【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

複業の習慣

完ぺきは幻想。発展途上でリリースしていく勇気を持つ。

投稿日:2021/12/30

Pocket

何ごともスタートするときや発表するときは不完全です。

でも、不完全のまま進んでいくことで、フィードバックをもらえて前進できるのです。




 

「良習慣塾」で「サービスへのフィードバック大会」を実施

昨日は、午前中に「良習慣塾」メンバーとの「サービスへのフィードバック大会」をおこないました。

メンバーがそれぞれ自分が、いま構想しているサービスをプレゼン。

ほかのメンバーや私からフィードバックを受けるという時間です。

通常、自分が考えているサービスは、リリースするまでほかの人からのフィードバックをもらえる機会はありまえん。

コーチやコンサルタントなどを雇っていなければ、いきなり市場にリリースしてみることとなります。

そうすると、意外と盲点があったりするものです。

たとえば、

・対象者がしぼれていないのでターゲットがぼんやりしている

・受講したあとのイメージが分かりづらい

・どんな問題を解決する商品・サービスなのかいまいち伝わらない

といったことが起こります。

提供者は「このサービスなら、きっと喜んでもらえるはずだ!」という意気込みで考えています。

いろんな方向から「どうすれば魅力的なサービスになるか?」と考えているからです。

ただ、どうしても視点は独りよがりになりがち。

これは私もいつもおちいるトラップ。

チェックリストをつくったりして、注意しているつもりです。

それでも、自分が見ている視点とお客さまから見えている視点は、たいてい一致していないもの。

ですから、ほかの人からフィードバックが重要なんですよね。

ただ、問題はそのような相互にフィードバックをし合う環境がないこと。

ですから、「良習慣塾」では各メンバーがプレゼンをして、それぞれからフィードバックをすることでサービスの改善点を伝え合う機会をつくったのです。

これはメンバーのKさんからの提案で実現しました(Kさん、ありがとうございます!)

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





プレゼンについてフィードバックする4つの観点

あなたがプレゼンを受けるとき、どんな観点から評価するでしょうか。

私は、プレゼンを受ける側の方には、事前に4つの観点をお伝えしました。

(1)良かった点

(2)改善点

(3)提案やアドバイス

(4)疑問や質問

私もプレゼンを受ける側として、4つの観点からメモをしていました。

ひとりのユーザーとして商品のプレゼンを聞いたとき、何を感じ、何を考えていたのか。

こういう状況では、あまり遠慮すると効果が落ちるんですよね。

ですから、率直にフィードバックすることにしました。

もちろん、プレゼンする側は「どうです?良い商品ですよね!」という気持ちで発表していることはわかっています。

直前までスライドをつくりこみ、考えたことや努力されたことが伝わってきます。

でも、それでも。

改善点を含めて、本音でフィードバックすることにしたのです。

ここで遠慮してしまうと、市場にリリースしたときにお客さまに伝わりません。

私自身も、先日「良習慣塾」第3期のサービスについてアドバイスを受けました。

相手の方には「私は欲しくありません」とはっきり言われました。

もちろん、相手のコンサルタントの方は「良習慣塾」の対象者ではないのでむしろいいわけですが。

何が言いたいかというと、遠慮し合うよりもお互いの率直なフィードバックこそ、時間をかける価値があるということです。

そのような場として、メンバーがそれぞれの方向性をわかっている「良習慣塾」のような環境が良い場だったのですね。

 

■スポンサーリンク




プロセスにいる自分を受け入れていく勇気を持つ

ひとりビジネスでサービスを考えるときは、どうしても「完ぺきな状態にしてからリリースしたい」と考えるものです。

当然のことですよね。

ただ、私もそれなりにひとりビジネスのサービスを考えてきました。

そして、セミナーやプログラムをリリースしてきた上でお伝えしたいのは「完ぺきを求めてはいけない」ということです。

完ぺきな状態になってからサービスをリリースしようと思うと、どんどん時間がすぎさっていってしまいます。

たとえ未完成でもいいのです。

まずは自分から発信してみることが大事。

自ら発信することでフィードバックをもらえるからです。

今回の「良習慣塾」でのフィードバック大会は、まさにそのような場。

そもそも「完ぺきじゃないとリリースしてはいけない」というのは思い込みです。

世界的に名だたる大企業でさえβ版としてリリースしているサービスがたくさんありますし(住宅や車などは除きます)。

たとえば、私も音声セミナーの教材を販売しているとき。

かんでしまうことや言い間違える部分がありました。

でも、そこは編集は行わずに言い直したところまで、そのまま収録して販売しています。

そのほうが臨場感がありますし、セミナーのライブ感を残していると考えたからです。

実際、私が購入しているほかの方の動画・音声セミナーもそうなっていますし、私はそのリアルに好感が持てたんですね。

それに、もしも、プロ野球のピッチャーが「相手を0点に抑えられる保証がないので、今日は登板できません」と言っていたら、失格ですよね。(笑)

それなら笑い話なのですが、ひとりビジネスの商品・サービスになると、なぜか同じ状態になってしまうんですよね。

完ぺきは幻想。

できるだけ手放していきたいものです。

そもそも、私たちは人生そのものが発展途上。

常にプロセスの中にいるわけです。

いわば実験の連続体なんですよね。

ですから、完成された人間なんていません。

プロセスにいる自分を受け入れていきましょう。

そして、完ぺきじゃない状態でサービスをリリースする勇気を持つこと。

その精神が、あなたのひとりビジネスをスピードアップさせてくれるのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時から「習慣化オンラインサロン」の「ユキトレ」に参加してスクワット100回をクリア。

9時から「良習慣塾」メンバーとのセッション。

自分のサービスをプレゼンして、それに対するフィードバックをし合うという、とてもいい時間となりました。

夜は家族4人で食事へ。

久しぶりにカラオケまで楽しみました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-複業の習慣

執筆者:

関連記事

複業(週末起業)に取り組んでいるとよく聞かれる4つの質問と私の考えかた。

複業(週末起業)に取り組んでいると、よく質問されることがあります。 その質問に対する私の答えと考えを記事にします。   スポンサーリンク   目次1 会社員以外の仕事を持つことは特 …

複業ネタを見つけたい人へ。自分の過去の悩みとの関わり方を考えてみませんか?

複業をはじめたいという人の悩みで多いのは、「ビジネスのネタが無い」ということです。 複業のタネに悩んでいる人は、「自分が経験してきた悩み」から考えてみましょう。   スポンサーリンク &nb …

あなたの人生やビジネスがうまくいかない理由。相互に応援し合える人が100人いるか

人間関係づくりについて長いあいだ失敗していたことに気づきました。 あらためて自分への意見も込めて記事を書きます。   目次1 「オンラインお花見ランチ会」を開催2 超トップセールスの人間関係 …

二兎を追わないと二兎は得られない。「A or B」ではなく「A and B」の発想

人生を2倍も3倍も楽しみたい。 そう考える欲ばりな人(=私です・汗)は、あえて「二兎」を追いましょう。   目次1 「二兎追うものは二兎とも得る」という言葉2 「A or B」は「ゼロか10 …

自分の強みを発見する方法。周囲の人とあえての比較で客観視する。

「自分の強みがわからないんです、、、」 というお悩みをよく耳にします。 「強み」という「ほかの人との違い」は、どのように見つければいいのでしょうか。 私なりのポイントを記事にします。   目 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。