気づきの習慣

セミナー講師とジャズシンガーの意外な共通点とは?

投稿日:2014/08/29


「自分の名前」で世に打って出る———

物心ついたときから組織に属しているぼくたちにとってはとても勇気のいる行動ですよね!

 

【告知:早起きセミナー開催いたします。下記のURLよりお申し込み受付中です!】

————————————————————

■【残席2名!】第8回「『早起きの技術』セミナー」
8月31日(日)14:15〜16:15(注意:時間を15分だけ変更いたしました)
http://kokucheese.com/event/index/203731/

————————————————————

 

夢を追うために時間を有効活用する

習慣化コンサルティングさんのセミナーでぼくと同じパスポートメンバーのEさんがいらっしゃいます。

Eさんの仕事は小学校の教師です。

しかし、もうひとつの顔(笑)は、ジャズシンガー。

休日に歌のレッスンに行かれたり、仕事の後にバンドメンバーとセッションを繰り返しているそうです。

しかも結婚されています。

仕事をこなしながら、家事もきっちりこなし、自分の好きなことで夢を追う。

かなり時間の使い方が上手なのでしょうね。

ぼくも学ばなければ・・・(汗)

 

ソロライブの夢

先週末の「失敗を活かす習慣」セミナーで、

「失敗が怖くて一歩を踏み出せないこと」

という課題をワークで発表していたときの話です。

Eさんは、習慣化コンサルタントの古川武士さんに、

「ソロライブをやってみたい」

という課題を公開していました。

でも、ソロライブをしようとすると、

▼見に来てくれる人がいるか?

▼メンバーはどうするか?

▼会場はどうするか?

▼何の曲を歌うか?

▼そもそも自分の実力でソロライブなんてやっても良いのか?

▼金額はいくらにするか?

などなど、、、

考え始めればキリがないそうです。

不安だし、怖いし、失敗したら恥ずかしいし。。。

初めて大きなことをやるときは、誰でもこのような状況に追い込まれますよね。(^_^;)

 

N912_atamawokakimushiru500

 

MYコンテンツで社会に貢献する

そのような話を聞いていて、ぼくはEさんの気持が分かるような気がしたのですが、うまく言語化できませんでした。

毎日ブログを書いているのに。。。(汗)

そのあとです。

思わず、

「そうそう!それです!それ!」

と思った表現があったのです。

それは古川さんの言葉でした。

古川さんは、

「僕もそうでしたけれど、1人で何かをやるときは非常に緊張します。」

「とくに会社や組織でなく、自分の名前でお金をいただくというのは大きなプレッシャーになりますよね。」

と話されていました。

そして、古川さんとEさんが、

「良習慣さんが1人でセミナーを開催するのと、Eさんがソロライブを開催する気持や恐怖感は似ているんですよ。」

という話になりました。

ここでぼくに大きな気づき。

そうなのです。

▼Eさんがソロライブを開催する

ことも、

▼ぼくがセミナーを開催する

ことも、同じことです。

つまり、

【自分の名前だけで世に打って出る】

という意味で共通しているのです。

だから、ぼくはEさんの不安が分かったのですね。

ぼくは、まさかソロライブとセミナーに共通項があるなんて考えたことがなかったのです。

確かに、セミナーも、ソロライブのようなものなのですよね。

 

組織を飛び出して、自分のコンテンツで社会に貢献する。

簡単なことではありません。

勇気も必要です。

最初は失敗するかもしれません。

でも、ためしてみる価値はあります。

自分のアウトプットが世に受け入れられることは、非常に大きな自信になりますよ!

 

あなたはどのようなコンテンツで世に打って出たいのでしょうか?

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の気づき】
セミナーも、ソロライブも、ひとりで自分のコンテンツを提供するという意味で共通している

 

お問い合わせ・ご感想・激励(笑)は下記まで!( ↓ )
ryoushuukan@gmail.com

 

(ここから有料メルマガのご紹介です)
————————————————————

「早起き」メルマガ(有料)連載中です!

登録はこちらから!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

————————————————————
(有料メルマガのご紹介はここまでです。)

 

 


-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

習慣形成に「会心の一撃」を求めると挫折しやすい理由

私たちは、かけた労力の分だけリターンが欲しくなる生き物です。 ただ、習慣形成では、その考え方をやめたほうが効果を得やすいです。   ふり返りの習慣による「会心の一撃」のアイデア 昨日は、朝7 …

「人を傷つけたくない。自分も傷つきたくない。」という生き方は難しい。覚悟を決めるしかない。

人を傷つけずに生きることは難しく、自分が傷つかずにいることも難しいです。 しかし、とらえ方、考え方を変えれば、必要以上に苦しまなくなると思います。   人は傷つかずに生きているのか? 少し時 …

目標達成で大切なことは、すべて弁当づくりでのプロセスで学んだ。

先日おこなった人生初の弁当づくりのプロセス。 それは、目標達成のプロセスと同じでした。

「あの目標を達成すれば自分は変われる!」という考えにぼくが賛成できない理由

  「あの目標をクリアすれば、自分は強くなれる!」 かつてのぼくは、そんな風に考えていました。 でも、いまは少し違った考え方をしています。 結論から言うと、 「目標に向かうプロセスの中でこそ …

脳にあえて不安定を与える。「いつもと異なる行動」の刺激が停滞感を脱するコツ。

停滞感や倦怠期を抜け出すためには、単純かもしれませんが「いつもと異なる行動」をとることをおすすめしています。 小さな変化であっても、脳には刺激があるからです。   スポンサーリンク &nbs …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。