時代の私は、

・二度寝する

・起きたらすぐにテレビをつけてボーッと見る

・1日の計画をたてたことがない

・ブログどころか日記を書いたこともない

・朝散歩せずに自宅にいる

・メルマガを読んだこともない

・本も新聞も読まない

・アルバイトは遅刻する

・誰かに自分の夢を語ることもない

・運動ゼロ

という日常です。

イージー・チョイスばかり。

水曜日のカンパネラの楽曲「桃太郎」の歌詞にある「イージーモードのエブリデイ」という感じでしょう。(笑)

これでは充実感を味わうことはありません。

だからこそ、学業の成果も芳しくなく、日常の充実度も高まらなかったわけです。

その要因はシンプル。

イージー・チョイスの連続がつくり出している結果なのです。

 

■スポンサーリンク




1日に5つのハード・チョイスを選択する「デイリーファイブの習慣」

行動経済学の用語に「選考の逆転」という言葉があります。

シンプルにいうと、

・人は、将来得られる大きなメリットよりも、目先の小さなメリットのほうに価値を感じる

ということ。

がまんしていればより大きなメリットがあるのに、耐えきれずに「今すぐ」のメリットを優先してしまうわけです。

有名な「マシュマロテスト」でも、その効果が実証されていますね。

少しの時間がまんしていればマシュマロが2つもらえるのに、目の前の1つを食べてしまう。

結果、マシュマロは1つしか食べられない。

それがイージー・チョイスの結果なのです。

 

「人生を変える1番シンプルな方法」

私がよく話す「人生を変える1番シンプルな方法」があります。

それは「今までの自分と異なる選択をすること」です。

たとえば、今までは通勤電車でスマホでゲームをすることを選択をしていた人がいるとします。

その選択をビジネス書を読む選択に変える。

たいていの人にとっては、通勤のときに

・スマホを見るのはイージー・チョイス

・ビジネス書を読むのはハード・チョイス

です。

だからこそ、通勤をハード・チョイスに変えてみる。

それだけで3ヶ月後の知識量は大きく変わるでしょう。

 

ハード・チョイスのための習慣とは?

では、具体的に何をすればいいのか。

おすすめは、「デイリーファイブの習慣」。

今の自分の基準を引き上げる行動を5つリストアップして、それを実行する習慣です。

「The Daily Five(デイリーファイブ)」で1日に5つのタスクに挑む習慣 | 【良習慣の力!】ブログ

1日に5つのタスクにトライ。「デイリーファイブの習慣」3つのメリット | 【良習慣の力!】ブログ

今の自分には「ちょっとハード・チョイスだな、、、」と思われるタスクにトライしていくのです。

これはただのルーティンチェック表ではありません。

あえて区別すれば、

・ルーティンチェック表はイージー・チョイス

・デイリーファイブはハード・チョイス

ということなのです。

デイリーファイブの取り組みによって起こることは「継続的な改善」。

成長にもっとも重要なことです。

私自身、1月1日に比べると、ハード・チョイスを選ぶ力が高まっている実感があります。

たとえば、

・動画セミナー販売

・スライドなしでセミナー開催

・音声のみの教材を販売

など、昨年までの私にとってはハード・チョイスでした。

でも、実行できたのです。

そして、これからも増やしていきます。

 

「デイリーファイブの習慣」がおすすめ

このようにハード・チョイスをくり返していけば、自己ベストの成果が出るのは自然です。

この取り組み、あなたにもおすすめしたい習慣です。

1日に5つのハード・チョイスを実行する「デイリーファイブの習慣」。

ぜひトライしてみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝から息子の引越しの手伝いでした。

会社も休みをもらい、息子のひとり暮らしの生活を感じながら、2人でランチを食べたり、荷造りを手伝ったり、妻が先乗りしていた引っ越し先にたどり着いたり。

慌ただしくも息子との楽しい時間をすごせました。

日帰りだったので帰宅は23時すぎ。。。

心地よい疲労ではありましたけれども。(^_^;)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-思考の習慣

執筆者:

関連記事

ほかの人に怒らない、イライラしない思考習慣。あえて相手に期待しすぎない

考え方や背景が異なる人と話すと、気持を乱されることは多いものですよね。 それでも、考え方ひとつで自分の感情を安定させることはできるものです。   スポンサーリンク   目次1 怒り …

本「リモート経理完全マニュアル」に学ぶ。目標を実現させるための思考習慣

「あの(すごい)人と自分は、環境や能力が違うから」 そう思ってしまうとやってくるのは思考停止で、成長の機会を失ってしまいます。 そのトラップに陥らないためにも、「どうすればできるか?」を考える思考習慣 …

「すべてのタスクに全力投球」を手放す。目指すは「完ぺきにやる」よりも「タスク完了」。

完ぺき主義を抜け出して、仕事にメリハリをつけるためにはどうすればいいのでしょうか? 1つのアプローチは、「全力投球をあえてやめる」ということです。   スポンサーリンク   目次1 …

「最高の自分」を目指すために。思考習慣をより良く変化させていこう。

現実をより良く変化させるためには、考え方を変えていくことが不可欠です。 思考習慣を変えるのは時間がかかりますが、効果の高い変容アプローチです。   スポンサーリンク   目次1 ク …

ほかの人を気づかうことは確かに大事。でも、その前に大事にするのは自分自身。

ビリーフ(無意識の思い込み)を研究していると、「ほかの人のことを考えなければいけない」というビリーフはたくさんのかたが持っているということに気づきます。 もちろん、周囲を気づかう気持がまったくゼロだと …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。