思考の習慣 気づきの習慣

あなたにとって価値ある時間をつくる「3つのS」とは?

投稿日:


「自分にとって価値ある時間をつくるためには?」

この問いに答えられる3つの要素があります。

それは「Silence, Solitude, and Stillness」です。




 

価値ある時間をつくる「3つのS」とは?

あなたが、ご自身の内面を高めたいとき。

ぜひ、確保していただきたい3つの要素があります。

その3つの要素とは、冒頭にあげた通り

「Silence, Solitude, and Stillness」

の3つです。

日本語だと、

「沈黙、孤独、静けさ」

です。

この3つの要素を組み合わせた時間をとりましょう。

あなたに価値をもたらす時間となります。

1:沈黙

まず、誰とも話さない時間です。

意識をすべて自分に向けることができます。

自己対話が進みます。

あなたが沈黙の時間をすごすときこそ、脳内でどんな言葉を使っているのか。

意識を向けてみましょう。

 

2:孤独

次に、ひとりになる時間も大事です。

価値あるものは、孤独から生まれます。

私もブログを書いたり、セミナーの準備をするときは、ひとりです。

孤独です。

寂しくはありません。

孤独に準備している時間が、深くなると、お客さまに価値を届けられることを知っているからです。

 

3:静けさ

最後に、静かな空間にいきましょう。

寡黙な芸術家がアトリエにこもるように。

静かな空間で集中するのです。

「しん」とした時間ですね。

「沈黙、孤独、静けさ」の3つの要素を同居させる時間を、定期的にとること。

それが、私たちの内面を磨いてくれます。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





充実した人生に欠かせないこととは?

会社やオンラインでつながっていると「やらなければならないこと」が押し寄せてきます。

「これを全部やらないと大変なことになるよ」という感じで。

そこにすべて対応しようとすると、

「選ぶ力」が弱くなる

というトラップがあります。

飛んできたボールを打ち返すだけなら楽です。

考えなくていいので。

達成感があります。

仕事をしている気にもなります。

普段の仕事はそれでもいいかもしれません。

ただ、人生にとって大事なことを考える時間も必要です。

そうでないと、あなたにとって大切なことがわからなくなります。

あなたが「これは大事だ」と思って実行することよりも、「我々のこれが大事だから、あなたがやってよね」という波が押し寄せることになるんですね。

それをこなせば、達成感を味わうことはできるかもしれません。

ただ、充実感を味わうことはできないんですね。

なぜなら、充実感は、

「自分にとって大切なものを大切にできたとき」

に味わえる感情だからです。

充実感や豊かさを感じる人生、つまりクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)が高い人生を送るためには、

「自分にとって大切なものを知らなければならない」

わけです。

そのためには、ほかの人のリクエストに応えてばかりではいけません。

検討したり、ときには断ったり、やめる決断もすること。

そうして、依頼やリクエストを削ぎ落とすことで、

「自分にとって大切なもの」が浮かび上がる

というわけです。

まるで、大きな石の余分な部分を削ぎ落として、彫刻を彫るように。

 

■スポンサーリンク




「沈黙、孤独、静けさ」を確保する方法とは?

では、あなたにとって大切なことを知るためには、何が必要なのでしょうか。

それが、

「沈黙、孤独、静けさ」

です。

たくさんの「やるべきこと」に追われているときは、大切なことは見えません。

そう、

「発言、群衆、賑やか」

なときは、大切なことに気づくモードになりにくいんですね。

騒がしくて、ぎゅうぎゅうの満員電車で、スマホでゲームをやっているときに「そうか!これが私の人生にとって大切なことだ!」とはなりませんよね(笑)。

そういったときは、意識が

・浅い

・分散

・中断

が起きているからです。

ですから、大切なものを見つめたいときには、意図的に

「沈黙、孤独、静けさ」

がそろった時間をとることが必要なのです。

すると、

・深さ

・集中

・持続

が生まれます。

深海の底にいるかのような感覚で。

すると、大切なことに気づいたり、アイデアを思いついたり、未来が見えてきたりするわけです。

こうした集中時間は「気づいたら、集中時間が向こうからやってきてました」ということはありません。

待っているのではいけないんですね。

集中する時間は、自分からつくらねばなりません。

そのために大事になってくるのが、

「沈黙、孤独、静けさ」

なんですね。

集中するためには、集中する環境をつくりましょう。

たとえば、お気に入りの静かなカフェを見つけておく。

もしくは、ひとりで自然の中をウォーキングするのもいいですね。

そうして、日々の中に

「沈黙、孤独、静けさ」

を確保する習慣をとってみましょう。

あなたの心の解像度が高くなるはずです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、『習慣化オンラインサロン』で「習慣化の基礎講座」を初開催。

いろいろと改善点がありましたが、ご参加の方々にはうれしい感想をいただけました。

さっそく週末に新しい行動を実践してくださるとのことで、楽しみです。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-思考の習慣, 気づきの習慣

執筆者:

関連記事

いつだって成長は「カオス」になることから始まる

「やりたいことや好きなことがわからない」という悩みの中にいるときは混沌を感じて苦しいもの。 しかし、成長やブレイクスルーを起こすときは「混沌=カオス」こそ必要な「宝」だと考えています。   …

反省・後悔・罪悪感の「ブレーキの3つの感情」を行動変容のサインにする

行動してもうまくいかないとき、「反省」「後悔」「罪悪感」といった感情がやってくるものです。 一見マイナスのそのような感情も、「サイン」ととらえてみると行動を変えるきっかけになる「味方の感情」にすること …

「嫌われたくない」と思いすぎてしまう人へ。妥協が増えて優柔不断になっていませんか?

「嫌われたくない」という感情は、私たち誰もが持っている自然な感情です。 ただ、それを重視しすぎてしまうと、何も選べなくなってしまいます。 「自分で選ぶ」という選択を意識的にトレーニングしてきましょう。 …

「時間をうまく使う」という言葉の本質的な意味に気づいた話

あなたにとって「時間をうまく使う」とは、どのような意味でしょうか。 私にとって「時間をうまく使う」という言葉の意味に気づいたことがあり、記事にしてみました。   「時間をうまく使う」の意味と …

身の回りの環境を整え、「心の澱(おり)」を取り去る習慣

■「環境整備」で小さな心の負担を取り除く 昨日整理した本棚周りのそうじが完了しました! 「未読本50冊以下になるまで新刊を買わない」と決めたのですが、本日友人からわたしに「おススメです!」という連絡を …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。