【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

運動の習慣

たった2分間の行動ができれば、運動習慣が継続できる方法

投稿日:

Pocket

運動習慣を継続するための秘けつを記事にしました。

ポイントは、

・最初の2分間に何をするか?

です。




 

行動習慣の成果を決める「最初の2分間」

行動習慣で大事なのは、

・最初の2分間

です。

その2分間を意図してとれるかどうか。

ここにかかっています。

理由は、

・最初の2分間がなければ、60分後の完了もないから

です。

シンプルですよね。

どれほど「面倒くさいな……。」と思う習慣であっても、最初の2分間に取り組むこと。

ここにポイントを置いてみましょう。

たとえば、運動。

「面倒くさいな……。」と思う習慣の代表格です。

もちろん、私も同じ。

だからといって、「面倒くさい」という感情に負けているだけではいけません。

運動は、たいていの人にとっては、幸福な人生に欠かせない良習慣だからです。

では、どう取り組めばいいのでしょうか。

それが、

・最初の2分間

なのです。

2分間なら、どれほど予定が詰まっている人でも、1日の中でとれるはず。

あなたは、運動習慣を身につけたいなら、

・最初の2分間に何をするか?

を考えることが必要です。

最初の2分間の波に乗ることができれば、30分や60分後に目的地にたどり着くことができます。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





習慣の難易度を5段階に分ける

今日は、『習慣化三種の神器®実践プログラム』の中間セッションでした。

習慣化三種の神器®️実践プログラム

そこで、メンバーのみなさんにお伝えしたのは、この「2分間の重要性」です。

もちろん、2分だけで運動を終了するだけだと、体への効果はほとんどないでしょう。

では、どう考えていけばいいのか。

答えは、

・習慣の難易度を5段階に分ける

です。

具体的には、

・レベル1:とても簡単

・レベル2:簡単

・レベル3:中くらい

・レベル4:難しい

・レベル:とても難しい

に分けてみることです。

たとえば、運動。

「走る習慣」を例に考えてみますね。

走る場合は、

・レベル1(とても簡単):ランニングウェアとシューズを履いて外に出る

・レベル2(簡単):15分散歩する

・レベル3(中くらい):30分ジョギングする

・レベル4(難しい):5キロランニングする

・レベル5(とても難しい):10キロランニングする

という感じですね。

徐々に、時間や走るペースが上がっています。

毎日運動に取り組むとしたら、これくらいの段階にわけたほうがいいんです。

ただ、人は欲ばりな生き物。

最初は2分からスタートしていても、徐々に成長して10キロ走れるようになると、今度は「10キロを走らないといけない」と思うようになります。

すると、運動しようと思っても、「今日は10キロも走る時間がないな……。明日にしよう」と先のばしする。

そうして、運動をどんどん先のばししてしまいます。

結果、「やばい、もう3ヶ月走ってない……。」となってしまうんですね。

私も、経験があります(とくに冬)。

この現象を、私は「ちゃんとやるトラップ」と呼んでいます。

いつの間にか

・10キロランニングする=ちゃんと運動する

という思い込みになってしまうんですね。

ですから

・10キロランニングできない=ちゃんと運動できないから今日も走らない

という理屈になるわけです。

本来なら、10キロ走れなくても、15分でも散歩できたほうがいいですよね。

それなのに、自分の「ちゃんとやる」のイメージを上げてしまったばかりに、始める以前よりもレベルダウンしてしまう。

そんな「ちゃんとやるトラップ」に負けないようにしたいのです。

 

■スポンサーリンク




「ちゃんとやるトラップ」への対抗策

「ちゃんとやるトラップ」への対抗策が、

・最初の2分間

です。

 

大事なのはスタート地点

スタート地点が大事なのです。

最初から60分後のゴール地点を見るから、面倒くさくなるのです。

ですから、運動の場合なら、

・レベル1(とても簡単):ランニングウェアとシューズを履いて外に出る

が重要なんですね。

ランニングウェアとシューズを履いて外に出て、もしも「やっぱり面倒くさい」と思うなら、家に戻ればいいのです。

それでも、2分間はクリアしていますから。

ただ、私の経験上、

・着替えて外に出たら勝ち

です。

「やっぱりやめた」と家に戻るほうが「もったいないな……。」と思うんですよね(笑)。

ですから、スタートの2分間がキーなのです。

 

「続く人」はスタートを見ている

ランニングウェアとシューズを履いて外に出たときに、天候や体調も良くて、

「今日の感じなら

・レベル4(難しい):5キロランニングする

ところまでいけそうだな」と思えば、5キロをランニングすればOKでしょう。

ランニングしているうちに気分が高まり、

・レベル5(とても難しい):10キロランニングする

まで実現できれば、それはそれでOKですよね。

つまり、大事なのは、

・最初の2分間

です。

ほかの習慣でも、

・ジムなら、室内に入ってストレッチをして、マシンを使いたくないなら帰る

・読書なら、2分だけ読んで調子が悪ければ本を閉じる

・ブログなら、編集後記だけ2分間書いてみる

という感じですね。

実際、

・「続かない人」はゴールを見ている

・「続く人」はスタートを見ている

ものです。

 

セルフイメージの重要性

前述のように「2分では意味がない」という意見はあります。

そこで重要なのは、

・「私は運動する人だ」というセルフイメージ

です。

まったくやらないよりは、2分でも運動すれば「この人は運動するんだな」と脳が認識します。

すると、明日の自分に引き継ぎできます。

運動するイメージを引き継げば、明日の自分が10キロのランニングをする可能性を引き継ぎができます。

セルフイメージの引き継ぎが、習慣化に大事なんですね。

自分で自分を「自分は運動する人だ」と思えるようになれば、多少サボっても続けられるものですから。

さて、あなたが目指している習慣の

・最初の2分間

は何になるでしょうか。

ぜひ、そこから難易度5段階を考えてみましょう。

そして、可能なら記事を読み終えたあとの2分間、その2分間を実行してみることをおすすめします。

今日の『習慣化三種の神器®実践プログラム』の中間セッションでも、最後にメンバーのみなさんと2分間の運動をやりました。

私は、この記事を書き終えたら、スクワットを2分間やってみます。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、夜に「良習慣塾」セミナー(平日コース)を開催。

メンバー間の親睦も深まってきており、セミナーのワークのシェアや感想も深まっています。

Bさんからの感想でも「最近また一回一回が深いです。。」と。

深みのある時間、人生で大事だと思うんですよね。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-運動の習慣

執筆者:

関連記事

あなたの人生に必要なウォーミングアップは何ですか?ウォーミングアップの選択が未来をつくる。

スポーツのウォーミングアップは、レース本番で結果を出すために重要な要素です。 ウォーミングアップの重要性は、スポーツだけでなく人生も同様だと思うのです。   スポンサーリンク   …

日産カップトライアスロン2016。スイムパートで何度もおとずれた「リタイア」の4文字。

トライアスロン オリンピックディスタンスの初レース。 本記事ではもっとも不安だったスイムパートについて記します。   スポンサーリンク   目次1 緊張により本番前の試泳が不足して …

環境づくりで感情をつくればうまくいく。休日の午前中に運動をすることに成功した理由。

「面倒くさいな」と思う行動をするためには、どうすればいいのか。 力を注ぐのは、自分を動かす方向ではありません。 環境をつくることに力を注ぐこと。 それが重要なポイントです。   目次1 Zo …

2018年「柴又100K」惨敗記。まさかその後にリタイアするとは思わなかった順調の前半戦。

「柴又100K」のウルトラマラソン、残念ながら2年連続の完走にはなりませんでした。 惨敗の記録をふり返ります。   スポンサーリンク   目次1 「柴又100K」への5回目のエント …

早起きして朝の「旅ラン」 。街を知り、人を知り、朝日に出会える良習慣。

旅行先でランニングする「旅ラン」。 旅先での朝の目覚めが楽しみになる良習慣です。   スポンサーリンク   目次1 旅行先にランニングウエアとシューズは必需品2 「旅ラン」をする3 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。