【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

変化のない毎日に不安になったら?小さく行動と選択を変えてみよう。

投稿日:2016/11/01

Pocket

「代わり映えのしない毎日にばくぜんとした不安を感じる・・・」

そのような思いにおちいるときはないでしょうか?

シンプルに抜け出すアプローチを記事にしました。

fb133f3428f4f8053e4e116bacbdcab3_s

 

スポンサーリンク

 

同じような毎日が続いて不安になるのは当然

習慣化のサポートやコーチングをおこなっていると、「人間というのは、安全が好きだし、安定を求める生き物なんだなあ」という思いを強く感じています。

実際、私たちが想像している以上に、20代から40代くらいまでのビジネスパーソンは同じような思いを抱えているものです。

仕事はまずまず順調にこなし、職場に多少の不満はあるけれども、転職するほどいやなわけではない。

家庭は、子どもたちともコミュニケーションをとっているし、奥さんと小競り合いはあっても(笑)、それなりにうまくやっている。

しかし、将来やりたいことがあるわけではなく、明確なゴールはない。

そのような状況で、ふと思うわけです。

「はたして、自分はこのままで良いのだろうか・・・」

そのような不安を、多かれ少なかれ誰もが抱えているものなのですよね。

 

かんたんに実践できる3つの行動変容

本能が安心・安全を求めているのですから、なるべく同じような行動をするようになるのは当然のことです。

だからこそ、あえて変化を起こしてみる。

そのようなとき、私がおすすめしたいのは毎日のルーティンや無意識の行動を、意図的に変えてみるのです。

今回は、私が実践していて、かんたんに実行できる行動変化をご紹介しますね。

 

1:駅までのルートを変える

私は、自宅から最寄りの駅までの道のりを、毎朝違うルートで歩いています。

気分によって、細い路地を通ったり、場合によっては少し遠回りをしてみるのです。

理由は、毎日同じ道を通っていると、無意識のうちにそのルートにしばられてしまうからです。

毎日同じ道を歩いれば安心・安全で、スピードも早いでしょう。

でも、あえて違う道を通ってみる。

ルーティンに変化を起こす、とても小さな冒険みたいなものです。

こうしていると、ルーティンにおちいっている感覚は薄れますし、惰性から脱する意識が芽生えるのですよね。

 

2:新発売の商品を買う

最近の商品は、どれもめまぐるしく変わっていますよね。

そのなかでも、あえて新商品ということで売り出す商品であれば、旧商品より何かしら良くなっているポイントがあるでしょう。

私であれば、お気に入りのビールを買おうとしてコンビニに立ち寄った場合でも、新商品のビールがあれば、それをを買うことにしています。

もちろん、はずれはあります。

でも、確率は低いですが、当たりをひく可能性もあるのです。

積極的にリスクをとるためのトレーニングにもなるでしょう。

はずれても痛くないレベルのリスクなら安いものです。

 

3:新しい雑誌を読んでみる

リアル書店に立ち寄ったときは、必ずビジネス書のコーナーに行きます。

それと同時に、ビジネス書以外のコーナーにも立ち寄るようにしています。

文学やスポーツ雑誌はわかりやすいのですが、それだけではなく医療や自然を扱っているコーナーに行くこともありますし、場合によっては料理や女性誌のコーナーにも行きます。

そこで、目に止まった雑誌をパラっと読んでみるのです。

美術やデザインなどの本を読むと、いつもと違う部位が刺激されるのがわかるのですよね。

私自身の実験結果はありませんが、アイデア発想やひらめきに一役買っているのではないかと考えています。

 

日常のルーティンに小さな変化を起こしていこう

「同じような毎日を過ごしているけれど、このままの日常が続いていくんだろうか・・・?」

上記のような気持は、まさに私も抱えていたものです。

そこで、安心・安全のルーティンから、あえて小さくおりてみる勇気。

上にあげたような項目であれば、リスクも少ないので簡単にできるはずです。

そのように、ルーティンを抜け出す意識を持っていると、自分が変化することに対する抵抗も減ります。

人間には安心を求める本能もありますが、成長欲求もあるのです。

変化するなら、成長して進化するプロセスも味わいたいもの。

小さな変化を楽しんでいると、「変化=楽しい」というプログラムが脳に生まれます。

そうすることによって、やがて大きな変化にもチャレンジしてみようという意識を鍛えることができるのです。

そのためにも、日常のルーティンに小さな変化を取り入れていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、親会社のかたにお誘いを受けて食事会へ。

高田馬場にある人気のやきとん屋さんということでした。

・・・が、私がいつも食べているお店のほうが明らかにおいしいし、値段もリーズナブルです。

やきとん評論家を目指そうかな・・・(笑)。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

「低下する欲求」と「向上する欲求」。2種類の欲求の違いを区別して習慣化を考える。

「やりたい=WANT」という欲求。 じつはこの欲求は2種類あり、習慣化のプロセスではその2種類を分けて考えることが重要です。   スポンサーリンク   目次1 人間の欲求は大きく2 …

「言わなければならない。でも、かなり勇気が必要。」そんなときにお勧めの2つのルール

  こんにちは! 「早起きコーチング」の伊藤です。 今日は嶋津良智さんから学んだコミュニケーションのスキルをシェアいたします。 題して、 「言いづらいことをどうしても伝えなければならないとき …

言語化し続けることは重要(たまにその効用を得る)

■行動習慣ナビゲーター最終日終了!   今日は行動習慣ナビゲーター認定講座の最終日でした。 僕は第10期に参加しました。  

メンタル安定のためにできること:「ひとつに依存しない」ことがバランス感覚を養い、「自分で選択できる状態」をつくる。

ぼくが会社員として働く中で、ここ数年で環境が激変したことが多々あります。 まあ、良いことばかりではないのですが。。。(笑) その中で、個人的に 「これはお勧めできる!」 と思えるのが、 「会社以外での …

非日常をリアルに感じる習慣

目次1 まとまったひとり時間が何よりの贅沢2 優雅な執筆(笑)3 非日常の世界をのぞく4 非日常を日常にするために まとまったひとり時間が何よりの贅沢 今日は、妻の許し(笑)を得て、久しぶりにまとまっ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。