【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づきの習慣

コーチングセッションの成功と失敗を分ける差はどこにあるのか?

投稿日:2014/05/12

Pocket

コーチングセッションの話

週末にコーチングセッションをさせていただきました。

クライアントさんが非常に素晴らしい方でした!

結果、コーチとしての修練だけではなく、わたし自身の個人的な成長にもつながる非常に有意義な時間となったのです。

 

(ここから有料メルマガのご紹介です)
————————————————————

「早起き」メルマガ(有料)始めました!

登録はこちらから!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  

————————————————————
(有利メルマガのご紹介はここまでです。)

 

大失敗のセッション

以前のエントリでも書きましたが、スクールでのクラスC終了セッションはボロボロでした。

それは、生徒が先生にコーチングを行う試験です。

これがきつい。

弟子がお師匠に日頃の成果をぶつける格好です。

正直、身体中から汗が噴き出していました。

そんなコーチ、、、嫌ですよね。(笑)

充実のセッション

それとはまったく反対に、昨日のセッションは手応えがありました。

もちろんクライアントさんが素直で優秀な方、というのはあります。

ただ、それを差し引いても、わたしはコーチとして機能したという実感を持てたわけです。

理由は、クライアントさんが、

▼ワクワクする気持を感じ

▼いまやるべきことを整理し

▼実際に行動に移す

という結果を見ることができたからです。

「第2領域」の優先順位をあげていただくことができた。

つまり、セッションが成功したということですよね。

セッションの成功と失敗を分ける差は何か?

では、クラスC修了セッションと今回のセッションでは何が違ったのでしょうか?

この部分を言語化しておくことは、わたしの今後のコーチング人生でとても大切なこととなりますね。

セッションの成功と失敗。

2つの間に横たわる溝とはいったい何なのか?

あえて一つに絞るとしたら、わたしは

【クライアントさんの輝く未来を心から信じることができたかどうか?】

ということに尽きる、と思います。

やはり、練習は練習だし、試験は試験なんですよね。

それ以上でもそれ以下でもない。

ただそこに存在し、通過するための関門のようなものです。

しかし、正直言って「自分以外の人の人生にリアルに触れる」というのは、真剣度が違います。

その空間には試験の「し」の字もありません。

わたしはコーチとして、深く真剣にクライアントさんに向き合います。

わたしという人間を通して、クライアントさんの湧き立つ感情に触れていただくのです。

そこでは、わたしは透明です。

透き通っています。

まるで、自分がクリスタルの人形になったみたいに。

あるいは、透明人間と表現しても良いかもしれません。

a0780_000715

クラスCの修了セッションでは違いました。

セッションの組み立てや順序を意識し過ぎてしまい、肝心のクライアントさんの感情をないがしろにしていたのですよね。

つまり自分が主役になっていた。

今回はもちろんコーチとして意識はしていたのですが、クライアントさんの気持に寄り添うことを最優先にできました。

「コーチはクライアントの鏡」と表現されますが、まさにそんな心境をのぞいたわけです。

ただ、わたしがそんな風に手応えを感じていたとしても、大切なクライアントさんがどのように感じ、どのように考えたのかは分かりません。

しかし、わたしのクライアントさんはこんな素敵なブログを書いてくださったのです。

※必読!(笑)
【義務の側面を見るか、わくわくする側面を見るか】はじめてコーチングを受けてみての感想

コーチを志す人は誰もが

「クライアントさんにこんな風に思ってもらえたら最高だよね、正直なところさ。」

と思えるような感想ですよね、正直なところ。

コーチ。

コーチング。

ひょっとしたら、わたしにとっては天職かもしれませんね。

ますますコーチングにはまってきました。

それで、本日お伝えしたいこと。

確かに、人様の人生にリアルに関われるときは、テクニックとかスキルのようなものも大事です。

けれども、最も大切な基本は

【クライアントさんの明るい未来を手放しで信じることができるかどうか】

にあるように思えます。

これは、クライアントさんだけではなく、家族や取引先の方にも当てはまるのではないでしょうか。

逆の立場から言えば、コーチだけでなくコンサルタントやセミナー講師も同様です。

わたしは、コーチとしてはまだまだひよっこで初心者ですが、そんな風に考えるのです。

そういえば普段、あなたは対話している人の明るい未来をどれくらい信じて話を聴かれていますか?

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

【今日の気づき】
真剣に、深く自分以外の人様の人生に関わるときは、話者の明るい未来を心から信じる気持が重要

 


-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

「大は小を兼ねる」は習慣にも当てはまる

■恥ずかしい自己開示 今日は恥ずかしい告白をひとつ。。。(汗) 良習慣を名のるわたしですが、実は、、、 【家に帰ったら、手を洗う】 という、ショボイ習慣を定着させることができておりませんでした。(汗) …

時間の使いかたに後悔しない方法は、結局「何に時間を使うか」自分でルールを持つこと。

今年に入って新しい複業も増えたので、今年用の時間割をためしてみて、徐々に最適化してきました。 うまくいってきたポイントは、「何に時間を使うのか?」という優先順位を考えたことだと考えています。 &nbs …

挑戦者であり続けるために。わたしが考える3つの『人』。

目次1 先生とのセッショントレーニング2 緊張のシチュエーション3 「井の中の蛙」になれない幸運4 3つの「人」の大切さ 先生とのセッショントレーニング 今日の午前中、コーチングスクール先生とのセッシ …

「学習性無力感」におちいりかけた自分。友人たちの努力に目が覚めた。

日曜日のマラソン大会で、友人たちが自己ベスト更新を連発していました。 結果を見ていて、本当に感動しました。   スポンサーリンク   目次1 ガラス瓶の中のノミが飛ぶことをやめてし …

no image

自分のスキルを提供し、価値貢献できる嬉しさを感じた体験

———————————————————— 当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(僕の造語です)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 僕が「良習慣」を身につけていく …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。