【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

仮説の習慣

「プラス思考」はただの馬鹿ポジティブではなく、生き方の姿勢を決めること。

投稿日:

Pocket

愚痴や不平不満ばかり言っている人生と、「少しは理想に近づけるかもしれない」という期待を持って目指すゴールに向かっていく人生。

あなたが後悔しないのは、どちらの生き方でしょうか?

 

スポンサーリンク


 

「くやしい!」と言いながらポジティブな人

昨日、早朝スイムに行った際に、ある男性が、着替えているロッカールームで、

「くそー、今日こそはみんなのスピードについていけると思ったのに!なんでだろうなー、何が悪かったんだろう。しょうがない。また練習してやる!」

と言っていました。

しかも、明るく、笑顔で、大声でした。

すごいポジティブですよね。(笑)

こういったプラス思考、私は見習いたいと考えています。

実際、ビジネス書を読んでいると、

・楽観的になる
・ポジティブになる
・プラス思考になる

ということが重要だという風に、よく書かれています。

たしかに、ものすごくダークでネガティブな人が成功するとは思えませんよね。(笑)

 

マイナス思考で生きれば短期的には楽ができる

私が、その男性を見ていて感じたのは、「あー、こういう人は、プラスの面を見て生きていくことに決めているんだろうな。」ということです。

事実が1つあれば、物事の解釈は複数あります。

すべての物事には光と影があるとすれば、プラス面を見るようにするのがプラス思考でしょう。

たしかにそれはそうなのですが、「ただ、盲目的に良いところだけみる」という一面的な見方ですと、ただの「馬鹿ポジティブ」になってしまいます。

そうではなくて、良い面も、悪い面も、両方見た上で「自分のコントロールが及ぶ範囲の部分だけを見ることに決める」という考え方ができるのが、本当のプラス思考なのではないでしょうか?

考えてみると、マイナス思考で生きていたほうが楽な部分があります。

外部要因に責任転嫁できるからです。

会社の飲み会の席でも、最初こそ「会社を変えよう」といった前向きなテーマで話していたことがありますが、次第に、

・会社が悪い
・上司が悪い
・景気が悪い
・環境が悪い
・国が悪い

といったような話がはじまり、あとはその話題に終始するわけです。

以前、私が会社で仕事漬けになり、飲み会もすべて会社の人たちと過ごしていた時期は、9割くらいはそのような人たちでした。

こうしていると、自分を変えなくていいから楽です。

なにより、自分を守ることができます。

安全地帯から遠吠えをしていれば良いのですから、傷つかなくてすむのですね。

最終的には、「それをやるには俺の立場では難しいよ。できないよね。」と言ってしまえば済んでしまいます。

 

プラス思考を決めたら前進するしかない

しかし、プラス思考で生きていこうと思えば、そのようにして逃げることはできないでしょう。

高い可能性を感じていないゴールであっても、自分がやりたいと思い、できると思えば、少しずつでも前進する道を選ぶしかありません。

目指しているゴールが高ければ高いほど、落ち込むことが起こります。

私も、目指すステージには遠く及ばず、よく悶々としています。(^_^;)

ですから、その期間は自分を磨くために与えられた時間として受けとめて、

・ブログを書く
・コーチングセッションを重ねる
・ご支援している方の質問に答える
・ウルトラマラソンにチャレンジする
・スイムトレーニングの最中にプールの水をたらふく飲む(笑)

というように、自分の英気を養うようにしています。

たまに周囲の人から批判されることもあります。

それでも負けずに、自分で進んでいくしかありません。

愚痴や批判を言う人は、いざという時(いや、普段もですね)、私たちのことを助けてはくれませんので。。。

ただ、そのようにしていると、あるとき、目指す壁を乗り越えられることがあります。

そのような際には、ほかの人から「なかなかがんばっていますね。」と言ってもらえることもあります。

しかし、そこに至るまでには、あまり共感を得られませんし、時間もかかりますから、はっきり言ってつらいです。

私の場合、複業も、トライアスロンも、応援してくれる人はほんの一握りでしたし、時間もかかりました(おそらく、普通の人よりはるかに)。

でも、それでも、ほんのちょっとだけ乗りきってきました。

そのおかげで、今は尊敬する師匠たちに出会えましたし、刺激し合える友人たちに囲まれていますし、もちろん家族もいます。

ですから、「プラス思考で生きていく」と決めてみましょう。

そうして、たゆまず歩みを進めていくのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は早朝スイムのあとに出勤。

仕事中に、妻から「緊急で家族会議を開きたい」ということだったので、ひとり会議は延期して自宅へ。

ドキドキしながら帰ったら、子どもたちの問題があり、行動を変えるための話し合いがテーマでした。(^_^;)

私も父親の立場から「どうすれば行動が変わると思う?」と質問したり、「俺はこうしたらよかったよ」というアドバイスなど。

息子も娘も、早速アイデアを出していたので、実行を見守ろうと思います。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-仮説の習慣

執筆者:

関連記事

「これだ!」という仕事を見つけるために。仮説:好きでもない仕事でビジネスがうまくほど、世の中は甘くない

・好きなことを仕事にすればうまくいく ・好きなことは仕事にしてはいけない ・好きなことは仕事にしないほうがいい さまざまな意見がありますが、私は「好きなことを仕事にすればうまくいく」という意見を支持し …

「歯みがきするようにブログを書く」のは可能なのか?

「歯みがきするようにブログを書く習慣を身につけたい」 あなたは習慣についてそんな風に考えたことはありますか? だとしたら、ちょっと考え直してみるのもいいかもしれません。 私がそう考える理由を記事にして …

「習慣化は、セルフイメージ定着化までのプロセス」という仮説

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 ここ数日で、友人たちから立て続けに初対面のかたとの引き合わせを受けました。     目 …

ひとつに集中できない人はダメなのか?「ひとつ」に含まれる2つの視点を考えてみる

「ひとつの分野に集中できない自分は、うまくいかないのではないか?」という質問をよく受けます。 そのときに私が「そんなことないんですよ」とお伝えしていることを記事にしました。   目次1 「ひ …

自分軸を見つける方法。福山雅治さんに学ぶオリジナルな自分のつくり方。

1つのことに集中できる人が良くて、分散してしまう人はだめ。 そのように言われることが多いように思いますが、必ずしもそれが正しいわけではないと考えています。   目次1 1つのことに集中できな …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。