【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づきの習慣

「傾向と対策」は学校のテストだけじゃない!自分の人生にどのように適用するか?

投稿日:2014/06/21

Pocket

息子の定期テストを見ていて考えたこと

息子が中学生になって、初めて定期テスト(期末テスト)を受けました。

一生懸命勉強する息子を見ていて考えたことを記しておこうと思います!

 

(ここから有料メルマガのご紹介です)
————————————————————

「早起き」メルマガ(有料)始めました!

登録はこちらから!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

————————————————————
(有料メルマガのご紹介はここまでです。)

 

テストは出題範囲が分かる

期末テストは出題範囲がありますよね。

各教科ごとに「1学期の期末テストはこの範囲から出題します。」ということが分かっているんです。

「だから、出題範囲をちゃんと勉強してきてくださいね」と言われているのと同じこと。

どのような知識が求められるのか、全体を見通せば難易度や問題の傾向を知ることができます。

 

繰り返し練習する

知識を得たら、自分で回答できるようになるまで練習問題を解きます。

そして、一回回答して終わりにするのではなく何度も繰り返すのです。

何度も繰り返すことで、身体で分かる感覚を持てるようになるですよね。

習慣化コンサルタントの古川武士さんがよくおっしやる「知得ではなく体得」の状態です。

ここで結論が出ました。

テストへの不安をなくすためには、

1、出題範囲を確認する

2、想定問題を何度も繰り返す

という2点を重点的にトレーニングすれば良いわけです。

練習すればするほど、安心感を持ってテストにのぞむことができますねよ!

 

a0055_000863

傾向と対策を練る

それで、思ったんです。

大人になると、、、

同じようにはいかないよな、と。

 

人生は、楽しいことが多いですが、楽しいことばかりで埋め尽くすこともできません。

それは、自分の想定を超えた問題が降りかかってくるからです。

要は、

1、出題範囲を確認する

ができない。

出題範囲が自分では分からないからです。

そうなると、自然と

2、想定問題を何度も繰り返す

もできません。。。

だから、人は不安になるのではないでしょうか?

学校のテストには、出題範囲があるから傾向を読めるし、問題の解法が分かれば対策できます。

人生はそうはいかないということですね。

 

でも、だからといって何もしないわけにはいきません。

テストはあきらめるしかない時もあるかもしれませんが、自分の人生をあきらめるわけにはいかない(と、わたしは思う)から。

ですから、わたしは先人たちの人生の知恵を学び、生きざまを学びます。

世の中にわたしなんかが想像できないほどの偉業を達成した人たちがいます。

それらの偉大な人たちの人生を本などで追体験することができますよね。

これで「傾向」を学ぶことができます。

そして、自分の人生にも同じようなことが起きるとすれば、どのような準備が必要になるのか?

自分の理想の人生に必要な学びと行動は何なのか?

必要な行動をどのように習慣に落としていくのか?

ここで繰り返しトレーニングすれば「対策」ができますよね。

 

まとめます。

お伝えしたいのは、学校のテストのように

【人生にも「傾向と対策」という概念を持ち込んでみませんか?】

という提案です。(^_^)

先人たちの歴史を学び、自分に必要な学びと行動を重ねる。

これが、

「人生における傾向と対策」

といえるのかな、、、

と。

あなたの人生に必要な傾向と対策を考えてみませんか?

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の気づき】
学校のテストと同じように、人生にも「傾向と対策」という概念を持ち込んでみる

 


-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

「感情が先。理屈は後。」理論には、「人が動く」プロセスがある。

「感情が先。理屈は後。」という理論は、パワフルです。 その理論は、まさに「人が動いてしまう」プロセスだからです。   スポンサーリンク   目次1 「蒙古タンメン中本」の蒙古タンメ …

宝くじの当選を願う人生について考える。自分の夢は、宝くじに当たることで叶うのか?

あなたは、宝くじをいつも買う方でしょうか? 私は、宝くじを買ったことがありません。 その理由を考えてみました。   スポンサーリンク   目次1 年末の宝くじ売り場に並ぶ人たちを見 …

異質感を積極的に取りにいく。ときには自分の立場が「最下位」になる場所へ。

自分がすごしている日常の世界。 意識して余白をつくり、「異質感」を味わっていかないと、自分の伸びしろが足りなくなってしまい世界は広がらないと感じています。   スポンサーリンク   …

なぜ、あなたは「やりたいことがわからない」と言ってしまうのか?

私は、コーチングなどで関わる方に「やりたいことや好きなことに取り組みましょう」ということをおすすめしています。 ただ、「それが簡単じゃないんですよね」と言われることも多いんですよね。 「やりたいことや …

「学習性無力感」におちいりかけた自分。友人たちの努力に目が覚めた。

日曜日のマラソン大会で、友人たちが自己ベスト更新を連発していました。 結果を見ていて、本当に感動しました。   スポンサーリンク   目次1 ガラス瓶の中のノミが飛ぶことをやめてし …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。