【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考の習慣

完璧主義に苦しんでいませんか?「完璧以外は失敗」を手放す3つの視点。

投稿日:2018/07/28

Pocket

100点満点は、誰でもうれしいものですよね。

ただ、それが過剰になると完璧主義になり、自分を苦しめる可能性もあります。

 

スポンサーリンク


 

クイズで「満点をとりたい」という完璧主義思考

今日は休日だったので、娘と一緒に、YouTubeにアップされているクイズをやっていました。

子どもに教えてもらったのですが、なかなかおもしろく、本当にYouTubeっていろいろな映像があるのですよね。

さて、クイズをやれば、ほぼ無意識のうちに正解することに意識がいき、満点をとることをめざそうとします。

これは、小学校で小テストで満点をとるような感じで、できると快感なのですよね。

ここで感じたのは、「100点をとりたい」という感情、つまり完璧主義です。

完璧主義は一見ポジティブに感じますし、成果を上げている人は完璧にやっている人だという思い込みをつくりあげてしまうもの。

ただ、実は完璧主義が強くなりすぎると、成功のチャンスを奪うものでもあります。

 

「完璧以外は失敗」という思い込みを手放す

では、完璧主義の源泉はどこにあるのでしょうか?

たしかに、満点をとることはすごいことです。

でも、「満点をとることが人から認められる条件である」と思う感覚が身についている可能性があるのですよね。

要は、完璧主義者の特徴として、失敗することの恐怖によって動かれていて、その感情から目標を達成しようとしているのです。

そして、

・完璧以外は失敗

と強く思い込んでいることも特徴です。

もちろん、完璧主義が100%悪いと言っているわけではありません。

ただ、完璧を期すあまりに動けなくなったり、ほかの人にも完璧を求めて自分もほかの人も苦しくなるのと苦しいです。

反対に言えば、成果を上げている人は、「必ずしも完璧である必要はない」と思っている人が多いものです。

そのような人は、完璧ではなく、「最善」を目指しています。

実際、完璧主義者は、最初からとても高い目標をたてる傾向にあるのですね。

でも、最善主義者は現実的な目標をたてて、その目標を達成した先のことをイメージしています。

また、完璧主義者は目標達成を目指しますが、最善主義者はゴールを目指すプロセスに成長や価値を感じることができる。

たとえば、ブログやメルマガを書いていて、誤字脱字が気になるあまりに更新頻度が減ってしまったり、発行できなくなる人というのは、完璧主義におちいっているのですね。

また、自分が完璧を目指していると、ほかの人の誤字脱字を許せなかったり、それを見てイライラするようなら、完璧主義をゆるめたほうがいいでしょう。

何より、私自身が完璧主義だったので、その感覚はわかります。

 

完璧主義を抜け出す3つの視点

完璧主義から抜け出すために、次のようなことを意識しています。

 

ベビーステップではじめる

完璧主義者は、目標を高く設定するあまり、ミスを許せません。

そこで動けなくなるよりも、目標を小さく設定することです。

ベビーステップでスタートすれば、小さなミスも許せるようになります。

たとえば、読書を習慣化しようとして「1日1冊本を読む」ことを目標にしたとします。

最初はモチベーションも高く、1週間に7冊にトライするのですが、イレギュラーなできごとがあって本が読めなくなると「やっぱり自分はだめなんだ・・・」と感じて、投げ出してしまいます。

ですから、最初は週に1冊からスタートする、といった目標にするのです。

 

プロセスを重視する

完璧主義から抜け出すためには、ゴール達成までのプロセスに焦点をあてることが大事です。

達成までにスモールゴールを設定して、1つひとつクリアしていくようにするのです。

もしかすると、「自分は完璧ではない」という感覚に違和感があり、後ろ向きになってしまうかもしれません。

そのときは、それまでに歩んできたプロセスをふり返り、そのプロセスから得たものを明確にしましょう。

これは、効果があります。(^_^)

 

仲間をつくる

同じ目標を共有できる仲間と取り組むことも重要です。

仲間がいれば、ベビーステップも、プロセスに集中することも、行いやすくなるからです。

完璧主義者は批判にも敏感なもの。

周囲の目が気になってしまうときもあると思います。

ただ、ある種の建設的なフィードバックは、あなたをより良くするためのチャンスでもあります。

それはより成長した自分になるための、ステップでもあるのです。

 

実は、完璧主義者は意外と自己肯定感が低いものです。

目標が高いため、それに届かない自分を責めてしまう傾向にあるのですね。

そこにおちいらないために、完璧主義を弱めることを意識してみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりで家族と待ち合わせして神楽坂祭りの阿波おどりをみました。

これで3日連続でお祭りに。(笑)

あまりの人ごみに(当然、想定していましたが)さらっと退散して、飯田橋の居酒屋で家族で食事を楽しみました。

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考の習慣

執筆者:

関連記事

自分が失敗した数だけ、ほかの人のお役に立てる可能性が高まる。

失敗をこわがりすぎると決断を保留にして先のばししてしまうものです。 そのようなときは「自分が失敗した数だけ、ほかの人のお役に立てる可能性が高まる」と考えるようにしています。   目次1 アイ …

ほかの人に期待しすぎるのはNG。忘れてはいけない「自分で選択した」という視点。

コーチやコンサルタントの強いセールス文を読んでいると、まるで「あなたに魔法をかけます!」といったような感覚になることがあります。(^_^;) ただ、どれほど優秀なコーチやコンサルタントをつけても、最終 …

「やったほうがいいのはわかっているに、なぜか体が動かない」ときの3つの対処法

頭では「やったほうがいいこと」だとわかっているのに、どうしても体が動いてくれない。 このようなときは、どのように対処していけばいいのでしょうか。   目次1 なぜ「頭」で考えていても「体」に …

松井秀喜さんに学ぶ!「折れない心をつくる」7つの思考習慣

あの松井秀喜さんと「7つの習慣」が結び付けられた記事がありました。 妻からのナイスプレゼントです(笑)。 松井さんから素晴らしい思考習慣を学びましょう。     目次1 私がもっと …

自分の価値観を知ることは、自分だけでなく相手のためにもなる。

あなたが価値観を知り、優先順位を決め、アウトプットすること。 それは自分だけでなく、周囲の人にも重要なことだと思います。   スポンサーリンク   目次1 家族の体調不良と自分がや …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。