【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

書く習慣 良習慣の習慣 読書の習慣

「天才たちのライフハック」から3つの良習慣を厳選してみた

投稿日:2020/10/06

Pocket

天才と言われるような人と凡人との違いはどこにあるのでしょうか。

大きな違いのひとつは間違いなく「習慣」です。




 

天才と普通の人との違いをつくり出すものとは?

「圧倒的な成功を収めた<天才>と言われるような人と、普通の人との違いは何だろう?」

たいていの人が気になるところではないでしょうか。

古今東西の活躍した天才と呼ばれる人たちと、平凡な人たちをわけるもの。

あえてひと言でいうと、

「習慣の違い」

にあると考えています。

そもそも先天的なものは変えられません。

後天的に変えるしかない。

その手法として磨けるものがあるとすれば、それはやはり習慣なのだと考えているのです。

そうなると気になるのは、天才たちはどのような習慣を持っていたかということですよね。

もちろん、天才たちの習慣を真似したからといってすぐに私が天才に変わるわけではありません。

それでも、習慣を参考にしたり、自分に取り入れてみることで天才たちの日常が自分に取り入れられるわけです。

取り入れる習慣を吟味すれば、決してむだなことはないはずです。

むしろ、自分の課題解決や飛躍のきっかけになるかもしれないのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





本「1日ごとに差が開く 天才たちのライフハック」から3つの良習慣を厳選

ただ、意外と難しいことがあります。

天才たちが持っている習慣がわからないということです。

それを紹介してくれる本がありました。

それが本「1日ごとに差が開く 天才たちのライフハック」です。

 

本書には、活躍している人たち88人が持っていた習慣やルーティンが88個紹介されています。

その中でとくにおすすめしたい良習慣を私がさらに3つしぼってみました。

 

1:時と場所を選ばずに読書する(ナポレオン・ボナパルト氏)

ナポレオン・ボナパルト氏を知らない人はいないでしょう。

革命期のフランスで大活躍。

一時期はヨーロッパのほとんどを支配した人物ですよね。

ナポレオンの優れた戦術はどのようにしてうまれたのか。

その源は「膨大な読書」によって養われたものだということです。

読書好きは常識を超えており、あるときのエジプト遠征に出発するときに1000冊以上の本を用意したとか。

まさに移動する図書館ですよね。

これはナポレオンが流刑になるまでずっと続いたそうです。

ここで学べるのは時と場所を選ばずに読書をし続けたということです。

彼の偉大な活躍は、この圧倒的な読書量にあったわけです。

天才が非凡な読書量によって歴史を変えたわけですね。

やはり学びが人生を変えます。

私も読書に出会ってから人生が少しずつ変わってきました。

当初は「1日に30分の読書をする」とか「1日1冊本を読もう」とノルマにしていた時期もあります。

しかし、今は異なります。

とくに読書の時間を設けていなくても、読書をしているのです。

それができるようになったのはiPhoneとKindleのおかげです。

帰りの電車での読書を基本にしてはいますが、移動中や自宅でも本を読んでいます。

私の普段は、読書によって変わり続けています。

学ぶ習慣を変える。それがいちばん人生を変える | 【良習慣の力!】ブログ

 

2:どうせなら夢を語る(ラリー・エリソン氏)

ラリー・エリソン氏。

世界でも5本の指に入るシリコンバレーの起業家だということです(私は本書で知りました)。

最初の資本金はおよそ20万円。

そこから生まれた会社はのちに「オラクル」と改名して、アメリカで2番目の売上を記録する巨大な企業に成長したのです。

そんなラリー・エリソン氏の良習慣は「どうせなら夢を語る」です。

“彼は友人とコーヒを飲みながら「大金を稼いだらどのビルを買おうか」と夢物語を話す習慣を持っていた”

彼は決して清廉潔白な人物ではなかったそうです。

でも、自分の夢を隠すことなく、実現を信じて公言する。

これは間違いなく良習慣です。

私も気のおけない友人たちとの飲み会やコーチングセッションでは、夢を語っています。

大うそつきのように。(笑)

でも、それが大事なのだと考えています。

言うだけなら誰にも迷惑はかけません。

何より、今の日本でもっと夢を語る場があればいいなと感じるからです。

いろいろな人に語ることでアイデアが出てきたり、実現するヒントをほかの人から聞けるかもしれませんよね。

世の中や会社の不平不満を言うよりも、夢を語ったほうが有益です。

あなたの夢や願望を現実に近づける3つの方法 | 【良習慣の力!】ブログ

 

3:朝には目標を、夜には課題を書いてみる(ベンジャミン・フランクリン氏)

「アメリカを代表する天才」と言われるベンジャミン・フランクリン氏。

彼は政治だけではなくて、科学者や発明家としても活躍していたそうです。

異なる分野での大きな活躍した人はほとんどいないのだとか。

そのベンジャミン・フランクリン氏が大切にしていた良習慣とは何か?

それは「時間を大切にする習慣」です。

理想のスケジュールをつくり、それに沿って生活を送ろうとしていたのです。

とくに注目したいのは、彼が毎日のように自分に質問していたフレーズ。

それが、

“朝は、「今日はどんな有益なことをしようか?」。

夜は、「今日はどんな有益なことをしたか?」。”

という問いだったのだということです。

いかに有益に生きるか。

そこにフォーカスがあたっていたのでしょう。

この習慣こそ、まさに「ふり返りとプランニングの習慣」ですよね。

1日単位でふり返りとプランニングをすることによって、日々の生活を微調整していたのでしょう。

私もおすすめしています。

自らを省みる。

明日をより良くしようとする。

そんなくり返しこそ、地味ですが着実に積み上がるものだと考えています。

なぜ、90%もコースをはずれた飛行機が目的地につくのか?計画がずれてもゴールにたどりつく方法。 | 【良習慣の力!】ブログ

 


■スポンサーリンク




うまくいっている人の良習慣を取り入れてみよう

天才たちの良習慣を取り入れれば、私たちの生活も向上します。

そういった習慣は、魔法のようなものではありません。

天才たちの習慣も、それは同じです。

天才たちの習慣が魔法で、凡人の習慣がしょぼいわけではないのです。

だからこそ、私たちも活躍する人やうまくいっている人の習慣をサンプリングしましょう。

最初は意図がわからなくても、やり続けるうちに「こういうことか!」という瞬間がやってきたりするものです。

まずはあなたの身近な人の良習慣を取り入れるのでもいいかもしれませんね。

私も、常に今よりも効果的な良習慣を探すことをやめていません。

あなたも、ご自身の良習慣をどんどんブラッシュアップして、よりよいものにしていきましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時の「習慣化オンラインサロン」朝活ファシリテーションからスタート。

夜は「習慣化オンラインサロン」チームのSさんとの個別ミーティング。

今後の構想を話しているうちに興奮してしまい、思わず予定よりロングバージョンになってしまいました。(^_^;)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-書く習慣, 良習慣の習慣, 読書の習慣

執筆者:

関連記事

自信の取り戻し方。頭・心・体に小さな達成感を積み重ねよう。

今までできていたことが、急にできなくなってくると自信が揺らぐものですよね。 少しずつ自信を取り戻していく方法を記事にしました。   スポンサーリンク   目次1 好調だった習慣がイ …

あなたの「器」を大きくする方法

「人の器」や「人格」という言葉がありますが、具体的には何なのかはわかりませんよね。 それが私たちが持つ「4つの領域」のレベルアップによって、成長する可能性があることがわかりました。   目次 …

「自分以外の人に思いやりを持つ・許容する」とどんな良いことがあるのでしょうか?その理由は何でしょう?

目次1 「自分以外の人に思いやりを持つ・許容する」の続き2 メリットは?3 なぜ、そんな風に言い切れるのか?4 「許容」は「人間力」 「自分以外の人に思いやりを持つ・許容する」の続き 6つ目の成功習慣 …

成功習慣8つ目は「自分の価値観・求めているものを知る」です!

目次1 8つ目の成功習慣は?2 自分の価値観を知ることは重要3 面倒くさがらずに自分に向き合う4 何をすれば良いのか? 8つ目の成功習慣は? さてさて、思わぬ長いシリーズになってしまいました「人生成功 …

息を吸うように本を読む習慣。どこでも読書をするための4つのツール。

「本を読む」という行動は、私がはじめて続けることに成功した習慣です。 本を1冊読み終えるごとに、「自分の山の頂上」が1センチほど高くなったように思っています。   目次1 「本を読む」ことが …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。