【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

モチベーションの習慣

自分に言い訳をする「セルフ・ハンディキャッピング」を防ぐ方法

投稿日:2020/08/29

Pocket

気が散らないようにするためには「よけいなものが視界に入らないようにする」。

このシンプルなルールをできる限りつくっていきましょう。




 

「セルフ・ハンディキャッピング」現象とは?

あなたは、学生時代に「テスト勉強をやろうとしたのに、急に机の上を片づけはじめる」という行動をとったことはないでしょうか。

同じように、私は会社で重たい事務処理をしようとして、急にデスクまわりを片づけはじめることがあります。

この現象、興味深いです。

本来やろうとしていることがある。

それなのに、なぜか別のことをやってしまうのですから。

不思議ですよね。

これは、心理学で命名されている現象です。

「セルフ・ハンディキャッピング」と呼ばれています。

私たちは思い通りの結果にならなかったときに、

「テスト勉強がはかどらなかったのは、机の上を片づけていたから」

「事務処理が進まなかったのは、デスクまわりを片づけていたから」

といった言い訳を、事前に用意しているのです。

あらかじめ、自分でハンディキャップをつけてしまうということですね。

この「セルフ・ハンディキャッピング」。

いい現象ではありませんよね。

では、「セルフ・ハンディキャッピング」を起こさないようにするためにはどうすればいいのでしょうか。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





自宅で「セルフ・ハンディキャッピング」を防ぐ方法

「セルフ・ハンディキャッピング」を防ぐ方法。

基本の対処策は、「よけいなものが視界に入らないようにする」ことです。

シンプルですがパワフルです。

取り組むタスクに必要なもの以外はすべて見えないところに置きましょう。

場所について、自宅とオフィスで考えてみます。

まず自宅。

必要なもの以外はダンボール箱などの「一時避難スペース」をつくっておきましょう。

そうして、

・読みかけの本

・書きかけのノート

・セミナーのテキスト

などは「一時避難スペース」にまとめてしまってしまうのです。

このとき、できればスマホもしまいたいところです。

たとえスマホを機内モードにして使わないとしても、視界にはいれないようにしておくのです。

そうしないと、見えないところで意識がスマホに奪われます。

そうして重要なタスクが終わったら、あらためて「一時避難スペース」から取り出せばいいのです。

私の場合、本棚を「一時避難スペース」にしています。

たとえば、ブログを書こうとしたときにじゃまなものがあれば、「一時避難スペース」にまとめて置いてしまいます。

そのスペースは、あえてスペースを空けるようにしています。

これだけで、集中力が変わります。

また、ブログを書く前に「一時避難スペース」に不要なものをまとめることで「これからブログを書くぞ」という気分にもなります。

行動のいいスイッチになるのです。

私たちは、視界に入るものに誘惑されやすいものです。

優先順位を間違わないために、気を散らすようなものは「よけいなものが視界に入らないようにする」ようにしましょう。

 


■スポンサーリンク




オフィスで「セルフ・ハンディキャッピング」を防ぐ方法

次にオフィス。

オフィスでも「セルフ・ハンディキャッピング」を防ぐ方法をおこなっています。

ただ、オフィスには自分専用の本棚はありません。

そこで取り組んでいるのが、「デスクの引き出しを1段だけからっぽにしておく」ということです。

こうして「一時避難スペース」をつくるようにしています。

たとえば、見積書や提案書のような集中力が必要な書類をつくるとき。

気が散る書類やファイルなどを「一時避難スペース」にしまってから取り組むようにしています。

30分や1時間程度でしたら、スマホもオフにして「一時避難スペース」にしまうこともあります。

こうして、とにかく視界のよけいなものが入らいないようにするわけです。

これだけで目の前のタスクに集中できるんですよね。

最悪なのは、デスクの上にいろいろな回覧資料やよけいな文房具が出ている状態。

使わないものであっても、脳のエネルギーは奪われます。

30分で終わるはずの仕事が、1時間かかったりするのですよね。

ですから、「よけいなものが視界に入らないようにする」というシンプルなルールを守るようにしています。

このような環境をととのえておくだけで、脳のエネルギーを無駄に消費しません。

結果として、集中力が高まります。

あなたのパフォーマンスや成果も変わってくるはずです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、早起きのための新しいアプリを知りました。

おもしろい機能があったので、さっそくインストール。

試してみて、良かったら記事にする予定です。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-モチベーションの習慣

執筆者:

関連記事

停滞している「続ける」モチベーションを3ステップで復活させる方法。

続けていると、どうしてもモチベーションがダウンすることがあります。 まさにその状態におちいっていた私が、たったの3ステップで復活したので、そのやり方を記事にしました。   スポンサーリンク …

習慣のマンネリ化を防ぐ3つの対処法

課題がやってきたときに大事なのは、どれだけたくさんの対処法を持っているかだと考えています。 それは、習慣がマンネリ化してきたときも同じです。   目次1 継続しているとやってくる大敵とは?2 …

ピリオダイゼーションのスキルがあなたの目標達成を助ける

目標達成するために有効なスキルをご紹介します。 それはオリンピック選手たちも活用している「ピリオダイゼーション」というスキルです。   目次1 「ピリオダイゼーション」というスキル2 日常に …

失敗を自己否定と切り離す方法。成果に必要な失敗というスパイス。

トライアスロンのレースで、またもや「失敗」をしまいました。(^_^;) この「失敗」を、単なる「失敗」にしないようにするために、「失敗」をとらえ直してみました。 もし、あなたが「失敗する自分はだめだ」 …

あなたは目標を1日に何回思い出していますか?

自己成長に欠かせない目標設定。 せっかくの目標を忘れないような工夫をしましょう。   目次1 小説「かもめのジョナサン」がヒットした理由2 目標を複数の方法で思い出す工夫3 目標を「景色」に …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。