【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

運動の習慣

第30回 NISSAN CUP 神奈川トライアスロン大会完走記。最後のランパートで思わず涙。

投稿日:2016/07/18

Pocket

人生初のトライアスロン オリンピックディスタンスへの挑戦。

いよいよ最後のランパートでしめくくります。

IMG_2688

 

スポンサーリンク

 

日産工場の敷地内を3周回するランパート

オリンピックディスタンスのランは10キロです。

日産カップのランコースは、日産工場内の敷地を走ります。

往復3.3キロ(片道 1.65キロ)を3往復して、最後に0.1キロ。

合計10キロとなります。

 

ラン10キロのプロセスで思わず出た涙

ランはけっして速くはありませんが、慣れています。

最後は楽しんで走ろうと思っていました。

 

ランパートスタート〜1周回目

ランはバイクの影響で力が入らない状態でスタート。

トライアスロンもスプリントレースは出たことがありますし、デュアスロン(バイク+ラン)には出場経験がありますので、この感覚はわかっていたつもりでした。

しかし、思ったよりスピードが出ません。

周回なので自分がどのあたりを走っているのかいまいちわかりません。

何人か抜いたのですが、まわりにいる人はどんどんいなくなっていき、ゴールへ向かっていきます。

 

2周回目

そして、またこの瞬間がやってきました。

後ろから、「かわいいユニフォームですね〜!」という女性の声がしたのです。

はい、スタッフの方が私の後方についてきたのです・・・(笑)。

スタッフの方と少し話をしつつも、

「ランもビリっていうことか・・・(涙)」

と思いながら、2周回目もバイクコースに引き続き、ほとんどコース貸切状態で走り続けました。

しばらくスタッフの方と一緒に走っていると、前方に選手を2人見つけました。

私のペースよりさらにゆっくり走っていたので、近づいてきたのです。

2人の会話を聞くと、

(女性)「もうだめ・・・。本当にもうやめたい。。。」

(男性)「大丈夫だって!今のペースで走っても間に合うから。」

(女性)「もういいよ〜。」

(男性)「ほんと、ゆっくりでいいから。」

という感じでした。

2人を見ると、男性は余裕があり、装備的にもトライアスロン経験者のようでした。

女性は、どうやら初心者っぽい感じ(私と同様に)です。

足を使い切ってしまったのか、かなりゆっくりペースで走っていました。

スタッフの女性が「大丈夫ですか〜?」と2人に話しかけました。

すると、男性が「たぶん大丈夫です、、、。」という感じ。

スタッフと男性の話を聞くと、2人は夫婦でした。

奥様が初レースのようです。

夫婦で仲良く完走するはずが、奥様がつらくなってしまい、ちょっとした小競り合いが起きていたのです。(^_^;)

「せっかく夫婦で仲良くレースに出たのに・・・」と思いつつ、ここでがぜん張り切る私(笑)。

夫婦を抜き去りました。

女性スタッフは私の後ろを離れ、夫婦の後ろにつきました。

この瞬間、私はビリではなくなったのです・・・!

思わず、ゲーム「桃太郎電鉄」で貧乏神をなすりつけたようなイメージをしてしまいました(笑)。

「良かった・・・!正直、ビリはさけたいものだよね。。。」

と思いつつ、最後の周回に向かいます。

 

3周回目

時計がなかったので、スタッフの方に「まだ制限時間大丈夫ですか?」と聞きました。

すると、「まだ全然、大丈夫ですよ!」との声がありました。

これで安心しました。

「完走できるんだ・・・!」

走っている間、ふと考えたことがあります。

5年前に本田直之さんの本を読んで、「トライアスロンをやってみたい!」と思い立ったあの頃。

運動なんてまったくやっていなかったので、近所を3キロのウォーキングするところから運動をはじめました。

そうして5キロ、10キロと距離をのばして、初めてハーフマラソン大会に出たのがちょうど2011年の6月だったのです。

そこから考えると、じつに丸5年かかったことになります。

そこから、はじめてフルマラソンを完走しました(6時間かけて・・・)。

車も持っていない小遣い制の会社員が、トライアスロンレースに出られるような高価なロードバイクを買うのは本当に大変でした。

そして、40年もの間かなづちだった私が、なんとか溺れずに1.5キロ泳げるようになりました。

そのようなことを思いながら「5年越しの夢が叶うんだな・・・。」と思いました。

目頭が熱くなってきました。

じんわりした感情が私の心をおおってきます。

気づくと、私は泣きながら走っていました。

 

ゴール

泣きながらゴールするのも良かったのですが(笑)、

「ゴールは笑顔で!」

そう思い直して、いよいよ最後の直線に入りました。

すでにレースを終えて帰途についているほかの選手たちから、

「ナイスラン!」

「あとちょっとですよ!」

「がんばってください!」

といった声援を受けました。

大人になって、こんな風に見ず知らずの方に応援してもらえるというのは、スポーツの良いところだな、とあらためて思います。

「ありがとうございます!!」

声援にこたえながらFINISHゲート上の時間をみると、4時間をすぎていました・・・。

「あっ、急がないとやばい!」

急いでかけこみました。

ハイペースで走ろう・・・と頭では思いましたが、体がついてきていません。

ほとんど従来のペースと変わらないのです。。。

それでも足を前に運びました。

結果・・・。

なんとか3時間58分でゴールできました!

4時間をすぎていたのは、第1ウェーブの時間でしたので、私は制限時間2分前にゴールできていました。

そのようにして、私の人生初トライアスロン オリンピックディスタンスが、ようやく終了しました。

ゴール前で、妻と娘に迎えてもらいました。

このときは私の顔には、もう涙はありませんでした。

「ようやくゴールできた・・・!」

言葉にできない喜びと、ビリから脱した達成感を持って、私の初レースが幕を閉じました。

 

記憶と記録に残るリザルトは一生もののメモリアル・デー

翌日、日産カップのリザルトが配信されていました。

私は、楽しみに見てみると、、、自分の名前がなかなか出てきませんでした。

「あれ、、、おかしいな・・・。」

リザルトのPDFをどんどん下にスクロールしていくと、、、ようやくありました。

結果は、419位でした。

制限時間2分前でしたが、きちんと完走者として自分の名前がリストに載っていることに感動しました。

これで私も、無事にオリンピックディスタンスのトライアスリートといえるのです。

また、今回の日産カップで完走した選手は、全部で419人でした。

「ん・・・?」

私は、目をこらしてもう一度リザルトを見ました。

二度見、三度見しました(笑)。

しかし、やはり、

【419位/419人】

でした。

つまり、ビリです・・・(笑)。

抜いたと思っていた夫婦の奥様は、ウェーブスタートが私よりも後ろだったので、実際のレースタイムは私より20秒ほど早かったのです・・・。

大人になると、なかなかビリになる機会はありませんよね・・・?

ですから、じつに貴重な経験です。

あとは登っていくだけ、ということでもありますので・・・。(^_^;)

ということで、私の人生初のトライアスロン オリンピックディスタンスの結果は、私の記憶にも、大会の記録にも残るレースとなりました。

ただ、目標としていた「完走」は成し遂げました。

スイムでは本当にリタイアしようと思いましたが、大きなトラブルもなく、4時間近くレース完走できました。

無事に生きて陸にあがってこれて、レースを楽しめたのです。

5年越しのゴールを達成した最高の1日でした。

自分の人生の終焉を迎えるときに、確実に思い出す「メモリアル・デー」。

このような記念日をたくさん持つことが人生を豊かにするのではないかと考えています。

あなたは最近、「メモリアル・デー」がありますか?

もし、ないとしたら、少しさびしいのではないでしょうか・・・?

でも、大丈夫です。

そのような記念日は突然やってくるものではなく、自分から少しずつ近づいていくことで到達することができるからです。

少しずつ前進していけば良いのです。

・・・良習慣によって。

これからも、私はトライアスロンのようなゴール達成を通じて、たくさんの「メモリアル・デー」をつくっていきたいと考えています。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、娘の保育園関係のつながりでパーベキューに参加。

本来なら昨日は家族で泊りがけで遠出する予定だったので、参加しないことを表明していました。

しかし、残念ながら家族の予定が変更になったので、急きょ参加することにしました。

火起こしから肉焼き係まで、担当の仕事をやり遂げました(笑)。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-運動の習慣

執筆者:

関連記事

no image

「時間がない!」ときこそ、運動するチャンス! 〜トライアスロンデビューを振り返る(5)〜

———————————————————— 当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(私の造語です 笑)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 私が「良習慣」を獲得してい …

no image

自分が経験しているか、いないか 〜トライアスロンデビューを振り返る(1)〜

———————————————————— 当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(僕の造語です)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 僕が「良習慣」を身につけていく …

川崎港トライアスロンin東扇島完走記。会場が見つけられないトラブルに遭遇。。。

昨日、「川崎港トライアスロンin東扇島」レースを完走しました。 体験を5回に分けて記事にしていきます。   スポンサーリンク   目次1 川崎駅までの道のり2 今回のレースに向けた …

「スイーツロゲイニング in 渋谷」体験レポート。運動しながらスイーツも楽しめるお得なイベント。

5月に初めてロゲイニングに参加してから、ロゲイニングに興味が出てきています。 ご家族を持つ方のためにも、ロゲイニングを広めていきたいので、参加したときはレポートを書いていきたいと思います。 &nbsp …

急に「そうだ 皇居ラン、行こう」と思ったら。手ぶらでOKの「Run Pit(ランピット)」がおすすめ。

ランの準備を持っていなくても、ランステにはレンタルがあります。 はじめて手ぶらでランステを利用して、皇居ランをやってみました。   スポンサーリンク   目次1 急に皇居ランを思い …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。