【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づきの習慣

あなたは成長している?子ども時代の原風景をあらためて見て感じたこと。

投稿日:2016/08/18

Pocket

「自分に自信がなくて困っています・・・。」

セミナーや面談でお会いすると、そのように言われる方があります。

とても共感します。

私自身、自分なりに努力し続けていることでも「実力はまだまだだなあ。。。」と思うことが山ほどあるからです。

そのようなときでも、少しずつ進歩していることを確認して成長を感じましょう。

IMG_2908

 

スポンサーリンク

 

子ども時代の利根川を久しぶりに見たときの感情の変化

今年の帰省中に、娘と2人で利根川沿いを散歩しました。

利根川をはさんで2つの県がまたがる地域に住んでいたので、私が子どもの頃によく遊んでいた場所です。

今回ひさしぶりに訪れたところ、ある変化に気がつきました。

それは、利根川を見た瞬間に「おっ、もしウェットスーツがあったら、対岸まで泳げるなあ。」という気持が起きたことです。

むしろ「海と違って波もないし、泳ぎやすそう、、、というか泳いでみたい!」という感情さえありました。

川幅は1200メートル強くらい。

もちろん衛生面ではおせじにもきれいとは言えず、本当に泳ぐかどうかは別の話です。

しかし少なくとも利根川を見て、「こんな長い距離は泳げないな・・・」とずっと思い続けていたことが、「泳ぎたいなあ」という気持に変化していたのです。

この気持になるまで、じつに40年もかかったのです(笑)。

はっきり言うと、、、自分の成長を感じた瞬間でした。(^_^)

父親が子どもの頃は、対岸まで泳いで遊んでいたそうです。

子どもの頃、その話を聞いたときに「お父さんは泳ぎの達人」とイメージしていました。

でも今は、自分なりに努力して泳げるようになった結果、その当時の自分が「すごい」と思っていたフェーズに自分がたっていたのは間違いないのですよね。

 

ダメダメだった自分が持っていた「努力できる環境」という幸運

そのような出来事があったので、あらためて自分の過去をふり返ってみました。

大学卒業当時、就職しなければならないのに私に特別なスキルはありませんでした。

それどころか、いまだに自動車の運転免許も持っていません。

何かの才能に恵まれていたわけでもないです。

いまの会社に就職願いを出したのは、正直なところ当時の実力ではほかに選択肢がなかったからともいえます(もちろん、応募する会社はかなり吟味しましたが)。

大学は4年生を3回やったので6年通い、親を悲しませました。

その大学をようやく卒業すると、就職活動もせずに「自転車で日本1周する!」というプロジェクトに逃げるようなダメな奴でした。

そのような私が、今こうして偉そうに(?)ブログを書いていられるのは、はなはだ幸運としか言いようがありません。

なぜならば、

・妻に出逢い、子どもたちを授かることで責任感がめばえたこと
・私が目指したいステージを実現している師匠たちに出逢えたこと
・切磋琢磨できる友人たちに出逢えたこと
・習慣化やコーチングなど、打ち込める対象が見つかって仕事にできていること

という環境に恵まれているからです。

何より「まだまだ自分はできるはず」と無理やり思い込めば、向上していける状況にあることは本当にラッキーです。

そして、自分は「超・凡人」だからこそ、せめて自分ができる努力を続ける。

それによって自分がのぞむ成果を目指すことを忘れてはいけないのではないか。

そのように考えるようにしています。

 

自分の原風景を思い出して今と比較してみる

努力できる環境にあるというのは、じつは非常に恵まれていることの証拠です。

努力したくてもかなわない状況にある人に出会ったことは多いです。

いま自分が努力できるのであれば、今より将来の自分に期待できます。

成長できれば、自分が貢献できる分野が広がるでしょう。

その行動の連続が、やがて自分の自信につながります。

考えてみると、生まれてから社会人になるまで、何かしらのスキルを磨いて今に至っているはずです。

ですから、ときには自分の過去をふり返って自分の成長を認める時間をとってみる。

そのためにおすすめなのが、子どものころ見ていた風景に戻ってみることです。

私が利根川を見て感じたようなことが、あなたにも起こるかもしれません。

それは、自分でも忘れているような記憶なのです。

もしもあなたが自信を失いそうになったり、自信がないと思っているならば、ぜひ

・できなかった頃に見えていた景色
・できるようになった今、見えている景色

を見比べてみてはいかがでしょうか。

きっとあなたの成長を感じ、自信がわき出てくるはずです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は継続クライアントさんとのコーチングセッションでした。

先月のゴールはなんとほぼ150%で達成したので、さらにハードルを上げたゴールを設定しました。

今回のゴールも、見事にクリアしてくれるはずです!(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

先のばしをやめたいあなたへのヒント。解決のポイントは「今の快楽」と「未来の快楽」の選択にある。

先のばしをやめる習慣について、私の中での研究が少し進んだことがあります。 そこで、先のばし対策に対する気づきと対策を記事にしました。   スポンサーリンク   目次1 人間は本能的 …

「ひとり社長は近未来のイノベーターである」とぼくが考える理由

前回の記事にも書きましたが、引き続き「ひとり社長」のトークイベントから。 ※ご参考 8/2イベント「雇われない生き方、雇わない生き方」。「ひとりビジネス」という生き方の選択 本日は高坂さんのコメントか …

朝食と昼食をカロリーメイトだけにする3つのメリットと2つのデメリット

ひょんなことから、朝食と昼食をカロリーメイトだけですごす体験をしました。 「空腹に耐えられないのでは?」と思いましたが、思いのほかメリットがありました。   目次1 終日セミナーで「カロリー …

「食事」は双方向の気づかいと思いやり。あなたは相手へのリスペクトを持っていますか?

  こんにちは、伊藤です。 中学生の息子が朝食をつくってくれました。 「家族のための朝食をつくる」という春休みの宿題のためです。 息子があぶなっかしく朝食をつくる姿(笑)を見つつ、ぼくは少し …

「好きなことだから、やり続けられました」に隠れている真実とは?

「好きなことは続く、嫌いなことは続かない」 わかりやすいフレーズですが、ものごとはそれほど単純なのでしょうか。   目次1 「好きなことだから、やり続けられました」が包含する意味とは?2 「 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。