【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

時間の習慣 気づきの習慣 良習慣の習慣

「朝はやりたいことで目覚めて、夜は充実感に満たされて眠る」という生き方を目指す

投稿日:

Pocket

「悪習慣を手放す」というのは、生活の質を高めるために重要なことです。

その一方で、そもそも悪習慣を介入させない方法を考えてみるのはいかがでしょうか。




 

「悪習慣をやめる必要はない」という仮説

「悪習慣をやめることを考える必要はないかもしれない」

最近、私にやってきた仮説です。

そう思ったのはなぜなのか。

考えてみました。

ウィークリーレビューをおこない、ウィークリープランニングを設計していたときに、ふと気づいたのです。

私のスケジュールを見てみたら「やりたいことにあふれていて、よけいなこと(悪習慣)をしている時間のすきまがない」ということに。

ウィークリープランニングで理想の1週間を考えていくと、たとえばヤフーニュースを見る時間はありません。

同時にSNSで誰かにネガティブコメントを送る時間もなければ、スマホゲームをやる時間もなかったのです。

つまり、私が考える「これをやろう」という理想の1週間には、良習慣ばかりが詰まっていたのです(あくまでも理想の話です)。

ということは、考える必要があるのは「いかにして良習慣を実行するか」ということだけ。

ですから、良習慣にとり組むことを本気で考えたら、「悪習慣をやめることを考える必要はないかもしれない」という仮説がやってきたのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





今のあなたにとっての理想の時間のすごし方を考える

「私はどんな1日をすごしたいのだろうか?」

「私にとって理想の1週間とは何を完了させることなのだろうか?」

私は、そのような問いを考える日々です。

すると切り離せないのは「時間」。

つまるところ人生は、その時間が何度も何度も積み重なっていくことでもあります。

たとえば1日は24時間であり、1週間は168時間ですよね。

その中で大事なのは、「1日に何を大量にやったのか?」ではありません。

それではただの「タスク処理マシーン」の人生になってしまいます。

1日に100個のタスクを実行できたとしても、そのタスクが人生を充実させる本質的なタスクじゃなかったら意味がありません。

それよりも、あなたの人生にとって本当に重要なたったひとつのタスクを実行すること。

そのほうが充実度が高まり、幸福につながるはずです。

では、本当に重要なタスクはどうすれば見つかるのか?

それは、あなたがご自身の日々のすごし方をふり返り、自分の感情と向き合うことでしか発見できません。

誰かに「あなたの答えはこれです」と言ってもらうわけにはいかないのです。

ですから、今のあなたにとっての「理想の24時間」や「目指したい168時間」を考えていただくこと。

その重要性を何度も訴えたいのです。

追求する人は、5年後のあなたでもなく、10年後のあなたでもありません。

「今のあなた」が「こんな24時間をつくりたい」「1週間をこんな風にデザインしたい」と考えているイメージを書き出すことが重要なのです。

そこには、悪習慣は入らないでしょう。

 


■スポンサーリンク




「朝はやりたいことで目覚めて、夜は充実感に満たされて眠る」という生き方

1日や1週間の中に多くの良習慣を取り入れている人。

その人は今いる場所が少しくらい底辺の位置だったとしても、時間の経過とともに必ず浮かび上がってきます。

そして、逓増(ていぞう)する人生を送っていくのです。

一方、1日や1週間の中に悪習慣の時間が多くを占める人は、徐々にパワーダウンしていきます。

何かしらのイベントが発生して、少し浮かび上がることがあるかもしれません。

でも、時間がたてばおそらく元に戻ってしまうでしょう。

いや、もとにいた位置よりも低減してしまうかもしれません。

この両者の差は「良習慣の量」ではないかと考えています。

「悪貨は良貨を駆逐する」と言いますが、習慣の場合は「良習慣が悪習慣を駆逐する」と言えます。

シンプルに言えば、卓越している人は「良習慣を味方につけた人」です。

逆に、うまくいかない人は悪習慣がその人の足をひっぱってしまっているのです。

では、「良習慣を味方につけた人」とはどのようなことなのでしょうか。

それは良習慣にとり組み「未来がやってくるのが楽しみだな。3年後や5年後、すごい未来が待ってるはずだから」と思える人です。

良習慣に満たされた1日や1週間というのは、必ずその中に「第2領域=緊急ではないけれど重要な活動」が入っています。

それは、家族とすごすことかもしれませんし、早起きして自分ひとりの時間を持つことかもしれませんし、スキルを磨くための学びの時間をとることかもしれません。

そういった時間をすごしていれば、未来が楽しみになるでしょう。

ですから、その人が活動をすればするほど、そして時間がたてばたつほど、その人の人生にはより良い未来が待っているのです。

ですから、未来に期待を持てるのですね。

誤解のないようにお伝えすると、あなたの生活を良習慣で満たすということは「たくさんの習慣をこなすこと」ではありません。

良習慣に満たされた日常とは「良習慣を積み重ねているから、未来が楽しみだ」と思える日常です。

私が考えているフレーズで言うと

「朝はやりたいことで目覚めて、夜は充実感に満たされて眠る」

という生き方です。

つまり「良習慣を味方につけている」とは、「朝はやりたいことで目覚めて、夜は充実感に満たされて眠る」という1日を、できるだけ多く積み重ねることなのです。

そうすれば、悪習慣が入り込む余地がなくなっていくと思うのです。

さて、あなたの1日や1週間には、どれくらい良習慣が詰まっているでしょうか。

最近「朝はやりたいことで目覚めて、夜は充実感に満たされて眠る」という1日をすごせていない方は、ぜひ日常の習慣を見直してみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時からコーチングセッション。

プロコーチであるクライアントさんのコーチングを受けて、フィードバックさせていただきました。

安心感を感じるコーチングで、とても気持ちよく話せました。

何よりもセッションを通して新しいプロジェクトの内容がかたまったので、さっそく動いていきます。

その次は8時から引き続きコーチングセッション。

そのクライアントさんとは初めてのコーチングセッションだったのですが、セッション後に「今までずっと感じていたコンプレックスが開放されました」とのコメント。

その後さっそく動き出していただき、お役に立てたうれしさを味わえました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-時間の習慣, 気づきの習慣, 良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

10年通い続けた歯科医院を変える理由は、変化を起こすパワーを忘れないため。

10年単位で変えていないものはありますか? 長期視点でみると、決まりきったルーティンに変化を起こすことも必要です。   スポンサーリンク   目次1 10年以上通い続けた歯科医院を …

スタンス、思考、環境。「熱」を持つ人たちに共通する3つのポイント。

「ビリでもいいからF1レースを走りなさい」というのは、私が好んで使う言葉です。 トライアスロンのチームメンバーから「熱」をもらい、あらためてその言葉を噛みしめています。   スポンサーリンク …

ふり返りの習慣は「過去を確認する」ためではなく、「未来を変える」ためにあるもの。

「そんなことやっても、あまり意味がないのでは?」 私は「ふり返りの習慣」について、そのような想いを抱いていました。 しかし、今はまったく違ったとらえ方をしています。   スポンサーリンク & …

夜ルーティン(夜の習慣)をつくるコツ。3つのステップでターゲットをしぼる。

「帰宅後の習慣化が難しいんです」というお悩みがあります。 たしかに朝ルーティンよりも強敵なんですよね。 そのようなときは、3つのステップで「夜ルーティン」づくりにトライしてみましょう。   …

集中力を高める方法。4ステップであなたの「集中力マップ」をつくろう。

生産性を高め、成果をあげるためには「集中力」が必要です。 その「集中力」を、もっと意図的に高める工夫について記事にしてみました。   目次1 集中力とパフォーマンスアップに関係する「場所」2 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。