【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づきの習慣

「わかっているけど、できない」は、本当に「わかっている」のか?

投稿日:2017/05/12

Pocket

「わかってるんだけど、できないんですよ〜。」という言葉。

私が言ったことはありますし、相手に言われたこともあります。

しかし、自分ができていないことは、本当は「わかっていない」のではないでしょうか?

 

スポンサーリンク


 

低カロリーで高たんぱくのメニューを選ぶ

昨日、家族の夕食を外で食べることにしました。
(妻の仕事が遅くなり、かつ、娘のピアノの申込みがあったので)

食事に行ったのは、チェーンの「鳥貴族」。

そこでオーダーしたのは、

・枝豆
・冷やっこ
・むねのやきとり
・よだれどり

などでした。

並んだオーダーを見て、妻が「低カロリー、高たんぱくだよね〜。」とひと言。

家族との外食でも、ダイエットの習慣化は忘れていません(今のところ)。

ただ、やはり体重が増えていた頃は、このようなことはありませんでした。

揚げものや肉類など、高カロリーなものを食べていたのですね。

そのことに昨日、気づいたのです。

「ああ、やっぱり選ぶメニューが完全に違ってるわ。。。」ということに。

2年前にダイエットの習慣化に成功したときは、まさに枝豆や豆腐をオーダーしていました。

やせるための原因をつくっていたのです。

それが、徐々に体重が増えるメニューをオーダーするようになっていました。

「わかっているつもり」で、まったくわかっていなかったのですね。(^_^;)

 

「わかってるんだけど」は「わかっていない」

さらに気づいたことがあります。

私たちは、よく「わかってるんだけど、できないんだよね〜」と言いますよね。

しかし、よく考えると、わかっていたら「できる」はずです。

学校のテストだって、わかっている問題は解けたはずです(ケアレスミスはあるかもしれませんが)。

むしろ、間違えるのは、わかったつもりになっていたけれど実はわかっていなかったり、理解があいまいな問題でしょう。

わかっているのに間違えるというのは、答えを知っていながら、答えとは違う選択肢を選ぶことです。

そのような場合は採点すれば、もちろん不正解になるでしょう。

どのようなことを考えようとも、結果は自分が望んだものと違うわけです。

つまり、「わかってるんだけど、できない」というのは、結局「わかってない」ということではないか、ということなのです。

たとえば、私はいまダイエットの習慣化に取り組んでいます。

ダイエットは、食べすぎると太ります。

ですから、ランチは500キロカロリー以内におさえています。

それは、「適量以上に食べると太る」ということをわかっているからです。

というか、適量以上に食べてきたので(無意識のうちに・・・)、体重が増えてしまった状態をまねいたのですね。

わかっているから、食べすぎないように注意できるのです。

 

望む結果を得るための原因を集める

わが家の子どもたちも、

・それ知ってる
・それならわかってる
・もうできてる

ということを言いますが、多くの場合、できていません。。。

あなたにも、

・お酒を飲みすぎてはいけないと思いながら、飲みすぎてしまった

・禁煙しようと思いながら、たばこを吸ってしまった

・運動思いながら、面倒くさくなって外に行くのをやめてしまった

といったような経験があるのではないでしょうか?

それは、本当は「わかっていない」のかもしれません。

私のケースも同様で、「わかってるんだけど」というのは、はっきり言って勘違いなのですね。

以前、習慣化コミュニティーの友人に私がダイエットの相談をしたことがあります。

その際に、「伊藤さんが、食べてないし、以前と変わってないと言っても、絶対食べてるんですよ。自分が気づいていないだけで。(^_^)」と言われたのですが、まさに図星でした。

結果には必ず原因があります。

私の体重が増えてきていたのは、必然でした。

ですから、今度は、「体重を減らす」という結果を得るための原因を増やしていきます。

あなたも、望む結果を得るための原因をたくさんつくっていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

トライアスロンをやっている大阪の友人から、ブログ記事に対するメッセージがありました。

彼も1年半前からスイムスクールに通っているそうで、私の記事に反応したとのことでした。

彼もスイムが苦手だそうです・・・(笑)

でも、2人で一緒のトライアスロンのレースに出ることを約束しました。

ブログを書いていると、このような反応があるから、いいのですね。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

成長が止まっていると感じたときは自分の「限界」を疑ってみる

「もうこれ以上は無理、、、限界」と思ったときこそ、成長のチャンスです。 もしもあなたが停滞感を味わっているとしたら、それは限界を感じていないからかもしれません。   目次1 東銀座の老舗喫茶 …

「渦巻き」ムーブメントをつくり出すために重要なたった1つのこと:トーニャハーディングさんに学ぶ!その1

昨日はトーニャハーディングさんのセミナーに参加しました! 企画・主催は、人気ビジネス系メルマガ「平成進化論」の鮒谷周史さん。 【本日のお勧めメルマガ】 平成進化論 ごくごく内輪のセミナーだったこともあ …

自分を変える勇気を持つことは「今までと少しだけ違う自分」になること。

自分の可能性を最大化させるためには、常に変化していくことが大切です。 人は変化を恐れる生き物ですが、変化を楽しむ心がけを持てば新しい自分を発見することにもつながるのです。   スポンサーリン …

「義足の鉄人」から学んだこと:レースは「晴れ舞台」

■「義足の鉄人」古畑さんを初めて知りました。   昨日、撮りためていたハードディスクレコーダーの整理をしていたら、たまたまNHKのドキュメンタリー番組が録画されていたことが分かりました。 ロ …

身の回りの環境を整え、「心の澱(おり)」を取り去る習慣

目次1 ■「環境整備」で小さな心の負担を取り除く2 ■「ライフマネジメント」の観点から見ても環境整備は重要3 ■自分では「整っている」と思っていた「身の回りの環境」に落とし穴4 ■幸福度と環境整備に存 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。