【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考の習慣

自分の性格はどのようにつくられたのか?ヒントは幼少期のインパクト体験にあり。

投稿日:2016/10/31

Pocket

人は無意識のうちに、自分の頭の中にまわす言語(ルール)を持っています。

そのルーツは、多くの場合、幼少期につくられているということがわかってきました。

自分の頭の中で無意識にまわす言葉たちは、性格や行動をつくる非常に重要なものです。

4d2893f9e732226f96ff0ccb1627869f_s

 

スポンサーリンク

 

ビリーフ(無意識の思い込み)は幼少時代に形成されている

感情日記をつけていて、人が持っているビリーフ(無意識の思い込み)というのは、幼少時代に形成されている、ということがよくよくわかってきました。

幼少期は、心が無垢ですよね。

無垢な状態でビリーフが形成されただけに、インパクトがあるということです。

まるで、まだ真っ白なキャンバスに、色の強い絵の具を強烈に塗りつけられたような感覚。

ですから、多少上塗りしたくらいでは見えなくなりません。

また、見えなくなったとしても、実は奥底に塗りたくられているということは同じ。

子供のころにつくられた性格は、大人になっても大きくは変わらないのです。

よく「三つ子の魂100まで」と言われますが、まさにこの状態なのですね。

 

私が「人前で感情的になってはいけない」というビリーフを形成したプロセス

私が持っているビリーフに「人前で感情的になってはいけない」というものがあります。

そのビリーフがつくられたのは、私が中学生のときでした。

サッカー部の友人が私のことをからかったため、私は思わず殴りかかってしまったのです。

部活の練習中に・・・(恥)。

ほかの部員にとめられました。(^_^;)

部活が終わって帰宅してから、友人に電話をしました。

私から、友人に謝りました。

たしかに、殴りかかるほどのことではなかったと思います。

しかし、ほんの一瞬、ちょっとした一言で感情的になったことで、とても気まずい思いを抱き続けることとなってしまいました。

今ではほとんど彼には会いませんし、その後もわだかまりはなかったとは思いますが、なんとなく何かをひきずっている感覚はあるのです。

「いっときの感情に任せると、結局は自分が損をするんだよな・・・」

そのような思いが、私に強く残るできごととなりました。

そうして、今後は同じような後悔をしないために、私に「感情的になってはいけない」というビリーフが形成されたのです。

そのほかにも、

・小学校3年生のときに、感情的になってFくんを突き飛ばして泣かせてしまった(よくよく考えてみると、自分も悪かったです・・・)。

・小学校6年生のときに、同じクラスで好きだった女の子が、別の男子に優しくしていたところをみて感情的になった(今考えると普通のことです・・・)。

・姉と、ファミコンをやるのか、歌番組を見るのか、チャンネル争いをして兄弟げんかをした(今考えると、私が弟で幼稚だっただけですが・・・)。

といった出来事が人生の随所にあり、私の中に「感情的になってはいけない」というビリーフが、「やっぱり、そうなんだよね」と強化されていったのです。

 

幼少期のインパクト体験を探ることは自分を知ることにつながる

「人前で感情的になってはいけない」という無意識の思い込み。

そのビリーフを強く信じているため、私はめったなことでは怒らなくなりました。

イラッとすることはあっても、うまく抑えていました。

それは、何かイラッとしたときでも、「人前で感情的になってはいけない」というビリーフが頭の中をまわるからです。
(やがて、私は「自分の感情を素直に表してはいけない」という思い込みを持つように、つながっていくのですが、それはまた別の機会に記します)

ビリーフ生成のプロセスがわかれば、反論することや検証することができます。

ですから、ビリーフの存在を発見することが大事なのです、

もしあなたが、ビリーフの発見方法がわからない、ということであれば、幼少期のインパクトのある体験を思い返してみることがおすすめです。

「自分を知る」というために、幼少期にインパクトを受けた体験を思いだして、それが今にどのようにつながっているのかを考えてみてはいかでしょうか。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

日曜日はEKトライアスロンの日でしたが、体調不良によりDNSで断念しました(久しぶりに熱が39度近くまで出ました・・・)。

せっかくいろいろな部分が復調してきたのに・・・(T_T)

といいつつ、あせってもだめなので回復に専念します。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考の習慣

執筆者:

関連記事

正解を求めて完ぺきを待ってはいけない。自分の生き方を◯×で決めないようにしよう。

テストで98点や95点だと「100点じゃなかった」「どこを間違えたんだろう」ということで間違いに目が行きがちです。 しかし、正解ばかりを求めすぎると自分の可能性を狭めてしまいます。   スポ …

あなたに起きていることはすべて「ちょうどいい」と考えてみる

トラブルやイレギュラーはできれば起こって欲しくないことでしょう。 ただし100パーセント避けることはできません。 それよりもトラブルやイレギュラーが起きてしまったときのセルフトーク(自分に話す言葉)を …

悩みの源泉はほかの人との比較。幸福を感じる基準は自分で決められる。

日々生きていると、うまくいくことばかりではありません。 というか、うまくいくことのほうが少ないような感じさえあります。(^_^;) ただ、そのような状況であっても、幸福を感じることはできるはずです。 …

「忙しい」という言葉を言わないようにするための対処法

「忙しい」という言葉を使ってしまうときは、思考や感情が追い込まれているときです。 そこから抜け出すためには、「感謝」という感情を高めてみましょう。   目次1 「忙しい」ことは美徳ではない2 …

「もう無理」と思ったら最善主義。今の自分ができる小さな行動を探していく。

俯瞰して物事を見るタイプの友人と、目の前のことに集中しがちな私で、「行動できるときと、できないとき」の話をしていて気づいたことがありました。 それは、思考習慣が「完璧主義思考」か、「最善主義思考」か、 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。